Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【おすすめYoutube】公式「さまぁ〜ずチャンネル」の感想。【とても参考になったこと】

 こんにちは、あとかです♪

Amazonプライムビデオに加入した大きな動機の一つに、「内村さまぁ〜ず」と言う番組があります。

かつてテレビ朝日系列で放送されていた「内村プロデュース」からのファンで、特にさまぁ〜ずは、ほとんど全ての番組を観ています。

そんなさまぁ〜ずが、他の芸能人と同様、Youtubeで公式チャンネルの配信を始めました。

 

今回は、おすすめYoutube公式チャンネル「さまぁ〜ずチャンネル」の感想についてご紹介します。

 

 

【おすすめYoutube】公式「さまぁ〜ずチャンネル」の感想。 

画像引用元:https://www.horipro.co.jp/summers/

「さまぁ〜ず」とは

さまぁ〜ずチャンネル

画像引用元: https://www.horipro.co.jp/summers/

ご存知と思いますが、2人組の芸人さんです。

コントを得意とした芸ですが、現状はMCとして多くの人気のバラエティ番組に出演しています。

元々は「バカルディ」と言うコンビ名でしたが、ウッチャンナンチャンの「気分は上々」と言う番組で海砂利水魚(現 くりぃむしちゅー)との対決企画で敗れ、期間限定で改名されたのが「さまぁ〜ず」でした。

単純に2人が好きだった季節が「夏」だったため、「サマーズ」が候補に上がりました。

その上、罰ゲームだったということもあり、ちょっと間抜けで恥ずかしい「〜」を入れられ、「さまぁ〜ず」となりました。

結果、紆余曲折ありつつ、そのまま定着してしまいました。

 

改名後の再ブレイク時には、深夜枠のバラエティに数多く出演し、「深夜の帝王」と呼ばれるほどでした。

特に、「神さまぁ〜ず」→「さまぁ〜ず式」→「ホリさまぁ〜ず」→「マルさまぁ〜ず」と名前を変えながら続いた深夜番組はとても面白く、大好きでした。

 

高校時代からの友人同士のコンビで、仲が良いこともよく知られています。

ダウンタウンの活躍以降、「相方の電話番号すら知らない」、「移動も、プライベートも別々」など、普段コミュニケーションを取らないのに、「いざ舞台に立つと爆笑をかっさらう」ということに憧れる芸人が増えたそうです。

そのため、当時は元々は仲が良いコンビも、ダウンタウンの様に、表向きは不仲っぽいことを話す芸人さんが多かった様に思います。

さまぁ〜ずは、以前から、新幹線や飛行機などの長時間の移動も隣の席だったり、楽屋も同じでも苦にならないと番組でも公言しています。

「隣に知らないおじさんが座るよりは、知っているおじさん(相方)が来る方がまし」と言う理由を話していますが、それも照れ隠しかも知れません。

最近は、また逆に、第7世代と呼ばれる様な若手芸人さんでは、仲の良さを周知されている芸人さんも増えてきた様に感じます。

三村マサカズ

1967年生まれ。本名は「勝和」。(写真右)

ツッコミ担当で、「〜かよ!」というフレーズで人気になりました。

ただ、番組によっては「大ボケ」となり、逆にツッコまれます。

「下ネタ大好きおじさん」「玉職人」という異名も持っています。

さらに、「内村さまぁ〜ず」の人間ドック企画では、「病気のデパート」と称され、殿堂入りする程の数値を叩き出しています。

そのため、時折、禁煙宣言していますが、その度に断念しています。

大竹一樹

1967年生まれ。(写真左)

担当は「ボケ」であるものの、フリートークではツッコミ役に回ることもあります。

コーヒーショップやコンビニエンスストアで、偶然不運な目にあったり、店員さんに細かいことを指摘することも多く、フリートークではクレームネタとして数多く話されています。

「内村さまぁ〜ず」の人間ドック企画では、採血する看護師さんにプレッシャーを与え、幾度もやり直す羽目になります。

奥さんは元フジテレビアナウンサーの中村仁美さんです。

恐妻ネタは、以前のクレームネタよりも最近のフリートークでの鉄板となっています。

 

「さまぁ〜ずチャンネル」の感想

多くの芸能人、芸人さんが公式Youtubeチャンネルを開設する中、2020年8月14日から「さまぁ〜ずチャンネル」の配信が開始されました。

毎週、金曜、土曜の19時頃に配信されています。

 


さまぁ〜ずがYouTubeチャンネル開設をお知らせしまーす!

 

「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」等、比較的「ゆるい」と言われるさまぁ〜ずの番組ですが、それ以上にゆるい番組です。

現在(9月20日)、19.6万人のチャンネル登録者数です。

2人の公式チャンネルですが、これまで既に、フットボールアワーの2人や、ふかわりょうさんなどのゲストも登場しています。

毎回、未体験のことに挑戦したり、ゲーム対決をしたりしていますが、テイストは以前BeeTV等で放送されていた「トゥルルさまぁ〜ず」に近い様に感じます。

また、さまぁ〜ずが再ブレイクを始めた当初の深夜枠のバラエティ番組も彷彿とさせています。

実際に、さまぁ〜ずの二人に打ち合わせ場所に突撃されたフットボールアワーの後藤さんが、「『マルさまぁ〜ず』復活したんか??」と叫んでいます。

 

毎日配信でなく、週2回のせいか、毎回15〜20分弱が配信されていて、満足度は高く感じます。

「暇つぶし」、「ながら観」にも最適だと思います。

「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」の放送終了が発表された今となっては、今後、このYoutube配信が楽しみです。

 

画像引用元:Youtube公式チャンネル

 

ブロガーとして参考になった回

 

最近の配信では、ふかわりょうさんが出演した回が、興味深い内容で、特にブロガーさんにオススメです。

2020年9月18日配信の「【問題作】突然ふかわがやってきた!〜余熱が冷めるまで〜」です。

 

相変わらずふかわさんはお笑いとしては空回りしますが、プレゼンした内容はブロガーとしては、とても参考になりました。

 


【問題作】突然ふかわがやってきた!〜余熱が冷めるまで〜

 

ふかわさんが「おはぎを、沢山売るために和菓子屋の店主がしたことは?」と言うクイズを出します。

完全なネタバレはしませんが、「おはぎが美味しいですよ!」とあまりに売り込みすぎてはいけないと言うのが答えでした。

 

つまり、「私、学生時代足早かったんですよ!」と言われるより、 

「勉強も何もできなかったんですが、私、足だけは早かったんです。」と言われた方が興味が湧きます。

つまり、できなかったこと、物足りないことを見せて、それ以上にできることがあると言うことで浮き立たせられます。

 

また、相手に物を勧める際に、「あなたにピッタリですよ!」と言われるより、

「このままなら、貴方は今後もきっと使わないと思いますよ」と勧められた方が、(試しに一度使ってみようかな)と感じると思います。

相手が考える「自分にピッタリのもの」は何となくズレていることもありますし、自分から選ぶことはない物でも、人から勧められると素直に関心を持てたりします。

 

全然、笑いの部分はありませんが、とても感心しました。

営業などの、実際の仕事でも使えますし、ブロガーとしても書き方の参考になりました。

まとめ

今回は 、【おすすめYoutube】公式「さまぁ〜ずチャンネル」の感想について、ご紹介しました。

 

「さまぁ〜ず×さまぁ〜ず」が終わってしまうのは寂しいのですが、新たな毎週の楽しみができました。

コロナ禍により、様々なイベントや番組収録が不可能になったせいか、芸能人や芸人さんがこぞってYoutubeを始めました。

とんねるずの石橋貴明さんやナイツの塙さん等の大物の配信も増えてきて、TVとの垣根がずいぶん無くなってきた気がします。

面白ければ何でも良いと思いますので、今後どんどん出てきてくれたら楽しいですね。

 

最後に、ふかわさんのプレゼンを実際に活用してみます。

自分のブログの記事を宣伝してみますが、効果はあるのでしょうか?

 

今月、投稿した記事は、私にとっては、実はイマイチなんです。

でも、これら記事は、検索流入が多くて、自信作ですよ!

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

 

海外ドラマは長いものが多くて、なかなか観られないと思います。

でも、この機会に記事だけでも読んでみると、この先の人生で、新たな趣味にはなるかも知れませんよ!

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。