Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【オススメ海外ドラマ】「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」の奇妙な魅力【Amazonオリジナル】

こんにちは、あとかです♪

今回はご紹介するのは、海外ドラマ「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」です。

タイトルの通り、スーパーヒーローが登場するドラマです。

日本ではヒーローものと言えば、主に子供向けに製作されます。

海外では映画の「スーパーマン」や「バットマン」「アベンジャーズ」シリーズなどは、どちらかと言えば大人向けです。

海外ドラマでも同様にヒーローものが数多く製作されています。

最近では、ひと捻り、ふた捻り加えている作品が多く、ただの勧善懲悪のストーリーではありません。

この「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」も、かなり奇妙ですが、とても魅力のあるドラマです。

今回は、Amazonプライムビデオのオリジナル海外ドラマ「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」の感想と、その奇妙な魅力についてご紹介します。

核心的なネタバレはありませんが、一部ストーリーに触れていますのでご注意ください。

 

f:id:c089818:20200711000649p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

【オススメ海外ドラマ】「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」の感想【Amazonオリジナル】

「The Tick/ティック」とは

Amazonプライムビデオのオリジナル作品です。

2017年から、シーズン1、2が順次配信され、既に完結しています。

1話あたり30分程度で、全22話です。

全部観ても、10時間程度です。

スーパーヒーローもののコメディで、奇妙な魅力のあるドラマです。

 

Amazonプライムオリジナルで、同じヒーローものでは、「THE BOYS/ザ・ボーイズ」があります。

そちらは、本作とはかなり趣が違い、とてもアクの強いブラックコメディです。

 「THE BOYS/ザ・ボーイズ」についてはこの記事にて↓

www.atoka.xyz

あらすじ 

スーパーヒーローが普通に存在している世界。

会計士アーサーは、ある陰謀論に取り憑かれています。

それは、数十年前に死んだと思われている世界的な大悪党であるテラーが実は生きていて、今でも裏で世界中の犯罪を操っているという疑いでした。

子供の頃に、テラーのせいで父を失ったアーサーは、心に問題を抱えながらも、街の犯罪を追い、その裏で糸を引いている巨悪の存在を探るのです。

ある夜、アーサーは全身青色のスーツを着た、奇妙なスーパーヒーローと出会います。

彼の名は「ティック」と言い、超人的な体の強さと圧倒的な力を持っていました。

ただ、彼の頭脳面はイマイチで、奇人とも言えるほどです。

アーサーは、作戦面で彼から頼りにされ、やがて2人はタッグを組むことになります。

果たして、アーサーは宿敵テラーを探し出し、父の仇を取ることはできるのでしょうか? 

登場人物

アーサー・エベレスト

f:id:c089818:20200711110408p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

子供時代のトラウマを抱えたまま、大人になった会計士。

父を巻き添えにしたテラーを探すことに、執念を燃やしています。

心を病みながらも、強い信念を持ち、平和を愛しています。

ティック

f:id:c089818:20200711110643p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

主人公の前に突然現れた、謎のスーパーヒーローです。

強すぎる正義感と馬鹿正直、空気が全く読めない上、記憶をなくしています。

そして、やけにアーサーに懐いています。

ドット・エベレスト

f:id:c089818:20200711111201p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

アーサーの姉で救急の研修医。

父を亡くしてからは、親代わりとしてアーサーの面倒を見てきました。

アーサーがテラーに執着したり、危険に近づくのをとても警戒し、心配しています。

オーバー・キル

f:id:c089818:20200711111617p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

彼は、過去にテラーに殺害されたスーパーヒーローチームの見習いでした。

その恨みにより、テラーを探し、倒す機会を求めて生き抜いています。

同じ目的のため、やがてアーサー・ティックのコンビとも共闘していくことになります。

テラー

Jackie Earle Haley and Kyle Catlett in The Tick (2017)

画像引用元:https://www.imdb.com/title/tt5540054/mediaviewer/rm2791967488?ft0=name&fv0=nm0355097&ft1=image_type&fv1=still_frame

世界的な大悪党で、かつて最強だったスーパーヒーローチームを倒し、幼いアーサーに強いトラウマを植え付けました。

目の前で目撃していたアーサーに余裕で声をかけ、気まぐれに何もせずに去っていきます。

その後、スーパーヒーローの反抗により、死んだものと考えられていますが?

「The Tick/ティック」の奇妙な魅力

奇妙な魅力①
コスチュームがダサすぎる!!

f:id:c089818:20200711011721p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ
ご覧の通り真っ青です。

その上、やけに生々しいボディのシワと、素顔を隠す気があるのか微妙なマスク、触覚は動きます。

どうやら、「ダニ」がモチーフらしいです。

「何故、ダニ?」とは思いますが、仮面ライダーはバッタがモチーフですし、スパイダーマンも言わずもがなです。

ただし、この世界では特にダサいとは言われず、それなりに受け入れられています。

たまに、「青い変なやつ」とは呼ばれていますが。。。

 そして、主人公のアーサーも、ティックが手に入れたヒーローコスチュームを着ることになります。

 そのグレーの格好もかなりダサく、完全に「おかしな子」です。

このスーツは「蛾(が)」を模しています。

また、ヒーローとしての名前を、思わず本名を名乗ってしまい、余計に生きづらくなります。

 

奇妙な魅力②
ティックは何者なのか?

f:id:c089818:20200711005744p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

当初、ティックの姿は悪人とアーサーにしか見えておらず、他の人間に見えていない様に映ります。

アーサー自身が精神に病を抱えているため、本人すらティックの存在は「妄想」と思ってしまいます。

実際には、他の人にも見えていて、事実、悪党を懲らしめています。

ただ、圧倒的に無邪気で、嘘をつけず、100%の正義感と善意のティックは、頭脳という点でアーサーをとても頼りにします。

 

実はティックは、アーサーと出会う以前のことをすっかり忘れています。

彼は、自分が「ティック」という名前のスーパーヒーローで、「アーサーのそばにいないといけない」、ということだけしか覚えていないのです。

つまり本人にすら、自分がどこから来て、何者なのかわかっていないのです。

とは言え、不安そうな素振りは全くなく、天真爛漫に常にポジティブなヒーローです。

イメージ的には、お笑い芸人のティモンディの高岸さんに似ています。

名探偵コナンとは真逆で、常に「見た目は大人、中身は子供」という振る舞いなのです。

奇妙な魅力③
意外と?まともなストーリー

 これだけの奇妙なことがあるコメディながらも、ストーリーはかなりしっかりしています。

主人公のアーサーが子供の頃、大悪党のテラーが、当時の有名なスーパーヒーローを倒した際、父親が巻き込まれて亡くなります。

そのせいで、アーサーは心に深い傷を受け、大人になっても立ち直れずにいます。

15年前に、そのテラーの死亡が認められます。

ただし、その遺体は見つからず、歯の一部が残っていたことから判断されています。

そのため、アーサーは、実はテラーは生きていて、街で起こる凶悪犯罪全てを裏で糸を引いていると思い込み、調査を続けているのです。

そんな彼が出会った謎のスーパーヒーローが「ティック」です。

ティックと行動を共にする中で、アーサーにも専用のヒーロースーツが手に入ります。

彼は、嫌々ながらもそのスーツを身につけ、悪との戦いに巻き込まれていくことになります。

1話30分なので、とてもテンポが良く、ストーリーは毎回大きく進行します。

色々な箇所に、謎と伏線が張られていて、一度、観始めると続きが気になるドラマです。

「The Tick/ティック」全体と通した感想。

 ネタバレにならないために、主にシーズン1のことを紹介していますが、シーズン2では、更にスケールが大きくなっています。

登場するスーパーヒーローたちの人数や、善も悪も組織が大規模になっています。

 「ご近所ヒーロー話」だったものが、言わば、宇宙規模のアドベンチャーとなります。

正直なところ、恐らく打ち切りだと思います。

実際に、シーズン3につなげようと思えばできないこともないのですが、ちょうど良いところで終わっています。

何事も腹8分目が良いと思います。 

全く本編には関係ないのですが、いきなり、ウーピー・ゴールドバーグがゲスト出演していて度肝を抜きます。

 

まとめ

今回は、Amazonプライムビデオのオリジナル海外ドラマ「The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~」の感想と、その奇妙な魅力についてご紹介しました。

「The Tick/ティック」の奇妙な魅力

 ①コスチュームがダサすぎる!!
 ②ティックは何者なのか?
 ③意外と?まともなストーリー

 Amazonプライムビデオのオリジナルドラマは、攻めているものが多いせいか、残酷だったり、色気がありすぎたりします。

そういった作品は子供との視聴は難しいと思いますが、本作は大丈夫です。

馬鹿馬鹿しいコメディパートも充実しています。

 

1話あたり30分程度で、シーズン2で終了していますので、とても気楽に観られます。

ご興味を持たれた方は是非一度ご視聴ください。

Amazonプライム会員の方は無料で視聴いただけます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回。

 

その他のAmazonプライムオリジナル作品のご紹介です↓

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz