Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【花とゆめ】男子でも、昔読んでいた思い出の少女漫画5選

こんにちは、あとかです♪

私はもうおじさんですが、昔、高校生くらいの頃に、少女漫画よく読んでいました。

当時、文化系の部活に所属していて、漫画研究部や文芸部の女子から勧められたり、既に男子にも人気があった漫画もありました。

中でも、「花とゆめ」という雑誌に掲載されていた漫画は、比較的男子でも読みやすかったように思います。

 

今回は、昭和生まれのおじさんが、男子でも昔読んでいた少女漫画。思い出の5作品についてご紹介します。

昔、男子だった方も、女子だった方も、一緒に懐かしんでいただけたら嬉しいです。 

 

f:id:c089818:20200718230213p:plain

「花とゆめ」とは

白泉社発行の少女漫画雑誌で、1974年に創刊され、今現在も、月2回(5日、20日)発行されています。

様々な雑誌が、デジタル媒体に押されて、廃刊に追い込まれる中、根強い人気と言えるのではないでしょうか。

あくまでも私の感覚では、昔の男子がイメージしていた「ザ・少女漫画」の「瞳キラキラ、恋愛話」(偏見です)だけでなく、SFやギャグなど、かなり読みやすかった印象です。

メディアミックスでのヒット作も多く、私の読んでいた90年代は発行部数は公称45万部だったそうです。

近年の発表では10万部程度まで落ち込んでいるようですが。。。

広告収入の問題があるので、公称発行部数は当てにならないと思いますが、それなりに売れていたと思います。

連載されていた有名な作品としては「ガラスの仮面」「パタリロ!」「スケバン刑事」などがあります。

www.hanayume.com

【花とゆめ】男子でも、昔読んでいた思い出の少女漫画5選

パタリロ!

f:id:c089818:20200718212503p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

近年、「翔んで埼玉」で再ブレイクした魔夜峰央の代表作です。

常春の島国マリネラの国王パタリロとその部下のタマネギ部隊、MI6のバンコラン、その恋人のマライヒ等、数多くの登場人物が登場する超長期連載漫画です。

1978年に第1話が発表され、現在は別冊「花とゆめ」に掲載紙を移して、いまだ連載中です。

ギャグを中心とした、基本は1話完結のストーリーですが、推理ミステリー、SF、オカルト、スパイアクション、落語等、様々な展開で飽きさせませんでした。

私は、特に推理ミステリーものの回は好きでした。

「パタリロ!」自体は、原作を読む前に、子供時代に放送されていたテレビアニメで知っていたと思います。

「クックロビン音頭」を、脳内のメロディ付きで読んでいましたので。

POINT

スピンオフで、「家政婦パタリロ!」「ビストロ温泉パタリロ!」などもあります。 

僕の地球を守って

f:id:c089818:20200718213914p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

完全に、SF作品として読んでいました。

日渡早紀により、1986年から連載され、完結しています。

その後いくつかの続編が作られていることから、その人気もわかります。

私が読んでいた当時は、ちょうど連載中の物語は終盤の最佳境に入っていました。

前世で深い関係のあった7人が、現世で出会い、少しずつ過去を思い出していきます。

それぞれの現世での解決と、前世との決別について、幾重にも伏線を張られた重厚な物語で語られています。

戦災孤児として、子供ながらにとても辛い人生を送っていた主人公が、ほんの短い期間だけ一緒に過ごし、自分に初めて「優しさ」を教えてくれた人物がいました。

その人物が主人公にかけた言葉を、私自身が大人になった今、自分の子供たちに向けて、心の中で反芻しています。

「不幸になっちゃダメだぞ  絶対だ」

POINT

通称、「ぼくタマ(地球)」と呼ばれていました。

動物のお医者さん

画像引用元:https://manga-park.com/title/20125

空前のシベリアンハスキーブームの火付け役となった漫画です。

主人公のハムテル(本名「公輝」からのあだ名)が、北海道のH大の獣医学部で過ごす日々を描いています。

獣医学生のため、数々の動物が登場しますが、それぞれが喋ります。

もちろん人間は理解できていませんが、書き文字で犬や猫、馬などが喋っています。

主人公の飼っているの「チョビ」というシベリアンハスキー犬は、般若のようにコワイ顔なのに、女の子で、おっとりとした我慢強い性格で、とてもいじらしいのです。

逆に性格のきつい猫で、姉御肌の「ミケ」はなぜか関西弁で喋っています。

これはこれで可愛いです。

この作品を読むと、何だか犬や猫、その辺にいる雀や鳩まで、お互い喋っているように感じます。

作者の佐々木倫子は、後に男性誌に進出し、ドラマ化もされた「チャンネルはそのまま!」や「Heaven?」をヒットさせています。

綾辻行人原作のミステリー小説の漫画化作品「月館の殺人」も好きです。

POINT

テレビドラマは頑張っていましたが、何だか別物でした。

赤ちゃんと僕 

 画像引用元:https://manga-park.com/title/5768

タイトル通りのストーリーです。

小学生5年生の主人公拓也が、2歳の弟の実を、亡き母に代わり、献身的に面倒をみています。

拓也くんがとても偉い子で、自分自身の寂しさも押し殺しながら、一生懸命平気な顔をして、家事をこなしながら、弟を大事に育てます。

実も、お兄ちゃんが大好きです。

現在では完全に親目線で読んでしまうので、最終話近くの話がとてもズシンときます。

赤ちゃんの可愛さだけでなく、深刻なテーマも扱っていて、単純なほのぼのファミリー漫画とは言い切れません。

作者は羅川真里茂で、本作はテレビアニメ化もされています。

また羅川氏も、その後、少年漫画誌でも連載を持っています。(「ましろのおと」/月刊少年マガジン)

POINT

どんなにキツくても、赤ちゃんの笑顔に癒されるのは小学生でも一緒です。

 

ここはグリーンウッド  

画像引用元:https://manga-park.com/title/2675

「グリーンウッド」と呼ばれる名門高校・緑都学園の寮「緑林寮」が部隊です。

そこに集まった一癖も二癖もある学生たちの日常を、面白おかしく綴っています。

新たにグリーンウッドに入寮した主人公の蓮川一也と、寮長の池田 光流、生徒会長の手塚 忍のコンビや、見た目が女の子にしか見えない同室の如月 瞬等と、様々な事件やトラブルに見舞われながら、乗り越えていきます。

基本は、ドタバタコメディです。

POINT

テレビドラマ化されていたのは知りませんでした。

 

 

まとめ

今回は、男子でも昔読んでいた少女漫画「花とゆめ」掲載作品5選について、ご紹介しました。

男子でも読んでいた少女漫画「花とゆめ」掲載作品5選
 ①パタリロ!
 ②僕の地球を守って
 ③動物のお医者さん
 ④赤ちゃんと僕
 ⑤ここはグリーンウッド

あくまで、個人的な思い出話です。 

ここまでご紹介して気づきましたが、「花とゆめ」系は少女漫画雑誌なのに、比較的男子の主人公の作品が多い気がします。

 今回ご紹介した5作品とも、男子が主人公です。

そう言ったところも、男子が読みやすい要因だったのかもしれません。

男子同士の恋愛的なものは、少年漫画には、ほぼありえない設定ですが。。。

 

おじさんになった最近では、漫画自体、なかなか読まなくなりました。

昔からずっと連載が続いていたり、昔ハマっていたものは、今でも読んでいます。

「パタリロ!」が、いまだに続いているのは驚きでした。

 

男性の皆さんは、昔読んでいた「少女漫画」ってありますか?

逆に、女性の皆さんは、どんな「少年漫画」を読まれていたのでしょうか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。

 

 漫画関連の記事です↓

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz