Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【完璧な第1話】漫画「僕のヒーローアカデミア」を大人が読んでみた

こんにちは、あとかです♪

子供の頃は、「大人になると、漫画って読まなくなるのかな」と思っていました。

でも、そうでもありません。

流石に、週刊少年ジャンプやマガジンを毎週買ったりはしていませんが、スマホアプリ等で時間潰しに読んだりはしています。

 

先日、小学生の息子が観ていたアニメが面白かったので、原作を読んでみました。

それは、週刊少年ジャンプに現在も連載されている「僕のヒーローアカデミア」という漫画です。

単行本では既に26巻まで出ている人気漫画で、ご存知の方も多いと思います。

 

とても面白い作品で、我が家にあった単行本を、現在たて続けに読んでいます。

ただ、そのすごさは、第1話に、既に集約されていると思います。

暴言ではありますが、第1話がピークと言ってしまえるくらいです。

(2話目以降も、ちゃんと面白いです。)

 

今回は、漫画「僕のヒーローアカデミア」の「完璧な第1話」についてご紹介します。

本記事に、無料で第1〜3話が読める、公式サイトのURLを添付しています。

ご興味を持たれたら、是非お読みください。

 

 

f:id:c089818:20200413181028p:plain

引用元:https://shonenjumpplus.com/episode/10833519556325021790

【完璧な第1話】漫画「僕のヒーローアカデミア」を読んでみた

「僕のヒーローアカデミア」とは

「僕のヒーローアカデミア」は、堀越耕平さんにより、「週刊少年ジャンプ」で2014年から連載を開始しています。

現在も連載中で、既に200話を超えています。

単行本の第1巻発売時には即完売状態となり、発売翌月には発行部数30万部を突破したそうです。

第26巻発売時点でのシリーズ累計発行部数は、2600万部を突破しています。

当然ながら、TVアニメ化もされている、ジャンプの看板連載の一つです。

 

 TVアニメでは、米津玄師さんが主題歌(「ピースサイン」)を歌っていました。


『僕のヒーローアカデミア』×米津玄師「ピースサイン」スペシャルミュージックビデオ

 

STORY

ある時、生まれつき超常能力を持った子供が生まれ始めます。

その数はどんどん増え、世代を経て、ついに人類の8割が何らかの超常能力(「個性」)を持った社会となります。

一方で、「個性」の発現しない少数派は、「無個性」と呼ばれます。

そして、その世界には、「個性」を悪用するヴィランと呼ばれる「敵」に対し、逆に「個性」で立ち向かう「ヒーロー」達が当たり前に存在します。

そんなヒーローに幼い頃から強く憧れていた主人公、緑谷 出久(みどりや いずく:あだ名「デク」)は、残念ながら「無個性」だということが判明します。

それでも、デクはヒーローになることを諦めきれませんでした。

 

完璧な第1話

お時間のある方は、是非、お読みください。

公式サイトで、無料でお読みいただけます。

 

shonenjumpplus.com

 

なぜ「完璧」なのか。

ここからは、すでに第1話をお読みになったということで書きます。

ネタバレですので、気になる方は読み飛ばしてください。

①主人公が特別でない

ジャンプ漫画で多いのは、生まれつき強い遺伝子を持った主人公という設定です。

本作の主人公デクは、逆には「無個性」というハンデを持っています。

そのため、読者である子供達は超常能力を持っていない「自分と同じ」という設定の主人公に共感できるのだと思います。

自分と同じ境遇のデク君が、「ヒーローになっていく」姿を応援するのです。

 

f:id:c089818:20200413185634p:plain

引用元:https://shonenjumpplus.com/episode/10833519556325021790/embed#

 

②クライマックス見開きページ

自分のことを「無個性」と馬鹿にしていた、「個性」を持った強い同級生がヴィランに捕まってしまいます。

その同級生の顔をみた途端、主人公デクが、何も考えずに飛び出していくのが、このシーンです。

無音の演出と、2コマ目と3コマ目の細い枠線で「一瞬」を表現していると思います。

「思わず、駆け出した」ことがわかります。

前のページでグジグジ悩んでいた流れから、一気にこのシーンになります。

初めて読んだ時、ゾワッときました。

f:id:c089818:20200413185428p:plain

引用元:https://shonenjumpplus.com/episode/10833519556325021790/embed#

 

③伏線回収と2話目以降の引き

第1話のラストシーンで、憧れのオールマイトから言葉をかけられます。

それは、自分が無個性と判明したあの時に、お母さんから言って欲しかった言葉です。

個人的には、ここは親目線になってしまいます。

親が言ってあげる「言葉」というのは大切で、その「言葉」を子供はずっと覚えているものだということを教えられました。

 

f:id:c089818:20200413190132p:plain

 

第1話の最後のモノローグも、ありきたりかも知れませんが、完璧です。

 

まとめ

今回は、漫画「僕のヒーローアカデミア」の「完璧な第1話」について、ご紹介しました。

今現在、既刊分の続きを読んでいます。

既に20巻以上ありますが、最近は外出していないので、読書も捗ります。

 

大人気の漫画ですし、アニメも4期も続いて、劇場版まである有名作品です。

正直「何を今更」なのですが、未読の大人の方に、是非1話だけでも読んでみてほしいと思い、書きました。

私は歳をとって、涙腺が緩めになってきているので、この1話だけで、もうじわっときます。

お時間があれば、是非お読みください。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回。