Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、時々思い出話を書いています。

【海外ドラマねた】こんなボスなら、ついていきたい!【海外ドラマで学ぶリーダー論】

こんにちは、あとかです♪

海外ドラマを観ていると、必ず主人公や主要登場人物に、「頼れる上司」や「リーダー」が存在します。

圧倒的な行動力で引っ張る先輩、的確な言葉で動かすボス、何も言わず背中で魅せる上司など、男女問わず様々なリーダーがドラマを盛り上げています。

現実を見ると、そこまで強烈な個性を持った上司は、なかなか実在はしないと思います。

ドラマだからこそ、魅力的なボスがそこに存在するのです。

 

今回は、【海外ドラマねた】こんなボスなら、ついていきたい!【海外ドラマで学ぶリーダー論】について、ご紹介します。

 

 

f:id:c089818:20210122225451p:plain

【海外ドラマねた】こんなボスなら、ついていきたい!【海外ドラマで学ぶリーダー論】 

リロイ・ジェスロ・ギブス /「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班〜」 

f:id:c089818:20210122202913p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

常に弱みを見せない強いリーダー

主人公のギブスは海軍絡みの事件を専門に捜査する「NCIS」の現場のリーダーです。

元々は海軍の凄腕のスナイパーで、常に強く、負けることはほぼありません。

事件解決のためには、自分の部下には勿論のこと、時には上官や他の組織にまで、激しく対応します。

仕事に対する情熱は、他の追随を許しません。

また、接し方は非常に厳しいものの、部下への強い愛情があり、仲間が傷つけられた時は鬼となります。

 そして、彼独自の行動哲学である「ギブス・ルール」を持っています。

それを「部下に叩き込むことが自分の仕事だ」とまで言うほどです。 

ギブス・ルール

ギブス・ルールの一部をご紹介します。

実社会でも身に染みる言葉が結構あります。

 

「決して謝るな。謝罪は弱さの表れだ」

強さが彼の信条です。

部下が謝罪することも許しません。

「謝るくらいならするな」ですし、「謝っている時間があればその間で事後策をとれ」ということでしょう。

 

「情報を鵜呑みにするな。ダブルチェックだ」

仕事をする上で、かなり重要なことだと思います。

一方からの伝聞情報を、そのまま信用してしまうと失敗することもあるかと思います。

 

「常に連絡がつく様にしておけ」

 肝心な時に連絡がつかない「間」の悪い人というのは結構います。

携帯電話がこれだけ普及すると、1日中連絡がつかないというのはなかなかありませんが、常に連絡がつくというのはハードルが高いですね。

 

「仕事仲間とは付き合うな」

 恋愛関係になるな、ということです。

良し悪しもあるでしょう。

ちゃんとゴールインすれば良いですが、そうでなければ、色々複雑になったりします。

www.atoka.xyz

  

ブレンダ・リー・ジョンソン/「クローザー」

f:id:c089818:20210122205503p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

欠点も多いが、仕事はできるボス

主人公のブレンダは女性のボスです。

ロス市警本部長補佐兼殺人特捜班の班長で、年上のおじさんを含む何人もの部下を抱えています。

仕事は、かなりできるのですが、それ以外では、破茶滅茶な人物です。

部下に対しては規律やルールに非常に厳しく、時には強い言葉で嗜めます。

ところが、自分自身にはとても甘く、ルール違反や法律スレスレは当たり前です。

プライベートでの問題に対しては、ヒステリックに怒鳴り散らしたり、泣き落とししてみたり、部下を公私混同で私用に付き合わせたり、全く尊敬できません。

完全にワーカホリックであり、そのせいで夫や家族を傷つけてしまうこともしばしばです。

そんなダメダメな彼女ですが、逮捕した容疑者の取調べをする場面になると、途端に超優秀な捜査官となります。

尋問自体の技術や、巧みな会話術、また相手を油断させる演技力など、全ての能力は容疑者と対峙する取調室「のみ」で発揮されます。

必ず事件を終わらせる、と言う意味で「クローザー」と呼ばれているのです。

www.atoka.xyz

 

グレゴリー・ハウス /「Dr.HOUSE」

f:id:c089818:20210122211513p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

問題を抱えながらも、部下に強い影響を与える上司

ハウスは、医師で、「診断」の天才です。

手術や投薬自体は別の専門医師に任せるものの、患者さんの、誰にも掴めなかった身体の不調の「真の原因」を突き止めます。

直接患者さんに会うことすら、ほとんどしません。

その診断のための情報収集は、自宅や周囲の人物、部下の報告からのみ行います。

自宅には部下を行かせ、鍵をピッキングさせて、無断で侵入させています。

最初の頃は部下も不満や不安を口にしますが、その内慣れて言われなくても行く様になってしまいます。

実際に、患者さんの自宅から隠されていた秘密を掴むことが多く、新たな診断のヒントになったりします。

ハウスには印象的な口癖があります。

「人は誰もが嘘をつく」

つまり、患者は医者に本当のことを話さないと考えています。

そのせいで、どんなに彼が鋭い観察眼や医療知識も持っていても、病気の原因追求の邪魔になると知っているのです。

確かに、私も人間ドックで医師に診察される際には、ちょっと嘘をついていると反省しました。

(「毎日1時間くらい歩いてます!」とか。。。)

ハウスは、部下や友人への洒落にならない悪戯や、罵詈雑言等、最低な言動を繰り返します。

その上、バイコディンという薬物の中毒でもあります。

この様に、人間的には決して尊敬できない人物ですが、「病気を突き止め患者を救う」と言うことに関しては、非常に高く評価されています。

 部下の医師たちは、ハウスの子供っぽいパワハラに悩まされながらも、その能力には憧れ、強い影響を受けていきます。

 

ホレイショ・ケイン/「CSI:マイアミ」

f:id:c089818:20210122214220p:plain

画像引用元:AXN https://www.axn.co.jp/programs/csimiami

めずらしい理系で武闘派のボス 

ホレイショは主人公で、CSIシリーズのスピンオフ作品の、科学捜査官のリーダーです。

 つまり、理系で、現場から小さな痕跡や証拠を分析し、犯人逮捕に貢献する役割です。

ところが、ホレイショは他の分析官の様に白衣を着て、室内で大人しくはしていません。

南米と接した暑いマイアミらしく、涼しげなシャツにサングラスをかけ、いつも現場で容疑者逮捕まで現場にいます。

科学捜査官というより、ドラマの大半のシーンは完全に刑事で、ほんの少しだけ思い出した様に白衣を着て証拠をいじります。

しかも、かなりの武闘派で、悪に対するその徹底的な冷徹さから、マフィアやテロリストからも恐れられ、疎まれています。

それでいて、子供や女性などにはとてつもなく優しく、穏やかな笑顔を浮かべます。

そりゃ、部下も熱い信頼でついてきますね。

また、ホレイショが、トレードマークのサングラスをずらした時は、毎回名言を放つサインです。

「復讐は正義ではない。犯罪で正義はなしえない」

「私を…敵にしない方がいい」

「我々CSIは決して……、そう決してあきらめない」

 サングラスを外すと、ちょっと可愛らしい瞳が出てきますが、そのセリフに痺れます。

 

カミール・サローヤン/「BONES」

f:id:c089818:20210122222906p:plain

画像引用元:https://www.imdb.com/name/nm0853231/mediaviewer/rm2186982400/?context=default

優秀すぎる部下を持つ高いバランス感覚の上司

彼女はアメリカ最高峰の法医学研究所、ジェファソニアン研究所の所長です。

死後長期間経ってしまい、身元不明となった遺体から、犯罪の証拠を突き止めます。

本人も優秀な病理学者であるものの、部下に「BONES」と呼ばれる超優秀な骨のスペシャリストのテンペランス・ブレナンがいるという微妙な立場です。

ブレナンの方が、証拠を突き止める能力や、知識、経験が豊富で、その上、偉そうです。

けれども、彼女には抜群のバランス感覚があります。

ブレナン以外にも、個性的で特殊な天才たちを束ねて、時には学校の先生の様に叱りつけたり、なだめたり、褒めたりしています。

彼女以外にはこのラボを切り盛りできないと思います。

しかも、普段の分析捜査以外に、対外的な折衝や上層部への対応なども一手に引き受けていて、一番忙しい存在です。

サローヤンはいつも公正で、良識的ですが、だからこそ信頼できる上司です。

最初は反発していたブレナンも、後には強い信頼関係で結ばれています。

正直、完全に好みで入れてしまいました。

www.atoka.xyz

まとめ

今回は、【海外ドラマねた】こんなボスなら、ついていきたい!【海外ドラマで学ぶリーダー論】について、ご紹介しました。 

 

リロイ・ジェスロ・ギブス /「NCIS〜ネイビー犯罪捜査班〜」     
常に弱みを見せない強いリーダー

ブレンダ・リー・ジョンソン/「クローザー」
欠点も多いが、仕事はできるボス

グレゴリー・ハウス /「Dr.HOUSE」
問題を抱えながらも、部下に強い影響を与える上司

ホレイショ・ケイン/「CSI:マイアミ」
めずらしい理系で武闘派のボス

カミール・サローヤン/「BONES」
優秀すぎる部下を持つ高いバランス感覚の上司

「カタカタするBOX」はLSS (id:little_strange)さんのこちらのブログから! 

 

好みのドラマから選んでしまいましたが、やっぱり強く優秀なボスが多いですね。

しかも印象的なセリフを放つことが多いのも特徴でしょうか。

 

皆さんは、どんなボス、リーダーを思い浮かべましたか? 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回!

 

読者登録いただける方は、是非こちらへ!

 

 

 

TOP