Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【年末年始にオススメ】始まったばかりの期待の海外ドラマBEST3【「BULL/ブル」S2-6話】

こんにちは、あとかです♪ 

今年の年末年始は、海外旅行や帰省するわけでもなく、TVをダラダラ観て過ごすことになりそうです。(受験生がいる家庭はこんなものですよね?) 

年末年始のお休みに、ご自宅や、旅行・帰省のご移動中などに、海外ドラマをまとめて一気に観られるのはいかがでしょうか?

「イッキ観」と言っても、すでに数百話も放送されているロングランドラマは辛すぎますので、まだ始まったばかりの海外ドラマに挑戦するのはいかがでしょうか?

 

今回は、「BULL/ブル」シーズン2の第6話「私の愛した隣人」の内容と、始まったばかりで今後が期待できる海外ドラマBEST3をご紹介します。

もちろん、私が視聴した中での個人的な評価です。

試しにご視聴いただき、お口に合えば、嬉しいです。

f:id:c089818:20191117202719j:plain

  ちなみに、「BULL/ブル」のシーズン1〜2は、Amazonプライムビデオで、視聴できます。

 また、WOWOWにて、最新のシーズン3が放送中です。

(WOWOW放送タイトル「BULL/ブル 法廷を操る男」)

私は、「吹き替え派」ですので、基本的に吹き替え版の話題のみとなります。

 

年末年始にオススメ・始まったばかりの期待の海外ドラマ

最近、ハマっている海外ドラマはありますか?

少し前までは、新しいシーズンを心待ちにしているドラマがいくつもありました。

私がハマっていた、「BONES」「Dr.HOUSE」「THE MENTALIST」なども軒並み終了し、「クリミナルマインド」も、次シーズンで終わろうとしています。

「NCIS」だけは、何とか続く様です。

 

現在、「GOT(ゲーム・オブ・スローンズ)」を観ていますが、緻密な話の上、1話完結でなく連続ドラマのため、かなりゆっくりしたペースで視聴しています。

既に8シーズンまであると分かっているものを、視聴を始めるのには、正直かなりの決意が必要でした。

 

始まったばかりのドラマであれば、すぐに追いつける上、次のシーズンの開始を待って、迎えることができます。

ここでご紹介するのは、以下の3点で選びました。

  1. この3年以内に始まったばかり。
  2. 今後も継続する予定(少なくとも、次シーズンは確定している)
  3. もちろん面白い。今後もストーリー期待できる作品。

「S.W.A.T」

f:id:c089818:20191226230026p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

アメリカ放送開始:2017年〜(シーズン3放送中)
日本放送開始:2018年〜(シーズン2まで)

1975年のドラマ「特別狙撃隊S.W.A.T.」のリブート作だそうです。

ロサンゼルス市警の特殊武装戦術部隊SWATチームの活躍を描いたアクションドラマです。

「S.W.A.T.」は「Special Weapons And Tactics」の頭文字です。

 

主演は「クリミナル・マインド」のデレク・モーガン役でお馴染みのシェマー・ムーアです。

嬉しいことに、吹き替えは、デレクと同じ咲野俊介さん

作品が変わっても、役者さんごとに、同じ声優さんで吹き替えが統一されているのは、素晴らしいと思います。

 

ストーリーは基本は1話完結で、とても観やすいです。

アクションがメインですが、いくら凶悪犯だからと言って、バンバン撃ち殺す感じではなく、比較的生け捕りにします。

このドラマは「クリミナルマインド」から、「プロファイリング」や「文系要素(?)」を抜いた感じです。

ノリは体育会系ですし、とても気持ち良く観られます。

日本では現在シーズン2までですので、今から十分、追いつけます。

 

また、シーズン3では、なんと日本が舞台のエピソードが制作されたそうです!

S.W.A.T. チームが東京を舞台に活躍するスペシャルエピソードで、日本人では、小澤征悦さんと福島リラさんが出演されているそうです。

www.superdramatv.com

スカパー!等に加入されている方は、「スーパー!ドラマTV」でシーズン2までの全話を、12月28日(土)より年末一挙放送されます。

DVDレンタルもありますし、各種VODサービスでも観られます!

現在、Amazonプライムビデオでは、1話のみ無料です。

 

「THE BOYS」

f:id:c089818:20191226230246p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

 

Amazonプライム・ビデオ配信開始:2019年〜(シーズン1)

シーズン2の更新も決定しました、Amazonプライムビデオ独占配信です。

2019年開始で、たった8話ですので、気楽に観られます。

スーパーマンやフラッシュのような、昔からイメージするアメリカのスーパーヒーローたちが現実に存在する世界が舞台です。

空を飛んだり、怪力だったり、透明になれたり、ヒーローには、それぞれの特徴があります。

そのスーパーヒーローたちは、表向きは、常に人々を救う聖人君子です。

その実、裏では欲と名声にとりつかれて、腐り切っています。

彼らの真の姿を知り、個人的にも恨みを持つ人々が「ザ・ボーイズ」というチームを組み、ヒーローたちに対抗します。

 

内容、ストーリーは、とても面白いです。

ただ、TV放映されないAmazonプライム配信のため、規制が緩いせいか、グロいシーンがやや多く、そう言ったものが苦手な方はおやめになった方が良いと思います。

序盤の最初の5分で、すぐにそういうシーンがあります。

 

現在はシーズン1のみで、話数も8話と少ないので、年末年始のイッキ観に最適です。

Amazonプライム会員の方は、是非ご視聴ください。

 

30日無料体験だけで、年末年始にフル活用するのも良いかもしれません。

「BULL/ブル 法定を操る男(心を操る天才)」

f:id:c089818:20191226232449p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

アメリカ放送開始:2016年〜(シーズン3まで)
日本放送開始:2017年〜(シーズン3 WOWOWにて放送中)

ここで、継続して記事を書いていますが、「BULL/ブル」はやっぱり面白いです。

「NCISネイビー犯罪捜査班」の、アンソニー・(トニー)・ディノッゾ 役のマイケル・ウェザリーが主演です。 

1話完結で観やすく、基本は法廷物なので、グロい死体や、血だらけになるようなひどい暴力シーンもありません。

テンポがとても良く、勧善懲悪です。

次のシーズン4の継続は、決定しています。

DVDレンタルもありますし、Amazonプライムビデオや他のVODサービスでも観られます。

 

www.atoka.xyz

 

「BULL/ブル 」シーズン2

第6話「私の愛した隣人」

あらすじ

ダンビルという小さな町から、若い弁護士のザックがDr.ブルを訪ねて来ます。
大企業による水質汚染という公害問題訴訟のサポートの依頼でした。
Dr.ブルはあまり興味を持ちませんが、公害の被害者でもあるザックの母親が、実ブルの学生時代の恋人アリーだとわかります。
Dr.ブルは、大企業のワーウィック家具との訴訟をサポートするため、ダンビルに向かいます。
6人の原告は皆、健康被害を受け、アリーも腎臓癌を患っていました。
ワーウィック家具からの和解金額はあまりに少なく、折り合いがつきません。
また、小さな町のダンビルでは、地元の大企業に頼っている部分も多く、共存共栄しています。
彼らは満足する和解を得られるのでしょうか。

今回はブルは活躍しない?

 冒頭にDr.ブルの、少年期から博士号と取るまでの思い出写真が流れます。

「NCIS」の時もあったのですが、マイケル・ウェザリーの「髭の写真」で笑いを取ろうとします。

アメリカ人は、そんなにヒゲが面白いのでしょうか??

今回のストーリーは、学生時代に初めて付き合った彼女との再会と、公害訴訟のサポートという、2本立てです。

彼女は癌を患っていますが、悲惨な感じはそこまで出しません。

このドラマは全体的に、キツすぎるシーンやグロいシーンは、ほぼ出てきません。

それが良いところであり、テンポの良さにもつながっています。

 今回の裁判シーンは相手側の弁護士が強敵っぽくて、前半は緊張感がありましたが、後半は、ちょっとうまく行き過ぎではあります。

しかも、ブルもチームもあまり活躍していません。

 今回に関しては、「正直、ブル必要だった??」という感じです。

主人公の過去の掘り下げに、エピソードの重点を置いた回でした。

まとめ

今回は、年末年始にオススメの、始まったばかりの期待の海外ドラマについてご紹介しました。

  • 「S.W.A.T」:(男性向けかも?)今後も期待できるオススメドラマです。
  • 「THE BOYS」:Amazonプライム会員の方は、是非一度ご視聴ください。
  • 「BULL/ブル」:1話完結で、ストーリー的にも気楽に観られます。

他にも沢山ありますが、私が視聴しているドラマで、今後期待している作品を選びました。

興味を持っていただけたら、嬉しいです。 

 

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました! 

それでは、また次回!