あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【おすすめ海外ドラマ】トリック満載ミステリー「THE MENTALIST(メンタリスト)」ご紹介!

 こんにちは、あとかです♪

 

今回は、海外ドラマ「THE MENTALIST(メンタリスト)」についてご紹介します。

 

「THE MENTALIST(メンタリスト)」はアメリCBSの製作で、2008年に始まり、2015年で完結しました。

日本でもスカパーや、現在はAmazonプライムビデオでも視聴できます。

 

f:id:c089818:20190813212618j:plain

Amazonプライムビデオより引用

シーズン7まで続き、若干、尻すぼみは感じましたが、ちゃんと大団円を迎えました。個人的には、シーズン6で終わってよかったと思います。

ラストシーズンは、なんとなく蛇足感があります。

 

少年ジャンプで言うところの「引き伸ばし」を感じる部分は確かにありました。

北斗の拳でいうところの、ラオウ昇天以降みたいなものです。

ただ、近年の海外ドラマの打ち切りブームからすると幸せな結末とも言えます。

 

あらすじ・内容

あらすじ
CBI(カルフォルニア州捜査局)の捜査チームのコンサルタントのパトリック・ジェーンが、主人公です。
インチキ霊能者として活躍していた経歴を持つジェーンの型破りな、時には違法すれすれ(と言うか違法の時も)の方法で犯人をあぶり出し、事件を解決します。
宿敵は「レッドジョン」と呼ばれる連続殺人鬼。
ジェーンは、自分がしたTVでの不用意な発言により、レッドジョンの怒り(関心)を買い、最愛の妻と幼い娘を殺害されます。
CBIの捜査を手伝いながら、宿敵を追い詰めるという真の目的を持っているのです。

 

事件は、基本1話完結で、ジェーンの活躍やキャスト同士の軽妙なやりとりだけでもかなり面白いドラマです。

 

が、それだけでなく、第1話からずーっと続く、ジェーンの宿敵、連続殺人鬼「レッドジョン」についての話が、辛口スパイスとなって、ストーリーに光と陰となって深みを作っています。

 

f:id:c089818:20190915111740p:plain

スーパー!ドラマTV公式サイトより

 

この一見可愛らしい(?)赤いニコちゃんマークのようなイラストが、レッドジョンの「しるし」として殺人現場に残されているのです。

(赤いのは被害者の血液です。。。)

ジェーンは、自らの行い(お調子乗り)のために、妻と娘を無残に殺され、個人的な復讐心でレッドジョンを追いかけるのです。

 

通常回は、CBIが担当する事件の解決を目指す1話完結ものです。

 

キャストも個性的な面々

サイモン・ベーカー(パトリック・ジェーン役)CV 郷田ほづみ

ドラマが続くにつれて、どんどん老けましたが、わかりやすいハンサムさんです。

映画の「プラダを着た悪魔」や「リング2」(当然海外版)にも出ていました。

ちなみに、リング2を吹き替えで観た時、VCが「BONES」のシーリー・ブースや、「Dr.HOUSE」の主人公ハウスでおなじみの、木下浩之さんでした。

顔はパトリック・ジェーンなのに、声がブースだったり、時々、ハウスだったりして、若干混乱した覚えがあります。

 

映画も吹き替えで観るのが好きなので、できれば「1俳優=1VC」に統一してもらえないかなーと勝手に思っています。

有名どころは、大体そうなっているんですけどねー。

古くは、ジャッキー・チェンとかサモハン・キン・ポーとか、マイケル・ホイとか。

 

ロビン・タニーテレサ・リズボン役)CV 加納千秋

個人的には「プリズンブレイク」で初めて観た女優さんです。

結構若いのに「ボス」役なんだなーと思い、調べてみると、本ドラマ開始当時でも33歳。

ドラマ内で、ポーカーをするシーンがあって、結構強い設定でした。実際のタニーさんも強いらしいです。

 

ティム・カン(キンブル・チョウ役) CV喜山茂雄

最初頃の性格づけをなかったことにして、クールな感じになったのが、CVとあっていて良かったと思います。

海外ドラマや映画では、アジア人では韓国(中国)系の俳優さんが多いですね。

アメリカ生まれの日系人も多いと思いますが、役者になる人は少ないんでしょうか?

 

オーウェン・イオマン(ウェイン・リグスビー役)CV 江川央生

マッチョな感じで、コメディ部分を引き受けています。

VCの江川央生さんは、本当に色々な役で声を当てていらっしゃる有名な声優さんだと思いますが、私が一番声を記憶しているは、「LOST」のサイード役です。

かっこいい声だなあ、リグスビーはそうでもないのに、役者さんってすごいなーと思ったりします。

  

アマンダ・リゲッティ(グレース・ヴァンペルト役)CV斉藤 佑圭

ガタイがやけに良いですが、めちゃめちゃ美人さんです。

 

このドラマに出演中に、結婚、出産もされました。

ヴァンペルトは、若い女性ながら上昇志向があり、現場にどんどん出たいという性格づけでした。

それはなかったことにして、出産前は、あきらかにデスクワークをするシーンが増えました。

そして出産時は「長めの研修」ということでしばらく出演しませんでした。

でも、すぐ復帰しました。産後のせいか、かなりふっくらされていました。

 

長いシーズンが続く人気ドラマでは、女性キャストが現実で、出産することも結構あります。シナリオで、その登場人物に子供を作ることが多いような気がします。

BONES」のテンペランス・ブレナン役のエミリー・デシャネルさんは、普通にドラマの中で妊娠し、出産するということになりました。

そのため、お腹の大きいまま出演していました。

第2子を妊娠した時も、同じく主人公が妊娠し、出産しました。

「クリミナルマインド」のJJ役のA.Jクックさんも、普通にドラマの中で出産、育休してから復帰しましたね。

 

?(レッド・ジョン役) CV?

流石にネタバレはできません。

「レッドジョン」にちなんで、ほとんど全てのサブタイトルに「RED」「赤」使われています。

また、「ルビー」や「バラ」等、赤をイメージする「物」も使われました。

 

まとめ 

こんな人はきっとハマれます
●海外ドラマのミステリーものが好きなら、確実です。
●心理サスペンスや、トリックや駆け引きが好きな方。
●日本のドラマで、「ケイゾク」「SPEC」「TRICK」などの堤幸彦監督作にはまった方は、好きかも知れません。(私がそうでした)

 

最後に、「メンタリスト」とは、もちろんDaiGoさんとかいう名前の、あの人のことではありません。

私は、『MENTALIST」と名乗っていらっしゃるのが、なんとなく好きになれませんでした。。。

(当然、ご本人は何も悪くないです)

 

それでは、また次回!