あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【家電の疑問】エアコン暖房の上手な使い方【気になる電気代の目安】

この記事をシェアする

f:id:c089818:20191017082603p:plain

こんにちは、あとかです♪

 

急激に肌寒くなってきましたね。

これからの季節は暖房器具は欠かせないと思います。

もちろん地域によって、主力となる暖房形態は異なってます。

 

ストーブや石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどの、いわゆる「石油(ガス)暖房」が主力かと思います。

一方で、最近のエアコンは、暖房能力も非常に高くなっていると言われています。

 

昔、家電販売の仕事をしている時に、お客様からよく言われました。 

「でも、エアコン暖房は電気代が高いでしょう??」

「その割に暖かくないし。。。」

確かに、今現在でも、そういうイメージもあると思います。

 

実際にはどうなのか、今回は、エアコン暖房のメリット、デメリットと、上手な使い方についてご紹介したいと思います。

 

 

エアコン暖房の仕組み

そもそも、エアコン暖房の仕組みはどうなっているのでしょうか?

ものすごく簡単に言えば、冷房と逆の動きをしています。 

<冷房>
室内の空気から熱を奪い取って、屋外に送る。

<暖房>
屋外の空気から熱を奪い取って、室内に送る

 

f:id:c089818:20191017074919p:plain

引用元:https://www.corona.co.jp/aircon/system/index.html

 エアコンには、「冷媒ガス」が入っていて、空気から「熱を奪う」性質があります。

熱を吸い取る(汲み上げる)という意味で「ヒートポンプ式」と言います。

つまり、エアコンは「空気から熱を奪う」という機能だけで、冷房も暖房も可能になっているのです。

 

そのため、夏の冷房時には、室外機からは熱い空気が放出されています。

逆に、これからの季節に暖房を使うと、室外機からは冷たい空気が放出されます。

 

この「冷媒ガス」がエアコンの肝と言って良いと思います。

引っ越し等で何度も設置し直すと、その度に少しずつ「冷媒ガス」が漏れて冷房や暖房の効きが悪くなることがあります。

効かなくなったエアコンは、ガスチャージで復活することもあります。

エアコン暖房のメリット

簡単、楽

最大のメリットと言えると思います。

タンクのサイズが大きい機種が増えたとは言え、毎週のように灯油を購入し、ポンプで入れるというのはやはり面倒です。

お年寄りだけの家や、お子さんが多い家などは大変と思います。

エアコンなら、リモコンを押すだけですので、これ以上楽なことはないと思います。

エアコン暖房が暖まらないというイメージは、実は過去のものです。

暖房能力だけ切り取っても、石油ストーブ、ファンヒーターに引けを取らないどころか、上回っていることもあります。

安全、空気を汚さない

火を使わないと言うことは、当然、火事のリスクはゼロに近くなります

小さいお子さんがいらっしゃる部屋では、火傷などの事故も起こり得ません。

また、灯油を燃やすことで、不完全燃焼による一酸化炭素や、窒素などの有害物が発生する可能性がありますが、エアコンにはありません。

エアコン暖房は、室内の空気自体には影響がなく、温度だけを変化させます。

f:id:c089818:20191017093740p:plain

結露が発生しない

灯油を燃やさないので水分も発生させません。

室内外の温度差によって窓に発生する「結露」も起こりにくくなります。

エアコン暖房のデメリット

ストーブや石油ファンヒーターなどの、石油暖房と比較してのエアコンのデメリットを考えてみます。

電気代のコスト

やはり最も気になるのは、ランニングコストだと思います。

実際の電気代ですが、例えばリビングで12畳の部屋でエアコン暖房を使ったとします。

ざっくり言えば、1時間あたりの電気代は最大20〜50円です。

 

かなり幅がありますが、条件によって、全く異なってきます。

  1. 建物(部屋)の気密性、
  2. エアコン自体の省エネ能力
  3. 室外の気温と、室内の設定温度

条件によっては、1時間あたり10円程度しかかからない場合もあります。

今のエアコンはインバーターエアコンと言われ、必要な温度によって能力を可変させることができます。

自動車で、必要に応じてスピードを調節できるように、必要な分だけ強い運転ができるような仕組みです。

その分、かかる電気代も上下します。

 

そのため、必要な温度設定が高すぎたり、暖めた空気が逃げてしまう環境では、ずっと高能力で運転することになりますので、電気代が上がります。

無駄なく能力を発揮できると言うことでもあります。

昔々のエアコンはオンオフのみで、言わば、大きなドライヤーみたいなものでした。

 

エアコンの室内機の側面や下部に貼っている、スペックの書かれたシールをご確認ください。

冷房、暖房と分けて、「定格消費電力」と書かれた部分があります。

具体的な数字が、「Kwh(キロワットアワー)」という単位で書かれていると思います。

これはあくまでも定格能力を発揮した場合の1時間あたりの消費電力です。

 

カタログや取扱説明書には、こういう風に書かれていると思います。

f:id:c089818:20191017083552p:plain

先ほど書きました通り、冷暖房能力は可変しますので、1時間あたりの消費電力も幅があるのです。

この機種では、能力欄に、「暖房(105〜1980w)」と書かれています。

契約状況や電力会社によって異なりますが、1Kwhあたりの電気代は25円前後です。

単純計算では、この機種の電気代は、1時間あたり26.25〜49.5円と言うことになります。

使い方や条件により、電気代に大きな差があることがわかります。

電気代の計算方法

実は、どんな電化製品もおおよその電気代が計算できます

その家電の消費電力量(Kw)× 25円※ × 使用する時間(h:時間)=電気代

※1Kwhの電気料金。電力会社からの請求書などでご確認ください。

例えば、1000w(1kw)のドライヤーを30分つけっぱなしにした場合、

1(Kw)× 25円 × 0.5(時間)=12.5円

と、ざっくりですが計算できます。 

エアコン暖房の上手な使い方

夏場に比べて、暖房が電気代がかかるのは、実は当然のことです。

夏:室温33度→設定温度27度(6度)

冬:室温5度→設置温度20度(15度)

変化させる温度が冬の方が圧倒的に大きいので、その分コストがかかります。

設定温度を上げすぎないように注意しましょう。

上手く使えば、実は、エアコンはかなりコストの安い暖房と言えます。

 

<エアコン暖房の上手な使い方>
①石油ストーブで暖めた部屋の温度維持で使う
②温度設定を上げすぎない。
③部屋の大きさに合わせた能力のエアコンを選ぶ
(無理をさせる=電気代が高い運転を続ける)

 空気が乾燥する

これは2種類の意味があります。

①室温が上がるから

室温が上がると、空気中に取り込める水分量が増えます。

そうすると、室内の水分量が変化していなくても、湿度が下がるということになります。

②水分を増やさないから

灯油を燃やすと、CO2とH2Oが発生します。

つまり、二酸化炭素と水です。

そのため、ストーブや石油ファンヒーターをつけていると、室内の水分量が増えるのです。

一方でエアコンは増やすことはありませんので、相対的に湿度が下がる=乾燥するということになります。

 

乾燥対策は、単純に水を入れたコップや器を設置したり、濡れたタオルをかけて置いたり、霧吹きで水を撒くのも有効です。

最近のエアコンは、「加湿」機能がついているものもあります。 

暖房能力

「エアコンって暖まらないでしょう?」というのは、ある意味では誤解です。

最近のエアコンは、暖房能力が上がっていて、最大能力で言えば、石油ファンヒーターを上回っている機種も多くなっています。

もちろん、そういった運転を続けると、その分電気代もかかるということにあります。

 

また、エアコンは上から下に向けて空気を送りますが、ストーブなどは下から暖めます。

ご存知の通り、暖かい空気は上に上がりますので、「すぐ暖まる」と感じるのは石油ストーブかも知れません。 

 まとめ

<エアコン暖房はこんな方にオススメ>
①小さいお子さんやお年寄りがいる場所(安心、安全、空気を汚さない)
オール電化住宅などで電気代が安い(コストが安く済む)
③最近の気密性の高い住宅にお住いの方(コストが安く済む)

過去のイメージに比べると、エアコンは、かなり「使える暖房」だと思います。

石油暖房との併用も、上手な使い方だと思います。

 

エアコン暖房を進める記事を書いてきましたが、石油ストーブを1台は持って置いた方が良いです。

エアコンも石油ファンヒーターも、停電時には使えません。

今回の台風のような自然災害や、人為的な事故なども発生する可能性もあります。

そういった場合のために、緊急用として小さめで安い機種で良いので、持っておきましょう。

 

f:id:c089818:20191017094738p:plain

また、万が一の場合、ガスコンロを使っているお家では、大きな鍋に水を入れて煮立てましょう。(空焚きに注意)

ガスコンロの炎もかなりの熱量ですので、結構部屋全体を暖めます。

 

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました!

それでは、また次回。