Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、時々思い出話を書いています。

【海外ドラマ】「LOST」ロングランドラマの風呂敷の畳み方【感想とおすすめポイント】

こんにちは、あとかです♪

 海外ドラマでは、比較的1話完結のものが人気になる傾向があります。

日本のドラマでもそうですが、連続ドラマは最初の方を見逃してしまうと、なかなか続きを観る気が起こりません。

そのため、最初に視聴率が取れないとどんどん下がっていくことになります。

そういった流れを大きく断ち切ったのが、「24 ーTWENTY FOURー」でした。

連続ドラマで、謎が謎を呼ぶスリリングな展開は人気を博し、後の作品にも大きな影響を与えました。

その成功例のひとつが「LOST」というドラマです。

 

今回は、【海外ドラマ】「LOST」が示したロングランドラマの風呂敷の畳み方【感想とおすすめポイント】についてご紹介します。

ほとんどネタバレではありませんが、ファイナルシーズンに近い話題にも触れています。ご了承ください。

 

 

f:id:c089818:20210404175920p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

【海外ドラマ】「LOST」感想とおすすめポイント【納得の結末】

「LOST」とは

「LOST」は、2004年からアメリカで放送開始し、2010年まで6シーズン続き、全121話で完結しています。

1話完結ものでは無く、連続ドラマでありながら、めでたくロングシリーズとなり、「LOSTIE」と呼ばれるような熱狂的なファンもつく大ヒット作品となりました。

アメリカのドラマの権威ある賞のエミー賞、ゴールデングローブ賞を始め、多くの受賞歴があり、高い評価を受けています。

海外ではもちろん、日本でも社会現象となり、地上波のTV放送もされました。

 

あらすじ

シドニー発ロサンゼルス行きオーシャニック航空815便が、ある島に墜落します。

幸運にも生き残った48人もの男女は、その島で救助を待つことになります。

彼らの多くがすぐに助かると信じていましたが、いくら待ってもその島に救助は訪れませんでした。

その上、その島には様々な不思議な現象が起こり始めます。

無人島と思われた島には人の気配があり、謎のハッチ、いるはずのない生物、そして得体の知れない「黒い煙」。

あらゆる謎が彼らを襲います。

生存者同士の争いや裏切りも発生し、事態は少しずつ混迷していきます。

そして、そこに残った人々には、本人達自身も知らないものの、墜落した飛行機に乗る以前、過去に大小様々な関係があったことがわかってきます。

偶然ではなく彼らは何らかの見えない力によって集められている節があるのです。

その島は何のために存在し、果たして、生き残った者たちは生きて帰ることができるのでしょうか?

 

登場人物

ジャック・シェパード /ジャック

f:id:c089818:20210404213229p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ
マシュー・フォックス/日本語吹替 井上和彦

脊髄外科のアメリカ人医師。

真面目で誠実、強いリーダーシップを持っています。

多くの登場人物の中で、主人公的な立場です。

様々な困難を乗り越え、島を出るために、リーダーとして生存者たちを導いていきます。

島の大きな謎に立ち向かい、やがて自らが大きな計画の発案者となっていきます。

そして、この物語の結末に立ち会うことになります。


キャサリン・アン・オースティン /ケイト

f:id:c089818:20210404214036p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ


エヴァンジェリン・リリー/日本語吹替  高森奈緒

強く、活発な女性で、サバイバル技術も心得ています。

ジャックと共に、生存者を率いて島脱出に向けて尽力しますが、彼女には秘密の過去がありました。

 

ジェームズ・フォード /ソーヤー

f:id:c089818:20210404213909p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ

ジョシュ・ホロウェイ/日本語吹替  藤原啓治

皮肉屋で、常に斜に構えた発言をします。

自ら詐欺師であることを公言し、島の生存者にも非協力的で、集団を好まず単独行動を取っていきます。

ただ、いざとなっては頼りになり、その胸の内も少しずつ明かされていきます。


ジョン・ロック 

f:id:c089818:20210404214658p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ
テリー・オクィン/日本語吹替  麦人

行動的で、サバイバル術やハンティング術にも長けています。

当初は、頼りになる、気の良いおじさんです。

ジャック、ケイトらと行動を共にして、島の謎を追い求めます。

そんな中、ある重大な発見によって、彼は別の運命の歯車を回し始めることになります。

そこから、彼は「LOST」という物語の「もう一人の主人公」といってよい存在となっていきます。

 

ヒューゴ・レイエス/ハーリー

f:id:c089818:20210404215949p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ
ホルヘ・ガルシア/日本語吹替 高戸靖広

大柄な体格のヒスパニック系の男性。

明るく優しい性格で、メンバーのムードメーカー的な存在。

過去に彼の運命を大きく変えてしまうことになった、ある数列は、物語全体に関わる謎にも直結しています。


サイード・ジャラー 

f:id:c089818:20210404220236p:plain

画像引用元;Amazonプライムビデオ
ナヴィーン・アンドリュース/日本語吹替  江川央生

元軍人で、戦闘力が高く、通信系の機械に強い。

彼を突き動かしていたのは意外にも純愛でした。

 

ベンジャミン・ライナス /ベン

f:id:c089818:20210404234017p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

マイケル・エマーソン/日本語吹替  牛山茂

謎の男であり、超重要人物。

秘密主義者であり、誰のことも信用していない。

彼の側から見た世界は、ある意味、もう一つの「真実」でもありました。

 

その他

ジンスー・クォン/ サンファ・クォン

韓国人の夫婦。

最初は英語を話すことができず、周囲と打ち解けられないものの、コミュニケーションが取れるようになってからは、仲間として馴染んでいきます。

クレア・リトルトン

オーストラリア人女性。

墜落時に妊娠していて、出産予定日は1ヶ月後。

未婚の母となる決心をして、飛行機に乗ったのですが。。。

チャーリー・ペース

イギリスのロップバンドのベーシスト。

当初はヘロイン中毒で、不安定なところもあったものの、人懐っこく、やがてハーリーと仲良くなっていきます。

 

おすすめポイント

超高額な製作費のパイロット版

どんな海外ドラマも、新ドラマ立ち上げのパイロット版に勝負をかけることは多いのですが、「LOST」に関しては、第1話だけで、10億円以上もかかっているそうです。

ドラマ序盤は、飛行機の墜落事故から生き延びた人々が、ビーチに集まってくるシーンから始まります。

確かに、墜落した旅客機の大掛かりなセットや、生き延びた48人の乗客、謎の怪現象など、1話から、てんこ盛りです。

墜落した飛行機のセットは、廃機となった本物の飛行機を使用しているそうです。

LOSTは大半をハワイで撮影されていますが、本物の飛行機の輸送だけでも2000万円以上かかっているとか。。。

それだけに、ドラマとしてはとてつもないレベルの第1話になっています。 

全部は長過ぎるという方は、せめて1話だけでも観てほしいくらいです。

f:id:c089818:20210404233107p:plain
画像引用元:Amazonプライムビデオ

謎の数字

「LOST」には様々な謎が登場しますが、中でも数字の羅列「4 8 15 16 23 42」はとても人気があります。

この数字を暗記している方も多く、ロトくじなど、自分で数字を記入するタイプの宝くじで書き込む人が続出していました。

そして、アメリカでは、ついにこの数字が当選した回があったのです。

メガミリオンという宝くじでは、名前の通り、通常1位の数字を当てると何億円にもなります。

その金額を当選者で割った金額が賞金となります。

大抵の当選者の数は、1人です。

ところが、この数字だけは全米で9000人も当選したそうです。

9000人で分け合った結果、1人あたり2〜3万円にしかならなかったそうです。

10年ほど前に、実は、日本のロト6でも同じことが起こりました。

通常1500万円ほど支払われる当選金が、1人あたり5万円程度になってしまったそうです。

当たって幸せなのに、金額がそれほど上がらず、ちょっと残念な結果にもなっています。

 

唐突な日本人俳優出演

ファイナルシーズンのシーズン6には、日本人俳優も出演しています。

ただでさえ謎の多い「LOST」に、さらなる謎の男「道厳(DOGEN)」として登場しました。

その役を演じていたのは、真田広之です。

レンタルDVD市場で、日本で大人気だったことで、サービス的な意味合いもあったと思います。

ただ、それだけではない重要なキャラクターとなっています。

言わば、シーズン5までで広げ切った風呂敷を畳むために呼ばれた様なものです。

 

「LOST」感想

シーズン6まで続いたドラマで、しかも連続ものです。

視聴者を引っ張るために、考え抜かれた伏線や多くの仕掛けが施されています。

そして、「ハリー・ポッター」の様に、一つの謎が解明すると、同時に次に謎が提示され、次のシーズンでは、その舞台までがガラリと変わっていきます。

途中で観るのをやめた方も、多くいらっしゃると思います。

 

このドラマは、今起こっている出来事の合間に、別の時間軸の映像が挟み込まれる二重構造となっています。

別の時間軸とは、過去だったり、時には未来だったりします。

物語の前半は、「フラッシュバック」が中心でした。

つまり、飛行機が墜落するより以前の登場人物に起こった出来事や他の登場人物との関わりが明かされていきました。

やがて、近未来も映す「フラッシュフォワード」も活用され、物語が深まりました。

そして、物語を決定的に複雑化する仕掛けとして「フラッシュ・サイドウェイズ」が登場します。

そうして、パラレルワールドとなった2つの世界の出来事が交互に描かれる様になります。

つまり、時間軸だけでなく、ある出来事が「起こらなかった」世界線と「起こった」世界線に分かれたのです。

 

最後まで観ることで、ほとんと全ての出来事が解決、もしくは完結しています。

亡くなった人、生きている人、それぞれの世界線での人生が重なり合います。

その両方を知っている私達視聴者はグッと来るのです。

名作漫画の「スラムダンク」の花道と流川のハイタッチの様な印象的なシーンもあります。

f:id:c089818:20210404232944p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

風呂敷の畳み方

「LOST」というドラマは、シーズン6というロングランの海外ドラマで、ちゃんと物語を畳み切った稀有な例だと思います。

 「ミッション・インポッシブル」や新作「スターウォーズ」シリーズでも有名なクリエイターである、J・J・エイブラムスが自ら監督したのがこの作品です。

そのおかげか、とても綺麗に物語を締めています。

実は、この作品はシーズン3が終わった直後くらいには、シーズン6での完結が予告されました。

そのため、3つのシーズンをかけて、じっくり物語を完結に導くことができたのだと思います。

さらに、最後の1話は、急遽増やした様です。

そこまでしたことで、視聴者も納得のいく形に持っていくことができました。

ラストシーンがとても印象的です。 

 

まとめ

今回は、【海外ドラマ】「LOST」が示したロングランドラマの風呂敷の畳み方【感想とおすすめポイント】についてご紹介しました。

 

 海外ドラマに熱中し始めた頃、レンタルDVDで次のシーズンがリリースされるのを心待ちにしていました。

ちょうどその頃、スカパー!で、リアルタイムで最初から最終話まで追うことができたのが、この「LOST」でした。

個人的にもとても思い入れの強い作品です。

 

この記事を書くために、最近観直してみて、その「完成度」に改めて感心しました。

 

全121話は決して短くはありませんが、機会があれば是非観てほしいと思います。

途中までで観るのをやめてしまっている方は、この機会に是非最後まで!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回!

 

読者登録いただける方は、是非こちらへ!

 

サブブログ始めました。

www.sub.atoka.xyz

読者登録だけでもお気軽にどうぞ!

 

 

 

 

 

TOP