Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、時々思い出話を書いています。

【犬派も猫派も】親子で楽しめるおすすめ動物映画5選【Amazonプライム】

こんにちは、あとかです♪

昔からある2つの巨大な派閥に「犬派」と「猫派」があります。

私は何を隠そう、「犬派」です。

かわいい犬や猫、他にも様々な動物が活躍する映画が沢山あります。

そんな動物映画は、当然家族みんなで楽しめる作品も多いと思います。

 

今回は、【犬派も猫派も】親子で楽しめる動物ファミリー映画5選【Amazonプライム】について、ご紹介します。

 

 

f:id:c089818:20210307230305p:plain

【犬派も猫派も】親子で楽しめる動物ファミリー映画5選【Amazonプライム】

僕のワンダフル・ライフ/犬

f:id:c089818:20210108214009p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

監督:ラッセ・ハルストレム
出演:デニス・クエイド/ペギー・リプトン/ブリット・ロバートソン/K・J・アパ/ ジョン・オーティス
上映時間:1時間40分
公開年:2017

 <あらすじ>
ベイリーと名付けられたレトリバー犬は、イーサンという少年に可愛がられ、友情を育んでいます。辛い時も、楽しい時も、イーサンのそばにいたベイリーは、やがて息を引き取ります。
ベイリーと呼ばれた彼は、その後、さまざまな犬種に生まれ変わり、それぞれの時代を、それぞれの人間と関わりながら、転生を繰り返して行きます。
そうして、生きることの意味や人との生き方を学んでいきます。
そして、幾度かの転生の後、彼はついに。。。

動物の寿命は人よりずっと短い

「動物の寿命は、人間よりずっと短い」ということを、この作品では痛感させられます。

主人公の少年と過ごした犬は自分が死んでしまう時に、またこの少年の元に戻ってくることを誓います。

面白いのは、それ以前の記憶を残したまま、違う犬種として生まれ変わることです。

そして、犬がめちゃくちゃ考え、話しかけてきていることも映画を見ている私たちはわかります。

当然ながら、映画の登場人物には伝わらないのです。

そのもどかしさや、伝わった時の嬉しさが共感できます。

 ペットを飼ったことがある方は恐らく感じていると思いますが、動物にも感情があって、場合によってはコミュニケーションだって取れるています。

 最後が、グッときます。

出会えて良かったと思える映画です。

 

続編の「僕のワンダフル・ジャーニー」もおすすめです。

ペット/犬、猫、うさぎ

f:id:c089818:20210108214736p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

監督: クリス・ルノー

上映時間:1時間26分
公開年:2016年

 <あらすじ>
マンハッタンのアパートに住む小型犬のマックス。
子犬の頃、優しい飼い主のケイティに拾われて以来、近隣で飼われている他のペットたちとの交流もあり、幸せな毎日を過ごしていました。
ある日、ケイティが保健所から、大型犬のデュークを連れ帰ります。
お互いに気が合わないマックスとデュークは、小さな小競り合いを繰り返します。
彼らのイザコザはやがて大きなトラブルへと発展してしまうのです。

動物の「あるある」な仕草が可愛い

CGアニメですが、動物たちの動きがとてもよくできています。

こんな行動見たことあるなぁ、という動きが随所に出てきます。

特にペットを飼っていた方は、「あるある!」と感じると思います。

また、登場するペット同士の会話を見ていると、「トイストーリー」が思い起こされます。

単純に楽しい映画です。

吹き替え版はバナナマンのお二人が主役を担当しています。

まだまだ棒読みですが、声自体はとても良かったので、観られます。

「ペット2」の方が、さらに面白いので、続けて観てほしいと思います。

 

ベイブ/ブタ

f:id:c089818:20210108215139p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

監督 :クリス・ヌーナン
出演 :クリスティン・キャバノー, ジェームズ・クロムウェル, ダニー・マン
上映時間:1時間31分
公開年:1996年

あらすじ
とある町で行われた移動遊園地の中で、「子豚の体重当てコンテスト」の「景品」だった子豚のベイブ。
ベイブは、無口な老人のアーサーの農場に貰われることになります。
牧羊犬の夫婦や子供たち、元気なアヒルや、猫などに囲まれ、毎日美味しいご飯をもらって過ごすことができるようになります。
賢いベイブは牧場の生活にも慣れ、牧羊犬の真似事までできる様になってきます。
ところが、アーサーのパートナーは、ベイブはまるまる太らせて食べる予定だったのでした。

ベイブが可愛すぎて、菜食主義者が増えた?

1996年公開のとても古い映画です。

けれども、映像自体はそれほど古さを感じさせません。

物語冒頭は、ちょっと悲しい感じで始まります。

養豚業の現場からスタートし、たまたま取り上げられた可愛く、賢い豚がやがて大きなことを成し遂げます。

ただ、そこで考えさせられることもあります。

ほんの少しのボタンの掛け違いで、ベイブは生きることができました。

でも、養豚業社に残された、その兄弟たちは?

ベイブが農場に貰われていなかったら? 

そんなことを考えてしまいます。

実際に、この映画の大ヒットにより、菜食主義や肉食の残酷性を感じる人が増えたそうです。

ただ、そこまで深く考えずに観ると、単純にとても楽しい映画です。

 

パディントン2/クマ 

f:id:c089818:20210108215801p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

監督 :ポール・キング
出演 :ベン・ウィショー/ヒュー・ボネヴィル/サリー・ホーキンス/ヒュー・グラント
上映時間:1時間44分
公開年:2017年

あらすじ
心優しく親切なパディントンは、すっかり街に溶けこみ、街の住人たちからも愛されていました。
そんな彼が小さい頃にお世話になったルーシー叔母さんの100歳の誕生日に、ある絵本をプレゼントしたいと考えていました。
アルバイトをしてやっと資金が溜まった頃、お店からその絵本が盗まれるのを目撃します。
絵本泥棒はまんまと逃げ果せ、なんとパディントンが泥棒と間違われてしまうのです。監獄に入れられてしまったパディントン。
彼は無実の罪を証明し、無事に絵本を取り返すことができるのでしょうか?

観ていなかったら必ず観てほしい良作。

1作目も面白かったのですが、2作目はもっと面白い作品でした。

前作は、ニコール・キッドマンがなかなか良い悪役を勤めていましたが、今作の大物ゲストはヒュー・グラントです。

彼を含む、色々な悪役も出てきますが、結局、誰も憎めない物語です。

「情けは人の為ならず」ということが全く説教臭くなく、描かれています。

 クライマックスからラストまで、ずっと良いシーンです。

おじさんでも、目が潤んでしまいます。

スタッフロールでは、その後の登場人物の人生がちゃんとフォローされています。

とても丁寧な映画だと思います。 

 

アルビン〜歌うシマリス3兄弟〜/シマリス 

f:id:c089818:20210307220054p:plain

画像引用元:Amazonプライムビデオ

監督 : ティム・ヒル
出演 :ジェイソンリー/ジェシー・マッカートニー/ジャスティンロング
上映時間:1時間31分
公開年:2007年

あらすじ
冴えないシンガーソングライターのデイブは、いつもの通り、レコード会社から酷評され、意気消沈しています。
そんな彼の家に偶然入り込んだシマリスの3兄弟は、なんと喋ることができました。それどころか、3匹の見事な美声のハーモニーで、歌うこともできたのです。
デイブはその歌声に圧倒され、自分の曲を歌ってもらう代わりに、自宅で一緒に生活することを同意します。
最初はうまくいきませんでしたが、ひょんなことをきっかけに、彼らはスターの階段を駆け上がっていきます。
けれども、デイブとアルビンたちの仲を引き裂く悪巧みもあり、やがて彼らはバラバラになってしまうのです。

意外な掘り出し物。

日本ではあまりヒットしなかった様に思いますが、観てみるととても楽しい映画です。

それを証拠に、以下4作目まで制作されています。

ふわふわした小さなシマリスたちが、チョコマカと走り回り、喋りまくって、騒動を起こします。

どこまでも「無邪気」なのが、とても愛らしく、ニコニコしながら観てしまいます。

2作目以降も面白いので、1作目がお気に召したら是非続けて観てほしい作品です。 

番外編:犬も猫もどっちも飼ってると毎日たのしい/犬、猫

松本ひで吉さんの漫画が原作のアニメが公式YouTubeで限定公開されていました。

犬好きの方も猫好きの方も、是非1話だけでも観てください!

(すごく短いですが、お好きな方はハマると思います。)

www.youtube.com


TVアニメ「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」PV第1弾

 

まとめ 

今回は、【犬派も猫派も】親子で楽しめるおすすめ動物映画5選【Amazonプライム】についてご紹介しました。

 

 

  • 僕のワンダフル・ライフ/犬
   動物の寿命は人よりずっと短い
  • ペット/犬、猫、うさぎ
   動物の「あるある」な仕草が可愛い
  • ベイブ/ブタ
   ベイブが可愛すぎて、菜食主義者が増えた?
  • パディントン2/クマ
   観ていなかったら必ず観てほしい良作。
  • アルビン〜歌うシマリス3兄弟〜/シマリス
   意外な掘り出し物。
  • 番外編:犬も猫もどっちも飼ってると毎日たのしい/犬、猫

「カタカタするBOX」はLSS (id:little_strange)さんのこちらのブログから! 

 

色々と過去に観た動物映画を思い返してみて、非常に名作が多いと感じました。 

また、結構有名俳優も(声のみも含む)出演しています。

また、日本では動物の吹き替えの声は、女性など可愛い声を当てることが多いのですが、海外では結構大人の声です。

パディントンもそうですし、ピカチュウの声もおじさんでした。

そもそも、プーさんの声なんかも、おじさんっぽいですね。

文化の違いで面白いですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回!

 

読者登録いただける方は、是非こちらへ!

 

サブブログ始めました。

www.sub.atoka.xyz

読者登録だけでもお気軽にどうぞ!

 

TOP