Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【配信前の作品をレビューできる!】「amazonプレビュー」の内容と特典あれこれ

こんにちは、あとかです♪

私は、Amazonプライム会員で、1週間のうちで、かなりの時間をプライムビデオを視聴しています。

家にいる時間のほとんど付けっぱなしと言っても良いくらいです。

 

そのおかげかはわかりませんが、私は、昨年末から、「Amazonプレビューメンバー」というものになっています。

「Amazonプレビューメンバー」とは、Amazonプライムビデオのオリジナル作品などを、一般配信前に視聴し、様々な意見をフィードバックできる、個人的にはとても楽しい仕事です。

 

今回は、 Amazonプライムの配信前の作品をレビューできる、「amazonプレビュー」の内容と特典などを、ご紹介します。

 

 

f:id:c089818:20200409225107p:plain

【配信前の作品をレビューできる!】「Amazonプレビュー」の内容と特典あれこれ

Amazonプレビュー(Amazon Preview)とは

  「amazon preview」については、公式には、こう書かれています。

エンターテイメントファンの皆様には、映画やTV番組シリーズの制作に携わっていただける、またとない機会です。
Amazonプレビューからの招待を承認いただくと、各種エンターテイメントプロジェクトを一般公開前に視聴しフィードバックができるよう、Eメールにてご案内を送付させていただきます。
メンバーの方には、コンセプトやストーリーボード、テスト映画やパイロット版のTV番組をご覧いただきます。
皆様からのフィードバックはプロジェクトの改善に役立てられます。

 引用元:amazonプライム/amazon preview

 つまり、一般公開前の作品を、先行して視聴して、意見や評価をフィードバックできるのです。

実際に、私は、今年3つの作品について、事前に視聴して、レビューをamazonに送っています。

 

Amazonプレビューメンバーになるには

実は、私は希望して、なったというわけではありません。

ある日突然、「amazon preview」という送り主からメールが来て、招待されます。

そこで、「承認」をすると、初めてメンバーになります。

 

どう言った理由で選ばれ、招待メールが届くのかはわかりません。

完全なランダムか、もしかするとプライムビデオの視聴時間がある程度見られているのかも知れません。

 

最初は、よくある「偽メール」かと疑いました。

最近の架空請求を誘引するフィッシングメールは凝っているので、一見すると間違えそうでした。

もしかしたら、皆さんも知らない間に迷惑メールとして、削除されているかも知れません。


実際のプレビューはどうするのか

承認して、Amazonプレビューメンバーになったからと言って、すぐに配信前の作品が観られるわけではありません。 

まず最初は、昨年の11月に、「アンケートのお願い」メールが来ました。

そこで、Amazonプライムビデオの視聴状況や興味のあるジャンルなど、様々な質問に回答しました。

自分なりに、かなり一生懸命書きました。

そしてそのまま、放置されました。

 

それから年が明けて1月に、突然「amazon preview」から、再びメールが届きました。

1回目のプレビュー

「Amazonの新番組の先行公開に参加して、〇〇円分のAmazonギフトカードを手に入れよう!」

何とも怪しいタイトルのメールでした。

一応調べましたが、住所やAmazonのロゴなどに問題はなく、アドレスもおかしくありませんでした。

 

メール本文にある、これも怪しげな「クリックして開始」という、部分をタップしてみました。

(この青文字部分は、リンクしていません)

そうすると、そのまま、これから公開される予定の番組を観ることになりました。

内容は、Amazonプライムオリジナルの新しいドラマでした。

正直言って、あまり好きな内容、ストーリーのドラマではありませんでしたが、しっかり最後まで視聴しました。

1話を観終わると、続けて2話目も視聴するように指示されました。

そこから選択式のアンケートと、自由記入欄がありました。

文章で書くところは、かなり詳細に書き込みました。

嫌いなところ、良かったところ、だけでなく、「何故そう思ったのか」、「どうだったら良かったのか」を意識して書きました。

この作品は、今現在、Amazonプライムビデオで、既に一般公開されています。

作品自体はそこまで好きではありませんでしたが、自分が少しだけでも携わったドラマが、配信されているというのは嬉しいです。

 

2回目のプレビュー

2回目のプレビュー メールが届いたのは、3月でした。

今回は、私も以前観たことがあったAmazonプライムオリジナルのバラエティ番組の、セカンドシーズンでした。

 

同じく、2話目まで観る様になっていました。

バラエティ番組ですし、前のシーズンは結構好きだったので、楽しく観られました。

ただ、今シーズンは、大幅なリニューアルを敢行していました。

正直、前のままの方が良かったと思いましたが、ある部分では良い点もありました。

 

お世辞で褒め称えてもプレビューとしては役に立ちませんので、辛辣な意見は率直に書きました。

また、前シーズンより良くなった点と、逆に前シーズンの方が良かった点は、できるだけ多くフィードバックしました。

 

3回目のプレビュー

最も直近で、今月届きました。

これも、比較的、女性向けと思われるバラエティ番組のプレビューでした。

今回はかなり苦痛でした。

バラエティとは言え、おじさんの私は観たことがないジャンルで、その新シーズンの先行配信でした。

興味がなさすぎて、かなり苦戦しましたが、しっかり最後まで観ました。

年齢層や性別、他の視聴歴などのデータは最初のアンケートで提出していますので、私の様な年齢のおじさんには酷評されるのは折込済みだとは思います。

それでも、良かったと思ったことは書きました。

 

f:id:c089818:20200409224348p:plain

Amazonプレビューを実施した特典

①報酬

Amazonギフト券のコードが、後日、メールにて送られてきます。

金額を書いて良いかわかりませんが、3回とも同じ額でした。

しかも、なかなかの金額です。

ざっくり言えば、2回プレビューすれば、Amazonプライム会員の会費は、まかなえるくらいです。

②名誉

それほど大袈裟なものではありませんが、一般公開に先行して意見を書き込めるというのは、やっぱり嬉しいです。

TVや映画制作の裏舞台を垣間見ることができます。

皆様からのフィードバックは、Amazonをご利用のすべての会員様向けのプロジェクトの改善に役立てられます。

引用元:amazonプライム/amazon preview

このことからも、「Amazonに頼られている」様な、気持ちになります。

 

③話のタネに

守秘義務もありそうですので、何という作品のプレビューをしたとは言えません。

でも、これに参加したこと自体は、話題としては紹介できます。

今回のブログのネタにも、なりました。

 

Amazonプレビューメンバーになりたい方

今回の記事をお読みになって、もし、ご自身でもやってみたいと言う方は、自ら挙手をすることもできる様です。

AmazonプレビューメンバーはAmazonのお得意様の中から選ばれた方々が対象で、電子メールで招待状をお送りしています。Amazonプレビューへの招待メールを受け取った場合は、メールに記載されているのリンクをクリックし、指示に従ってご登録をお願いします。

Amazonからの招待は来ていないがメンバー登録を希望される場合は、ウェイティングリストへのご登録をお願いします。

引用元:amazonプライム/amazon preview

 

「ウェイティングリスト」とは、Amazon Previewのホームページで登録できます。

氏名とAmazon.co.jpアカウントに登録しているメールアドレスを入力するだけです。

その後、定員に空きが出来次第、招待メールが送付されてくるそうです。

 

ご興味のある方は、こちらを覗いてみてください。↓

jp.amazonpreview.com

まとめ

今回は、 配信前の作品をレビューできる、「amazonプレビュー」の内容と特典あれこれ、をご紹介しました。

 Amazonプレビューを実施した特典
①報酬/結構嬉しい金額です。
②名誉/プレビューした作品がその後配信されると、自分も関わった気がして嬉しいです。
③話のタネになる

 

私が子供の頃、自宅にテレビの「視聴率調査」が入ったことがあります。

その当時は、観たチャンネルと時間帯を、手書きで書き込む仕組みだった様に思います。

まだ小さかった私は、自分自身では、ほとんどつけていませんが、何となく誇らしかった様な覚えがあります。

amazonプレビューのメールが来ると、その時と同じ様な、少し楽しい気分になります。

いつまでもらえるのかはわかりませんが、次のプレビュー 依頼が待ち遠しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。 

 

読者登録いただける方は、是非こちらをお願いします。