あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【海外ドラマ】こんな場面も合成なの!?意外な特撮シーンあれこれ

この記事をシェアする

こんにちは、あとかです♪

 

私は海外ドラマ視聴が趣味で、DVDを購入することもあります。

そういったセルDVDに付き物の、特典映像を観て、初めて知ることが結構あります。

 

それは、「このシーンは屋外で撮影してなかったの!?」ということです。

以前観たドラマで、結構な頻度で登場する屋外のカフェのシーンが、ほとんど全部合成ということがあって、本当にびっくりしました。

 

よく使われているのは、グリーンやブルーの幕を貼って、その部分に別の映像を合成するクロマキーという撮影手法です。

 

例えば、グリーンの幕の前で、同じグリーンの全身タイツを着用した上に、普通の服を着たとします。

そのグリーンの部分に、部屋の映像を合成すると、まるで「透明人間」のように見えるのです。

f:id:c089818:20190924203555p:plain

TV番組の「Youは何しに日本へ」で、バナナマンのお二人が登場しているシーンで、顔だけ出して合成していますね。

 

割と昔からある、ポピュラーな合成技術です。

日本でも、古くは映画の最初の「ゴジラ」でも使われています。

フィルムでは、アナログ合成だと思いますが、最近はデジタル合成なので、より自然になっています。

 

その撮影方法が、映画はもちろんですが、海外ドラマでも、かなり多くの場面で使われています。

 

普通に、ロケで撮影していると思い込んでいた場所も、実はスタジオということも結構あります。

たとえ、屋外での撮影だとしても、全然違う場所になっていることも多いです。

 

今回はそう言った意外な合成シーンを、ご紹介したいと思います。

 

 

様々な場面でのグリーンバック撮影

ビル群近くの夜のシーン

さて、こちらの映像ですが、どの部分が合成されているかわかりますか?

ON AIR

f:id:c089818:20190924204049p:plain

 

賑やかな夜の街に近い、裏路地のような場所に、車が停車しています。

左の男性は、これから車に乗り込むようです。

一応、屋外で、ロケはされていますが、どの部分が合成なのでしょうか?

 

 

 

 

 

撮影時は、こんな感じです!

BEFORE

f:id:c089818:20190924204017p:plain


なんと車と男性以外は、ほぼ合成なのです。

 ここまでやるなら、実際にロケをしたほうが早いと思いますが、撮影の許可を取ったり、道路を封鎖したりといった、様々な人的、金銭的なコストが余計にかかるようです。

それなら、合成の方がよほど、安く、早いということでしょう。 

 

インタビューを避けて歩く女性

ON AIR

f:id:c089818:20190924205110p:plain

確か「アグリーベティ」だと思います。

ベティが、画面右から出てきて、インタビュアーにマイクを向けられ、顔を隠しながら歩いて行くシーンです。

 

画面は、右から左にパン(移動)して行き、最後に、ベティは左のガラスの壁にドスンとぶつかります。

 

さて、このシーンは、どこが合成でしょうか??

 

 

 

 

実はこんな感じです。

BEFORE

f:id:c089818:20190924205134p:plain

なんと、全部合成でした。

しかも、スタジオ内での撮影ですね。

屋外ですらないのです。

 

大型船の船上火災のシーン

ON AIR

f:id:c089818:20190924205615p:plain

続いてはこのシーンです。

 

奥に大型船が火災を起こしていて、消火活動をする、船やヘリコプターが見えます。

手前には多くの人々が映っています。

 

さて、どの部分が合成なのでしょうか?

 

 

 

 

撮影時はこんな感じです!

BEFORE

f:id:c089818:20190924205641p:plain

 

かなり予測がついてきたと思いますが、だいたい大きいところが全部合成です。

ここまで、グリーンバックを張るのもかなりのコストかと思いますが、本当の船舶で火災シーンを撮影するよりも楽なのでしょうね。 

 

柱の多い半屋外シーン

ON AIR

f:id:c089818:20190924210037p:plain

 

屋根のある半屋外です。

ギリシャ調の太い柱が特徴的なシーンですね。

 

そろそろフェイクで、本当にロケをしているシーンを入れようかと思いましたが、やめました。

これも合成されています。

さて、どの部分でしょう?

 

 

 

 

 

こんな感じでした。

BEFORE

f:id:c089818:20190924210132p:plain

はい、全部ですね。

かっちり、スタジオ撮影です。

これ、「合成ですよ」と予告されたからお分かりになったと思いますが、普通に観ている時は、わかるわけがありません。

太陽光代わりのライトと屋根の下を表現するひさしの影で、リアルに見えるのでしょうね。

 

何が合成されるのでしょうか?

BEFORE

f:id:c089818:20190924212141p:plain

逆の問題です。

撮影時は、殺風景な薄暗い夜の街の映像です。

 

これから「何か」が合成されるのですが、完成後のシーンには、何が入るのでしょうか?

 

 

 

 

 

どん!

ON AIR

f:id:c089818:20190924212120p:plain

正解は、大きな建物(病院)と、電車でした!

かなり、派手に見えますね。

この映像を観れば、普通にこのような電車の通っている場所で、ロケをしているのかと思います。

 

屋外シーンはどこで撮影されている?

ON AIR

f:id:c089818:20190924211616p:plain

中央の女性と男性が、手前に歩いてくるシーンです。

映像としては、人物に合わせて、手前にカメラが移動しながら撮影されています。

 

こんなに広い街中の風景なのですが、ここまで来るとお分かりと思いますが、全体的に合成なのです。

 

実際に、合成ではないのは、どの部分でしょうか??

 

 

 

 

 

 

実際の撮影時はこんな感じです。

BEFORE

f:id:c089818:20190924211657p:plain

全然、違う!

右に映っているキオスクのような露店だけが本当にあって、あとは合成です。

後ろには、スタジオの建物が映っています。

 

スタジオの敷地から出てすらいませんでした。

 

まとめ

ここまでの画像は、以下の映像からお借りしました。

 

youtu.be

 

海外ドラマを観ていると、ちょっとしたことで特殊撮影が結構行われています。

そういったシーンを見つけるのも、意外な面白さにつながるかもしれません。

 

ただ、普通に観ていると、本当に気づきません。。。

正直言って、DVDの特典映像や、番宣番組のメイキング映像などを観た時しか、気づいたことはありません。

 

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました。

 

それでは、また次回!