Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【「私の家政夫ナギサさん」】「MR」って仕事、ご存知ですか?【誤解と最近の実情】

こんにちは、あとかです♪

最近、人気の「私の家政夫ナギサさん」(TBS系 火曜ドラマ)というドラマがあります。

とても面白くて、おじさんの私にしては珍しく毎週観ています。

多部未華子さん演じる相原メイという主人公は、「MR」という職業です。

 

f:id:c089818:20200830205555p:plain

画像引用元:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/chart/

また、「ラブ アンド ドラッグ(原題:”Love and Other Drugs”)」という映画があります。

タイトルはなんとなく、いかがわしい感じですが、普通の(?)洋画です。

アン・ハサウェイが出演していて、大ヒットはしませんでしたが、そこそこ知られている映画です。

この映画はノンフィクション「涙と笑いの奮戦記 全米セールスNo1に輝いた<バイアグラ>セールスマン」を原作としています。

つまり、主役は製薬会社のセールスマンです。

 

 

現在、日本でも製薬会社のセールスマン(営業担当)の事を「MR」と呼んでいます。

 

今回は、「私の家政夫ナギサさん」でもお馴染みの製薬会社のMRという仕事の誤解と真実についてご紹介します。

 

初回投稿日:2020年1月8日
2020年8月30日に、リライトしました。

 

 

f:id:c089818:20200830204320p:plain

画像引用元:https://www.tbs.co.jp/WATANAGI_tbs/

【医療ドラマでよく見る】MRって仕事、ご存知ですか?【誤解と真実】

MRとは?

「MR」はそのまま「エムアール」と読みます。

Medical Represenntative」の頭文字を取っています。

意味は、「医薬情報担当者」です。

ざっくり言えば、製薬会社の営業担当者です。

昔の医療現場のことをご存知の方は、「プロパー」という呼称をご存知かも知れません。

医療系の映画やドラマなどでも、脇役、特に悪い存在として登場するケースが多いMRという仕事です。

昔は、確かにグレーな部分もあったと思います。

現在は、昔のイメージとは大きく異なってきていて、これ以上ないくらいクリーンな仕事になっています。

 

MRにとっての顧客とは、医師や薬剤師です。

患者さんに薬を処方する医療従事者に、良い点(効果)と悪い点(副作用)について説明することが仕事です。

では、薬学部など理系の出身者が多いかと言うと、実はそうでもありません。

文系学部出身者も、意外と多く働いています。

 

午前や午後の診療の最後の方になると、スーツを着て名札をつけた人たちが、待合室に座り始めるのを見られたことがあるかも知れません。

おそらく、それがMRさん達です。

診療の邪魔をするわけにはいきませんので、終わった後の時間帯がMRの訪問時間帯となります。 

 

「ナギサさん」でもよく登場しますが、最近はタブレットPCの画面で薬剤等の情報を提供してます。

パソコンやパンフレットを山程カバンに詰め込んだMRさんは少なくなってきているかも知れません。

 

取り扱う薬について

前述の通り、MRにとっての「顧客」とは、医師や薬剤師です。

その薬を飲む「患者」さんではありません。

また法律で、実際に服用する患者さんに直接薬の効能について紹介したり、宣伝したりすることはできません。

例えば、TVの製薬会社のCMで「〇〇の症状に、思い当たる方は病院へ」というセリフが出てくると思います。

その際には、決して薬の名前が出ないと思います。

逆に、バンバン薬の名前が出るCMがあると思います。

「バファリン」とか、「アリナミン」とか、そう言った薬です。

薬には大きく分けて2種類あります。

OTC

マツモトキヨシなどのドラッグストアや薬屋さんで、店頭販売している薬のことです。

OTCは「Over the Counter」の頭文字で、カウンター越しに販売するという意味です。

「一般用医薬品」のことで、「大衆薬」や「市販薬」と言われることもあります。

TVなどでコマーシャルを放映している薬はこのカテゴリーに当たります。

一部薬剤師がいないと販売できない種類もありますが、基本的に医師の処方箋は必要ありません。

スイッチOTC

医療用医薬品として開発された薬が、OTC医薬品に転換(スイッチ)された製品のことです。

商品名で言えば、こうアレルギー剤の「アレグラ」「アレジオン」、消炎鎮痛薬の「ロキソニン」などです。

比較的強い成分の薬と言えるかも知れません。

医療用医薬品

病院、診療所で医師の処方でのみ販売できる薬です。

基本的にMRは、この医療用医薬品について、医師に自社の薬の情報を提供するのが仕事です。

一般向けのコマーシャルなどの宣伝活動は不可です。

医療用医薬品で、例えばインフルエンザ治療薬の「タミフル」「リレンザ」「ゾフルーザ」などは聞かれたことがあるかもしれません。

これはTVのコマーシャルをご覧になったのではなく、ニュースやワイドショーを見聞きしたり,新聞・雑誌等の記事で読まれたのだと思います。

一般向け雑誌に、広告も掲載できません。 

 

昔々の製薬会社の営業

これは遥か昔の話です。

「プロパー」と呼ばれていた時代の製薬会社の営業が、医師に薬を売り込んでいました。

 

現在、薬の価格というのは、国が決めています。

それは、「薬価」と呼ばれ、我々患者は、いわゆる「定価」で処方された薬をを購入することになります。

処方薬に関しては、全国どこでも基本的に同じ価格です。

 

一方で、病院(薬局)では、もちろん仕入れ値があります。

単純に言えば、例えば100円の薬価の薬を80円で仕入れて、患者さんに売ることになります。

その際に、儲けのある薬をたくさん患者さんに処方した方が、病院側の利益が増えます。

そのため、昔は「飲めないくらい薬を出される!」という悪しきイメージがありました。

また、製薬会社同士も競争ですので、先に病院に大量に買ってもらうことで、同じようなライバルの薬を弾き出そうとします。

その際にとった作戦は「値引き」と「添付販売」です。

 

値引き販売(キックバック)

昔は製薬会社が、病院と直接仕入れ値の交渉をしていました。

例えば、100円の薬価の薬を80円で病院に買ってもらっていたとします。

営業「その薬を10000錠一度に買ってくれたら、1錠あたり10円キックバックしますよ!」と持ちかけます。

つまり、10円×10000錠=10万円です。

病院は10万円の差額が、丸々儲けとして手に入ることになります。

勿論、薬を置いていても仕方がないので、それほど必要でない患者さんにも、どんどん処方することになります。 

添付販売

値引と似ていますが、仕入れ値はそのままで、無料でおまけを納入することです。

例えば、

営業「10000錠一度に買っていただいたら、1000錠つけて納入しますよ!」

と持ちかけます。

つまりは、おまけ分は丸まる病院の利益になります。

やはり、病院にその薬が大量にありますので、不要な患者さんにも積極的に処方されることになります。

接待

昔は、相当派手だったようです。

昼間の病院で見ないけれど、夜の街では大活躍する製薬会社の営業が沢山いたと、大袈裟かも知れませんが、聞きました。

医師に、個人的に飲ませ、食わせで、仲良くなることで、薬を買ってもらう交渉していました。

趣味に付き合うことも多く、ゴルフコンペを主催したり、釣り船をチャーターして海に連れていったり、そういったこともあったそうです。

そこには、薬の詳しい説明よりも、いかに他のライバル会社より医師と仲良くなって、購入してもらうかが重要でした。 

これらのことは、実は、商取引ではよくあることです。

店頭販売では、お客さんが自分の意思で買いますので、あまりに過剰に納入しても、売れ残って、店が困ることになります。

ただ、薬の場合は、お医者さんから「この薬飲んだ方が良いよ」と言われたら、拒絶はしにくいと思います。  

f:id:c089818:20200106012632p:plain

現在の状況

現在は、ほぼ完全にクリーンになりました。

営業ということも否定されつつあり、売り上げ目標や達成の評価もされない会社も出始めています。

実際に、近年は、売り上げの目標設定や、売り上げの多寡で評価しないように、厚生労働省がガイドラインを制作を始めました。

値引き、添付販売の禁止

まず、製薬会社に病院側と価格交渉ができなくなりました。

製薬会社から直接でなく、医薬品専門の卸が、納入する価格を交渉することになりました。

MRから、具体的な値引きの話や、添付するということもできません。

接待の禁止

接待は完全に無くなりました。

業界として完全に禁止事項です。

実は、製薬業界が接待禁止を実行した後、しばらくして、街中の高級料亭等が次々と閉店しました。

それだけ、派手に接待費を使っていた業界だったということだと思います。

薬を買わせるための行為は禁止となり、実際にできないような仕組みに変わっています。

飲酒、趣味などの、病院外での付き合いはほぼゼロになっています。

そのため、昔はほとんどが男性だったものが、最近のMRという仕事では、多部未華子さんのドラマの様に、女性の人数がかなり増えています。

女性の方が真面目で、学業も優秀な方が多いので、当然のことかと思います。

 

医薬分業

また、医薬分業も進みました。

要は、病院と薬局が分かれたということです。

最近、病院に診察に行くと「薬は外にある薬局で」と案内されると思います。

医師が、無駄な薬を患者さんに大量に処方し、利益を得ないようにする仕組みでもあります。

その代わり、医師は処方箋を書くと、報酬がもらえます。

まとめ

 今回は、製薬会社の営業職であるMRについて、誤解と最近の実状についてご紹介しました。

昔は、確かにイメージの通り、悪徳セールスマンも存在していたのだと思います。

ただ、現状はかなりクリーンになっているというのが事実です。

 

医療系のドラマや映画には、時折MR(もしくは製薬会社営業)が出てくる場合があります。

流石に最近は減りましたが、昔のイメージのままのMRが暗躍するストーリーだと、少し冷めてしまいます。

MRの登場する作品では、医師でもある海堂尊さんの著作はやはり現実的なことが多いです。

 

「私の家政夫ナギサさん」の描写も、結構リアルだと思いました。

(もちろんドラマ的な誇張や演出もありますが)

次回は、いよいよ最終話ですね!

www.tbs.co.jp

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回。