あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【Googleサーチコンソール】カバレッジの「除外」の対処法【アドセンス不合格続きの方も】

f:id:c089818:20200112004639p:plain

こんにちは、あとかです♪

 ブログを書かれていると、「Googleアナリティクス」や「Googleサーチコンソール」をチラ見することが、多いかと思います。

(しっかり活用されている方は申し訳ございません。。。)

 

最近、「Googleサーチコンソール」を見直してみたところ、「カバレッジ」の中の「除外」がいつの間にか激増してしまっていました。

「除外」と言う項目は、何か問題があるのでしょうか?

カバレッジは、問題なくブログの記事がインデックス(Googleに認識)されているかということですので、「SEO」にも直結しています。

 

今回は、「Googleサーチコンソール」のカバレッジの「除外」の消し方について、自分の備忘録として書いておきたいと思います。

また、私は「Googleアドセンス」をかなり苦労して合格したのですが、現在トライされている方、苦労されている方にお役に立てそうなことも、備忘録として書いておきます。

 

Googleサーチコンソール/カバレッジの「除外」の対処法

アドセンス合格までにGoogleサーチコンソールで気になったこと

以前の記事でも書きましたが、私は20回以上Googleアドセンスの不合格通知をいただきました。

www.atoka.xyz

 

特に多かった不合格理由は「サイトの停止または利用不可」でした。 

 記事もほぼ毎日書いて、それなりの数になっていたものの、サイトが停止されているとは??と、不思議に思ったものです。

Googleサーチコンソールで、気になっていたことはありました。

それは、「インデックス」の「サイトマップ」が記事数よりもずっと少ないことでした。

つまり、私が書いた記事よりもGoogle様が認識しているページが少ないと言うことでした。

 では、認識されていないページはどこへ??  

カバレッジの内容と対応

f:id:c089818:20200111232512p:plain

GoogleSearchConsoleの左の「インデックス」の中に、「カバレッジ」はあります。

「インデックス」とはGoogleが認識しているということです。
「クロール」は見に来ただけで、「インデックス」されていません。
インデックスされていないと検索順位はおろか、検索自体に表示されません。
「カバレッジ」は、インデックスされたページの状態がどうなっているかを表示します。

f:id:c089818:20200111233340p:plain

有効

ページは正常にインデックスされています。

当然問題なしです。

エラー

ページはインデックスに登録されていません。
何らかの対処が必要です。

警告

インデックス自体は登録できていますが、問題がある場合に出現します。

特殊なので、あまり発生していないと思います。

除外 

気がつくと、この数字が膨れ上がっている時があります。

また、対処すべきもの、放っておいて良いもの、出来れば対処した方が良いものと、入り混じっているのが厄介です。 

カバレッジ「除外」の詳細と対応

「除外」に入っているページは、通常、インデックスに登録されていないページです。

つまり、ここに入っているページは、Google様からは認識されていないのです。

ただ、URLは存在しているので、クロールはしています。

Googleアドセンスを申請している場合、そのサイトの有無や判断をする場合、全ページを見てくれているわけではないそうです。

たまたま、除外のページをクロールされた場合、「このサイトはURLはあるけれど何も書かれていない」と判断され、不合格になっている可能性もあります。

 

それ以前に、Google様が何らかの理由で、「インデックス必要なし!」と判断し、「除外」しているのです。
いろいろな理由がありますが、どうやら、以下のようなことに該当しているようです。

  • インデックスに登録済みのページと重複している
  • サイトのなんらかのメカニズムによってインデックスに登録できない
  • エラー以外のなんらかの理由でインデックスに登録できない

特に対処しなくてよい項目

時間が立てば自然と消える(減っていく)項目です。

ただし、アドセンス合格を目指している方は対処された方が良いケースもあります。

後に、まとめています。

クロール済み - インデックス未登録

ページは Google様によりクロールされましたが、原因はわかりませんがインデックスには登録されていません。

Google様は、気紛れで、気難しいですね。

検出 - インデックス未登録

ページ(URL)は Google様により検出されましたが、まだクロールされていないと言うことです。

代替ページ(適切な canonical タグあり)

このページは Google が正規ページとして認識しているページと重複しているということです。
特に問題ありません。

ページにリダイレクトがあります:

URL はリダイレクトであるため、インデックスに登録されなかったということです。

意図している場合、特に対処は必要ありません。

ページ削除ツールによりブロックされました

ページは現在、URL 削除リクエストによりブロックされています。

削除を申請している場合は放置して構いません。

対処が必要な項目 

クロールエラー

「URL検査」を使用してページを取得してみて、問題が発生するかどうかを確認してください。

当然ながら、ページはインデックスに登録されていません。

重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません

このページには重複するページがあり、そのどのページも正規ページとして指定されていません。

不明な場合、「URL検査」で、Google が選択した正規 URL が表示されます。

重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました

このURL を検査すると、Google が選択した正規 URL が表示されます。

必要があれば、不要なページを削除します。

見つかりませんでした(404)

身も蓋もないのですが、「見つかりません」。

実際にURLをクリックすると、404エラーになると思います。

以前書いた記事を削除した場合にこうなります。

はてなブログでは、「下書きに戻す」をした場合もこうなります。

ちなみに、下書きに戻した記事を再アップしたときには「URL」が変わってしまいます。

元のURLは何もないページになります。

何もないページは、削除リクエストをしましょう。

法的な申し立てにより、ページが削除されました

大問題ですね。。。

文字通り、法的な申し立てによりインデックスから削除されました。

法的な対処しかないです。

 

Googleアドセンス申請、苦戦中の方に、念のための対処

URL検査

せっかく書いた記事が、インデックスされていない場合、Google様に認識されていないということになります。

「価値の低い広告枠」などの、謎の理由の場合、新しい記事でどんどん価値を高めたいですよね?

通常、放っておいても新しい記事を認識して、勝手にインデックスされますが、できるだけ早く登録されるようにリクエストしておきましょう。

 

f:id:c089818:20200112002907p:plain

「URL検査」から入り、上の検索窓にインデックス登録したいパージのURLを記入します。

右下の「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

f:id:c089818:20200112003124p:plain

(スクリーンショットは、登録済みのURLの画面です)

リクエストをしたからと言って、すぐにはインデックス登録されません。

数日かかりますし、場合によっては登録されないこともあります。

それでもリクエストしなおすと何事もなかったように、すぐに登録になったりもします。

Google様は、本当に、ツンデレです。

 

削除リクエスト

削除した記事、下書きに戻した記事で、中身が存在しないURLについては、Google様の認識から削除しましょう。

そうしないと、Google様が空っぽのページを見て、「価値が低い」と判断されかねませんので。

私は、アドセンス申請中に、20ページ以上の記事を下書きに戻しましたので、それが連続不合格につながったのでは?と疑っています。

何もないページは、削除リクエストをしましょう。

これも全てリクエストが通るわけではありません。

 

support.google.com

 

まとめ

今回は、Googleサーチコンソールのカバレッジ「除外」の対処法についてまとめてみました。

「Googleサーチコンソール」や「Googleアナリティクス」を眺めるのは結構好きなのですが、よくわからないことは相変わらず膨大です。

 

細かくチェックすれば、せっかく書いた記事がGoogle様に認識され、検索上位も夢ではないかも知れません。

もっと言えば、あの「Google砲」だって、有効なインデックスされないと始まりません。

 

以前、Googleアドセンスの不合格が続いた時ほど、真剣に向き合ってはいない気がしますが、今回はサーチコンソールをあらためて見直してみました。

私同様、アドセンス申請にご苦労されている方に、経験談として、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。