あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【おすすめ5選】是非、吹き替えで観て欲しい海外ドラマ【2019年版】

この記事をシェアする

こんにちは、あとかです♪

 

さて、今回は、是非吹替で観て欲しい、おすすめ海外ドラマをご紹介します。

もちろん字幕でも面白いのですが、吹き替えの方が、より楽しめる可能性のある作品についてご紹介したいと思います。

 

 

吹き替えで観て欲しい海外ドラマ5選

吹き替えであることの面白さについて、このようなポイントで5つのドラマをご紹介しています。

あくまでも個人の感想です。

また、現在でもレンタルDVDやVODでも、簡単に視聴いただけるドラマに限っています。

作品自体の面白さ     
吹き替えならではの良さ  
このキャラクター に注目!

 

①エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

継続シーズン       6(シーズン7がファイナルの予定)
作品自体の面白さ     ⭐️⭐️⭐️⭐️
吹替えならではの良さ   ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️     
このキャラクター に注目!  ホームズ(三木眞一郎さん)、ワトソン(田中敦子さん)

いきなり個人的な好みで恐縮ですが、何より、主演の二人の声が良いのです。

前にも書いたのですが、このドラマの音声だけでも、ずっと聞いていられます。

 ホームズというキャラクターは、とても難しいと思います。

屈折していて、冷たくもあり、熱いところもあり、それでいてワトソンにだけは友情(愛情?)をみせるという、その全ての感情を内包しているのが三木眞一郎さんだと思います。

ワトソン役のルーシー・リューのCVは固定されておらず、様々な方が当てられています。

田中敦子さんは、このドラマでしか担当されていないと思いますが、私にとっては当たり役です。

また、ホームズはかなり早口ですが、吹替えであれば、すべてのセリフが伝わっていると思います。

f:id:c089818:20190929232708p:plain

引用元:https://dlife.disney.co.jp/program/drama/elementary_s3.html

CSIマイアミ

継続シーズン       10(完結済み)
作品自体の面白さ     ⭐️⭐️⭐️
吹替えならではの良さ   ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️     
このキャラクター に注目!  ホレイショ・ケイン(石塚 運昇さん)

何と言っても、主人公ホレイショの石塚運昇さんの声が、めちゃくちゃカッコいいのです。

ホレイショ役のデヴィッド・カルーソさんは、結構背が低くて、よく観ると可愛らしい顔なのですが、マフィアやテロリストからも一目置かれ、恐れらているという設定なのです。

それに説得力があるのは石塚さんの低い声のおかげでもあると思います。

CSI」なので、当然科学分析官なのですが、毎回事件現場にいて、銃撃戦もバンバンします。

また、必ず決め台詞をいうシーンがあるのです。それがまた良いのです。

機会があれば、1話だけでも観て、ホレイショの声を聞いてみてください。

ホレイショの台詞を聞くためにストーリーがあると言っても、過言ではありません。

(完全に過言です)

 

f:id:c089818:20190929232759p:plain

引用元:https://www.axn.co.jp/programs/csimiami

 

BONES

継続シーズン       12(完結済み)
作品自体の面白さ     ⭐️⭐️⭐️⭐️
吹替えならではの良さ   ⭐️⭐️⭐️⭐️     
このキャラクター に注目! カミール・サローヤン高橋理恵子さん)

全体的にCVはハマっています。

特に、またも個人的な好みですが、カミール・サローヤン役の高橋理恵子さんの声が素敵です。

f:id:c089818:20190929232940p:plain

引用元:https://video.foxjapan.com/tv/bones/s10/#cast

 

ジェファソニアン研究所のトップとしての威厳のあるキツめの口調から、娘や仲間に個人的なことで話しかける時の優しい声まで、とても良いです。

またアンジェラ役の北西純子さんの声も印象的ですし、主役のブレナン役の湯屋敦子さん、ブース役の木下浩之さんは、いくつもの主演を持っている方なので安心です。

BONES」というドラマは、犯罪ミステリーものではありますが、ほとんどが登場人物同士の日常の会話劇が中心にストーリーが展開します。

特に、後半のシーズンは、事件と無関係の会話の合間に、捜査している状態です。

それらの会話劇に耐え得る、主要メンバー全員のCVに安定感があります。

f:id:c089818:20190929233140p:plain

引用元https://dlife.disney.co.jp/program/drama/bones_s12.html

プリズンブレイク

継続シーズン       5(完結済み)
作品自体の面白さ     ⭐️⭐️⭐️
吹替えならではの良さ   ⭐️⭐️⭐️⭐️     
このキャラクター に注目! セオドア・バッグウェル(若本規夫さん)

このドラマ自体、若槻さんが、「全部持っていている」と言っても過言ではありません。

誰もが知るベテラン声優さんですが、この超悪人役で新たな魅力をまざまざと見せつけられました。

そもそも、プリズンブレイク自体も、ティーバッグことセオドア・バッグウェルの人気が主役を食う勢いで、最後まで出続けました。

本当にただの卑劣で良いところもない完全な悪人なのですが、不思議と魅力的なのです。

f:id:c089818:20190929233421p:plain

引用元:https://www.axn.co.jp/programs/prisonbreak/episodes/04_007

主役のマイケル役は、東地宏樹さんです。

低くて本当に良い声ですが、若本さんには食われます。。。

 

私自身は全シーズン観て、このドラマはシーズン1だけでも、面白さを満喫するには十分とは思っています。

プリズン(牢獄)をブレイク(破る)するシーンは、タイトルに合わせるためにシーズン2以降もそれなりに出てきます。

ただ、プリズンをブレイクする本当の面白さはシーズン1だけで十分です。

余力があれば全シーズンご視聴ください。

f:id:c089818:20190929233253p:plain

引用元:http://www.ntv.co.jp/pb/

ライ・トゥ・ミー

継続シーズン       3(完結済み)
作品自体の面白さ     ⭐️⭐️
吹替えならではの良さ   ⭐️⭐️⭐️⭐️     
このキャラクター に注目! カル・ライトマン平田広明さん)

 私はこのドラマが好きだったのですが、わずかシーズン3で打ち切りになりました。

ただ、このドラマの魅力は、ほぼ主役のカル・ライトマンに集中していたため、仕方がない部分もあります。

他のキャラクターでなかなか太刀打ちできない上、主人公自体に感情移入しにくい部分もあるのが、続かなかった原因かもと、勝手に考えています。

ただ、ティム・ロスの演技と、平田広明さんの声は、ものすごい親和性の高さです。

平田さんと言えば、ジョニー・デップが有名ですが、ある意味このカル・ライトマンもそれ以上になり得たと思っています。

 ドラマ自体が続いていれば。。。

f:id:c089818:20190929233649p:plain

引用元:https://tv.eiga.com/series/Lietome/

まとめ

完全に私の主観です。 

是非、吹き替えで見て欲しい海外ドラマ 
①エレメンタリー  ホームズ&ワトソンin NY
CSIマイアミ
BONES
プリズンブレイク
ライ・トゥ・ミー 
※この10年以内に放送されていたもので、レンタルDVDやVODでもご視聴いただけそうな作品から選びました。

 

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました!

 

それでは、また次回!