Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【簡単なSEO対策】個人ブログのGoogle検索上位の記事の特徴とは?【サーチコンソール】

こんにちは、あとかです♪

ブログ開設から1年を超えました。

ありがたいことに、このブログはGoogleやYahoo!からの検索流入の割合が比較的高く、記事を更新しない日でも、それなりの訪問をいただいています。

ブログを開始する前に思っていた以上の結果です。

正直言って、私自身、検索上位になることを意識して、記事を書くことはありません。

と言うより、そもそもの知識、経験、能力的にできません。

 事前で意識していることと言えば、ただ、タイトルと読み応えのあるボリュームに気を使うことくらいです。

 

今年5月のGoogleコアアップデートで、個人ブログの記事が企業や公式サイト比べて軒並み検索順位が落ちたと聞きました。 

私自身は大した検索数でないこともあり、それほど影響を受けていません。

相変わらず検索上位の記事はそのままで、他の記事も少しずつ上がってきている気がします。

では、何故、それらの記事は検索上位に上がってきたのでしょうか?

正直言って、自分でもよくわかっていません。

最近放置していましたが、Googleサーチコンソールで検証してみると、少し見えてきた部分がありました。

 

今回は、【簡単なSEO対策】個人ブログのGoogle検索上位の記事の特徴とは?【Googleサーチコンソール】について、ご紹介します。

 あくまでも個人の感想ですので、参考程度にお読みください。

 

f:id:c089818:20200801003412p:plain

【SEO対策】個人ブログのGoogle検索上位の記事の特徴って?

検索流入の確認方法

はてなブログでは「アクセス解析」で直近1000軒のアクセスについて確認できます。

Googleアナリティクスでは、期間を指定してみられますので便利です。

「Googleアナリティクス」→「集客」→「概要」→「上位のチャネル」など

(2020年7月1日〜7月30日)

f:id:c089818:20200801000112p:plain

グラフにある、「Organic Search」が検索流入にあたります。

検索流入が多いと、当然PVも上昇し、アフィリエイトやGoogleアドセンスを利用している方は「収益」にもつながりやすくなります。

私のブログは80%以上の訪問者が、検索流入から来ていただいています。

何らかのキーワードがうまく引っかかって、検索からこのブログを見つけてもらっているようです。

確かに検索すると、上位に表示される記事がいくつかあります。

ただ、何故その記事が上位に来ているのか?はよくわかりません。

検索順位の現状と、上位記事の特徴について改めて検証してみたいと思います。

 

平均検索順位の推移 :Googleサーチコンソール

久しぶりに、Googleサーチコンソールで遊んでみました。

「Googleサーチコンソール」→「検索結果」→期間選択

合計クリック数:文字通り、検索して実際にクリックされた回数です。

合計表示回数:検索画面にスクロールも含む、実際に画面に表示された回数です。

平均CTR:表示された中で、実際にどれだけクリックされたかの割合です。

平均掲載順位:検索した場合に記事が表示された順位の平均値です。当然、1位に近い方がクリックされる可能性が高くなります。

ブログ開設当初の1ヶ月

(2019年7月30日〜8月31日)

f:id:c089818:20200731214850p:plain

 

ブログ開設当初の1ヶ月。

平均検索順位は70.8、表示回数も158回でした。

この時点で、普通ならクリックされるところまでは厳しいと思います。

実際に、合計クリック数は5でした。

覚えていませんが、この5回も、もしかしたら自分で検索して試しにクリックしたのかも知れません。 

最近の1ヶ月

(2020年7月1日〜7月30日)

f:id:c089818:20200731214908p:plain

 この1年で、記事数が増えているので、検索で表示される回数も増えました。

直近の1ヶ月間で、検索表示回数は17.8万回。

その内、1.21万回クリックされ、訪問につながっています。

つまり、検索結果からのクリック率は6.8%でした。

 平均掲載順位は、14.2です。

実は、私自身これが良いのか悪いのか良くわかりません。

検索されて表示される記事の平均順位なので、どうなんでしょうか?

皆さんの数字と比べてみて、どんな感じなのか、参考になれば幸いです。

検索されている上位の記事とその特徴

最近、検索されて読まれている記事です。

「Googleサーチコンソール」→「検索結果」→期間選択→「クエリ」「ページ」

(2020年7月1日〜7月30日)

「クエリ」:検索キーワードと、その場合のクリック数と掲載順位がわかります。

f:id:c089818:20200731221833p:plain

「ページ」:記事のURLで、クリック数の順位です。

f:id:c089818:20200731214214p:plain

1位/【探偵!ナイトスクープ】大人も泣ける感動の「神回」まとめ/イラスト:sai.さん

  • 表示回数:8194
  • クリック数:1288
  • CTR:15.7%
  • 平均検索順位:5.9

www.atoka.xyz

 

1年を通しても、このブログ内で、PV上位に入っている記事です。

いつの間にか、最近、 検索流入数でもトップの記事になっていました。

ご覧の通り、仲良くしていただいているブログ同期のSai. (id:sai_kurashi) さんにイラストを提供いただいています。

「ナイトスクープ 感動」や「ナイトスクープ 神回」と言う検索をすると結構多くの記事が表示されます。

その中で、Sai.さんのイラストによるアイキャッチ画像は、何よりも目を引きます。

たとえアイキャッチ画像が表示されなくても、記事タイトルに「イラスト:Sai. さん」と入れていることで、差別化になっています。

他の記事にイラストで紹介されている記事は圧倒的に少ないと思います。

POINT

ライバルの多い人気の検索キーワードでも、魅力的なアイキャッチ画像やイラストで差別化

 

2位/【みんな大好き】サンドウィッチマン伊達さんの「カロリーゼロ理論」まとめ

  •  表示回数:15625
  • クリック数:1209
  • CTR:7.7%
  • 平均検索順位:4.3

www.atoka.xyz

 検索されて表示されている回数がとても多い記事です。

「カロリーゼロ理論」で検索されています。

当然ライバルも多いのですが、記事の文字数が比較的多かったのがクリックにつながったのかも知れません。

検索順位で4.3なので、ほとんど検索した画面にそのまま表維持されています。

POINT

まとめ記事なら、文字数や情報のボリュームが多い方が検索上位に来やすい

 

3位/【2020年】Twitter(ツイッター)を始めてみました。【初心者でもわかる始め方と基本操作】

  • 表示回数:13132
  • クリック数:1133
  • CTR:8.6%
  • 平均検索順位:6.8 

www.atoka.xyz

 この記事は、1月5日に投稿した後、春くらいからずっと検索されています。

 最初の1ヶ月は30〜50位くらいの検索順位でしたが、2月28日に8.9となり、その後一桁が続いています。

5月5日前後のGoogleコアアップデートの影響を受けたのか、一瞬検索順位が落ちたように見えますが、すぐに回復しています。

f:id:c089818:20200731231629p:plain

 おそらく「〇〇始めました」の記事はフレッシュな方が読まれると思います。

私自身も、何か新しいことに挑戦するためにGoogle検索した際は、1年前の記事よりも1ヶ月前の記事の方を選ぶと思います。

最新情報が含まれている気がするし、メンテナンスされていると感じるからです。

そのため、この記事は全記事の中で最もリライト、追記しています。

 

POINT

「〇〇始めました」系の記事は「2020年」など、最新情報であることを伝えるキーワードを入れること

 

4位/【「AI手塚治虫」が描いた漫画】「ぱいどん」を読んでみた感想と「AI美空ひばり」

  • 表示回数:12892
  • クリック数:810
  • CTR:6.3%
  • 平均検索順位:6.9 

www.atoka.xyz

2020年3月に雑誌に掲載された「 AIに手塚治虫の漫画を描かせたらどうなるか?」と言う、テーマ自体とても興味深いプロジェクトです。

そのため、今でも時折、TV番組や雑誌で取り上げられています。

そこで、「ぱいどん」や「AI手塚治虫」で検索されているようです。

この記事の検索順位は6.7ですが、他の上位記事は主に公式サイトやツイッターです。

感想記事は意外と上位には少ない印象です。

テーマは興味深いものの、実際に「ぱいどん」自体を読んだ方が意外と少なかったのかも知れません。

また、昨年末の紅白歌合戦で放送された「AI美空ひばり」と絡めたのが差別化になったのかも知れません。

POINT

面白そうな話題の「感想記事」は、早めに投稿する方が有利に。

 

5位/【海外ドラマ】「Fleabag /フリーバッグ 」を今観ておくべき3つの理由【Amazonオリジナル】

  • 表示回数:14305
  • クリック数:721
  • CTR:5%
  • 平均検索順位:10.2

www.atoka.xyz

検索順位自体は10で、それほどではありませんが、表示回数が多いのが特徴です。

それだけ「フリーバッグ」と言うAmazonプライムビデオのオリジナル海外ドラマが注目されていると言うことなのかも知れません。

映画や海外ドラマは、私自身が観て、面白かったものだけレビュー記事にしています。

つまらないとか、批判的な記事は出来るだけ書かないつもりです。

そのため、観たけれど記事にできなかった作品が結構あります。

また、基本的にネタバレしないように書いています。

理由は、読んだ方にも「是非、観て欲しい」と思って書いているからです。

「あとかが勧めるなら、興味はなかったけれど試しにちょっと観てみようかな」とか感じてもらえたら、何より嬉しいです。

もう一方で、すでに観たことがある方にも「あー、わかる!」と言ってもらえる部分も入れるように意識しています。

 

POINT

エンタメのレビュー記事は、観た人、観ていない人両方に向けて書く。

 

番外編/【海外ドラマねた】意外過ぎる降板理由BEST5

  • 表示回数:1712
  • クリック数:660
  • CTR:38.6%
  • 平均検索順位:5.5

www.atoka.xyz

 昨年の10月に書いた記事が、いつの間にか、最近の検索流入数6位に入っていました。

実は検索表示回数自体はたいしたことがないのですが、驚異的なクリック率(CTR)38.6%です。

検索した人の4割ほどの方が私の記事に訪問いただいています。

実は、全く理由がわかりません。

「メジャークライムス シャロン 降板 理由」と言うキーワードで検索されているようです。

シャロンとは、「メジャークライムス」と言う海外ドラマの主人公で、最終話まで残りわずかの時点で降板しています。

そこまで観た人が、びっくりして検索しているのかも知れません。

そう考えると、確かに自分も初めて観たときは検索したかも?と思いました。

 

POINT

やっぱり、自分が読みたいと思う記事を書くこと。

まとめ

今回は、【SEO対策】個人ブログのGoogle検索上位の記事の特徴って?【Googleサーチコンソール】について、ご紹介しました。

①ライバルの多い人気の検索キーワードでも、魅力的なアイキャッチ画像やイラストで差別化。

②まとめ記事なら、文字数や情報のボリュームが多い方が検索上位に来やすい

③「〇〇始めました」系の記事は「2020年」など、最新情報であることを伝えるキーワードを入れること

④面白そうな話題の「感想記事」は、早めに投稿する方が有利。

⑤エンタメのレビュー記事は、観た人、観ていない人両方に向けて書く。

⑥やっぱり、自分が読みたいと思う記事を書くこと。

そもそも投稿前に検索上位を狙って記事を書いているわけではなく、後から考えてみると、こう言う理由かな?という程度の分析です。

それでも、皆様の何かの参考になれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。