Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【外出自粛の今】自宅でゆる〜く笑える「内村さまぁ〜ず」がおすすめ!【Amazonプライム】

こんにちは、あとかです♪

私は、Amazonプライムビデオに加入して3年になります。 

数あるネットのVODサービスで、Amazonプライムを選択した理由はいくつかあります。

中でも、特に大きな理由は「内村さまぁ〜ず(SECOND)」の最新話が独占配信されることです。

地上波のTVでも全国各地で放送されていて、DVD化もされていますが、最初の配信からは、かなり遅れています。

 

今回は、屋外での活動自粛の今、自宅でゆる〜く笑える「内村さまぁ〜ず 」について、ご紹介します。

 

 

f:id:c089818:20200407223434p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

 

【外出自粛の今】自宅でゆる〜く笑える「内村さまぁ〜ず」がおすすめ!

「内村さまぁ〜ず」とは

「内村さまぁ〜ず(以下「内さま」)」は、内村光良、さまぁ〜ずの二人(三村マサカズ、大竹一樹)に、毎回ゲストMCを迎えて、様々な企画を実行する番組です

「内村さまぁ〜ず」の公式ホームページに、この番組の内容について的確に書かれています。

内村光良&さまぁ〜ずがゲスト芸人達の持ち込み企画にゆる〜く頑張る!

 独特の行き当たりばったりの笑いから大爆笑へと連鎖する!

 

2006年に「ミランカ」と言う動画配信ポータルサイトで、インターネット番組として始まりました。

その後、ミランカ自体が終了となり、独自の公式ホームページ最新話のみ配信したり、他の配信先を模索した時期がありました。

現在は、Amazonプライムビデオで最新話と、過去作のアーカイブが全て視聴できます。

ちなみに、最新話の配信は、隔週月曜日の昼の12時です。

 

本番組の前身と言える、「内村プロデュース(以下、「内P」)」(テレビ朝日系列)の第1回放送から観続けている大ファンです。

内Pでは、内村さんの他、ふかわりょう、三村マサカズがレギュラー、大竹一樹は、何故か最終回まで準レギュラー扱いでした。

確か、当時放送されていた「ウッチャンナンチャンのウリナリ」では、大竹のみレギュラーだったため、バランスを取った措置だったと記憶しています。

 

内P時代は、内村が絶対的なトップで、後の芸人は下の立場でしたが、「内さま」では内村とさま〜ずは併立という立場です。

3人はとても仲が良く、この番組を続ける理由は、「打ち上げで飲みにいくため」と番組内でも明言しています。

 

そう言ったスタンスの番組のせいか、圧倒的に面白い回がある代わりに、正直「そうでもない回」もあります。

出演者が言う「谷の回」です。

そこも踏まえて、楽しめる番組です。

 

シリーズ化されている人気企画

色々な名物企画がありますが、やはりシリーズ化している企画は面白いものが多いです。

 

はしご旅シリーズ:ゲストMC ビビる 大木

f:id:c089818:20200407230617p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

タイトル通り、様々な場所を3〜4箇所はしごして、それぞれを採点していくという企画です。

喫茶店、定食屋、銭湯など比較的普通の訪問先を始め、最近は「雑居ビル」「今年で閉店する店」など特殊な場所をはしごしています。

 

この企画は内さまの3人が、本当に面倒くさがっていることが、まず面白い点です。

スタジオなどで、一箇所での収録がベストで、「(外を出歩くなんて)今日は、そのつもりで、家出てきてない!」と文句を言います。

 

実際に採点ボードに星をつけて行きますが、内さま3人は、気を使って、お店全部が同じ点数になるように「調整」します。

また、お店に訪問する前に「どう言ったこだわりがありますか?」と大木が内さま3人から聴き出します。

その上で、「このお店には内村さんのこだわっている●●がありませんね!」と、店主にチクるがお約束です。

それを受けた内村さんが「(ビビる大木は)最近、評判が悪い」と苦言を呈すところまでがセットです。

ここが見どころ!

内さま3人と、ビビる大木のせめぎ合い

 

 東MAXランドシリーズ:ゲストMC 東貴博

f:id:c089818:20200407230241p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

「これができたらとっぱらい」に始まり、「東MAXランド」となり、その後時代や流行に合わせて名称が変わりました。

「東MAX御殿」や、USJにちなんだ「東MAXスタジオ(ジャパン)」など毎回流行などによって名称を変えていますが、内さまの3人は常に「ランド」と呼んでいます。

 基本はTake2の東貴博と内さまが対決し、勝てば取っ払いの賞金や商品をゲットできるという企画です。

東自体が本当に強い対決競技もあります。

ただ、大抵は強引なルール変更など、あの手この手で最終的に内さまが勝てないようになっています。

最近観ない、東の札束で額の汗を拭く金持ちネタは、いまだにここで観られます。

「下町のプリンス」との呼び名もここだけです。

奥さんの安めぐみネタも、内さま3人の「内P」からの繋がりを思い出して、楽しいです。

当時の、「ずんのやす」の言い方で、「めぐのやす!」が懐かしいです。

ちなみに、内Pの最終回のゲストは、安めぐみさんでした。

ここが見どころ!

ズルをされなくても、本当にあっさり負けてしまう老化が進んだ最近の内さま3人

 

 詳しくはこちらの記事で↓

www.atoka.xyz

 

大自然クイズシリーズ:ゲストMC 複数 

f:id:c089818:20200407230956p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

内さま3人が、本当に大好きな企画です。

ただ3人で、「本気のクイズに答え続けるだけ」の企画です。

何が「大自然」かと言うと、まず屋外(海辺が多い)でライトなしで撮影し、日が暮れて暗くなったらタイムアップとなります。

その時点で、クイズの点数が多い人が優勝で、ビリになったらその後の打ち上げ代を手出しするルールです。

暗くなって撮影が厳しくなった場合の奥の手の「ゲインをあげる」というのは、この企画で知りました。

ここが見どころ!

「マニア10!」

 

 詳しくはこちら↓

www.atoka.xyz

 

人間ドック企画:ゲストMC 複数

f:id:c089818:20200407231308p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

毎年、年末に配信される恒例企画。

内さま3人とゲストMCが人間ドックを受診して、その結果を発表するだけ、なのですが、発表の仕方が毎回凝っています。

ボードによるめくりが基本ではありますが、(病名)神経衰弱は、出演者の本気のショックと怒りを見ることができます。

ずーっと実施している企画なので、発表方法のネタ切れ感と内さま3人の加齢に伴うこっちの本気の心配が、年々厳しくはなってきています。

ただ、毎回、お腹が痛くなるほど笑えます。

初めて「肺が…」のくだりを観た時の、破壊力は忘れられません。

過去のアーカイブで全部の人間ドック企画を観られるだけでも、個人的にはAmazonPrimeに加入している価値があります。

ここが見どころ!

毎回、名言の宝庫です。

お約束は、検査結果に心配となった内さまが先生に詰め寄るシーンです。

 

 詳しくはこちら↓

www.atoka.xyz

超優しい陸上競技大会シリーズ:ゲストMC 岡田圭右

f:id:c089818:20200407231707p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

隠れた名作です。

初老どころか全員50歳代になった内さま3人のために、無理をしない陸上競技に挑戦する企画です。

「無理しない」というのが、競技直後に顔の前に紙テープを垂れ下げて、息が乱れて揺れないかだけを基準にしています。

そのため、運動の直後にしばらく息を止めないといけないという、「逆に結構苦しいのでは?」ということになっています。

そういった、「優しい」配慮との矛盾を楽しむ企画でもあります。

私はこの企画で数ある競技の中でも、「野球」が一番好きです。

ここが見どころ!

「無理をしない」というテーマが度を超えてきているのにもかかわらず、毎回誰かがどこかを痛めます。 

まとめ

今回は、外出自粛の今、自宅でゆる〜く笑える「内村さまぁ〜ず」についてご紹介しました。

「内村さまぁ〜ず」はこんな方におすすめ!
●内村プロデュースが好きだった方は、絶対ハマります。
●さまぁ〜ず×さまぁ〜ずなど、最近のさまぁ〜ず、内村さんの番組を観ている方
●まったりとした笑いが好きな方

 

今回ご紹介していませんが、他にも、色々な企画があります。

初期の企画の「ムチャするぜ(ゲストMC:天野ひろゆき)」シリーズや、鳥居みゆきさんの企画も独特で好きです。 

出川哲郎さんがゲストMC の回は鉄板で爆笑します。

 

地上波でも放送されているところもありますが、30分ごとに分割して編集されています。

Amazonプライムビデオは、基本は1企画1本です。

(海外企画や大自然クイズなどは、複数話にかかることもあります)

もし、Amazonプライム会員で、「内さま」未視聴の方は、是非一度ご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。

 

読者登録いただける方は、是非こちらをお願いします⇩