あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【Google MAP】ストリートビューで、個人的に懐かしい場所を訪ねてみる

f:id:c089818:20200105205456p:plain

こんにちは、あとかです♪

私は、父親の転勤で、20歳になるまでに、関西〜関東〜九州の引っ越ししました。

 

生まれた場所、小学校〜中学校、高校時代とそれぞれ違う土地です。

今は、それぞれの場所のどこにも遠い居場所に住んでいます。

そのため、今現在どうなっているか、全くわかりません。

 

そこで、今回は、GoogleMapのストリートビューで、個人的にの懐かしい場所を訪ねてみたいと思います。 

 

GoogleMapのストリートビューとは

「Google Maps(グーグルマップ)」は、Googleの提供する地図アプリです。

パソコンでも、スマホのアプリでも観ることができます。

その中で、ストリートビューでは、地図上で指定した場所(道路上や屋内施設)からの風景を360度パノラマビューで見ることができます。

道路を移動しながら視点を変えて観ることもできますので、その周辺を見回しながら、歩いているような気分にもなれます。

 

360°撮影しながら走る車や、登山道などは人間がカメラを背負って撮影するそうです。

以前に比べると、かなり見られる箇所が増えています。

ストリートビューの見方

①「GoogleMap」と検索

f:id:c089818:20200105195523p:plain

 ②人の形のアイコンを見たい道に移動

吊り下げられて、ブランブランするのが可愛いです。

f:id:c089818:20200105195943p:plain

③その場所を360°見られます。

(例:渋谷駅前スクランブル交差点。)

f:id:c089818:20200105200403p:plain

自分の懐かしい場所を訪れてみる

生まれた場所〜幼少期

自分が生まれた病院を探しましたが、どうやら閉院してしまっていました。

幼児の頃、遊んでいた公園です。

ずいぶん変わっているようで、記憶と全然マッチしません。

f:id:c089818:20200105201036p:plain

小学校

通っていた小学校です。

ほとんど変わって見えません。

f:id:c089818:20200105201449p:plain

 

当時住んでいた家までの通学路も、ストリートビューで辿れます。

低学年の頃、結構辛かった長い階段は、やっぱり今見ても果てしなく遠く感じます。

f:id:c089818:20200105201622p:plain

 

中学校

通っていた中学校のはずですが、一部建て替わっているようで、記憶と少し違います。

f:id:c089818:20200105201940p:plain

高校時代

高校に関しては、完全に建て替わっています。。。

母校と感じられません。

f:id:c089818:20200105202215p:plain

祖父母の家

既に亡くなっていて今は誰も住んでいませんが、祖父母の住んでいた家です。

かなりの田舎ですが、ちゃんと撮影してくれていました。

f:id:c089818:20200105202711p:plain

小学校時代の親友の住んでいた団地

親友とは、写っている壁を使って軟式ボールで壁あてをしていました。

今の子供たちは、今でもやっているのでしょうか?

ただ、今この場所を見ると、がっつり車道です。

当時は車も少なかったのかもしれません。

f:id:c089818:20200105203110p:plain

高校時代の友人が免許を取って初めてドライブした道

福岡県の海の中道です。奥に見えるのは志賀島(しかのしま)です。

f:id:c089818:20200105203821p:plain

通っていた自動車教習所

免許取得以来1度も訪れていません。 

この教習所を出てすぐに、線路が何線もある大きな踏切があって、路上教習がいつも辛かった思い出があります。

今現在、その踏切は、線路が高架になって、無くなっていました。

f:id:c089818:20200105204024p:plain

 

まとめ

今回は、超個人的な、思い出巡りでした。

以前に比べると、かなりの田舎や細い路地にもストリートビューの撮影車が入っているようです。

皆様も、気になる思い出の場所があれば、一度見てみるのはいかがでしょうか?

私は、思いつくままに何時間も見てしまいました。。。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。