Web
Analytics

あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことやブログのこと、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【週末気楽に観られる】ジャッキー・チェンおすすめ映画BEST5

こんにちは、あとかです♪

年末年始で映画、観られましたか?

ジャッキー・チェンという俳優をご存知ですか?

私の世代は当たり前に知っていますが、若い方は「誰?」という感じでしょうね。

 

今回は、若い方にも知って欲しい、ジャッキー・チェンのオススメ映画BEST5をご紹介します。

知っている方は改めて観ていただくきっかけに、ご存知ない方は少しでも興味をお持ちいただけたら嬉しいです。

ジャッキー・チェンとは?

f:id:c089818:20200104011306p:plain

引用元:http://www.jackiechan.com/gallery/honorary-oscar-award/jc-oscars/

ジェッキー・チェンは、1954年、当時イギリス領だった香港生まれです。

7歳から約10年間、中国戯劇学院にて京劇や中国武術を学び、そこでのちの盟友となるサモ・ハン・キンポーやユン・ピョウとも出会っています。

 

カンフー映画で、まず世界的に有名になったのは、「ブルース・リー」です。

そのブルース・リーは謎の突然死で後継者として登場したのが、ジャッキー・チェンです。

監督、脚本を自ら手掛け、主演として、スタントなしで危険なアクションシーンもこなします。

真面目でストイックなリーと比較し、ジャッキーはカンフーに「動きの笑い」の要素を加えて、新たなカンフー映画を世界に示しました。

動きの笑いについては、チャップリンの無声映画の影響を受けているそうです。

日本語の吹き替えは、石丸博也さん

ジャッキー本人の声よりも、記憶に残っています。

(そもそも当時の香港映画自体、すべて吹き替えだったそうで、言語版を観ても、ジャッキー本人の声でもありません。)

おまけとして、スタッフロールでのNGシーン集はお約束です。

ディズニーピクサーの「モンスターズインク」でパロディになっていました。

アニメなのに、NG集というやつです。

 

ジャッキー・チェンおすすめ映画BEST5

プロジェクトA

f:id:c089818:20200103235915p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

監督・脚本: ジャッキー・チェン
出演者 ジャッキー・チェン/サモ・ハン・キンポー/ユン・ピョウ
音楽 マイケル・ライ
主題歌 ジャッキー・チェン

香港公開:1983年
日本公開:1984年

みどころ

定番中の定番ですが、やっぱり面白いです。

続編の「プロジェクトA2」も良いですが、やはりまずは第1作を推します。

細い路地を自転車に乗って猛スピードで走りながらのアクションや、高い時計台からの落下シーン、至近距離からの大爆破シーンなど、見所満載です。

何よりも、ジャッキー、サモ・ハン、ユンピョウ揃っての出演作です。

1900年代イギリス植民地下の香港という時代設定も絶妙で、海賊が登場したり、イギリスとの密接な関係があり、アジア人以外も多く出演しているので、国際色が豊かに感じます。

子供でもわかるすごいアクションシーンで、CGヤワイヤーアクションを、一切使っていません。

NGシーンでは、時計台から1度ではなく、本当に何度も落下して撮影していることが伺えます。

小学生の息子に観せてみましたが、すぐに夢中になりました。

 

ラッシュアワー

f:id:c089818:20200104001302p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ
監督 ブレット・ラトナー
脚本 ジム・コーフ/ロス・ラマンナ
出演者 ジャッキー・チェン/クリス・タッカー
音楽 ラロ・シフリン
アメリカ公開: 1998年
日本公開: 1999年
上映時間 97分

みどころ

ジャッキー・チェン出演のハリウッド映画で、初の大ヒット作と言って良いと思います。

その証拠に続編が2作も製作され、「ラッシュアワー3」には、日本から真田広之さんも出演しています。

ジャッキー本人は、この映画をそれほど気に入っていないようですが、とてもよくできています。

(確かにジャッキーの監督作と比較すると、アクションは緩いです)

多弁で陽気なクリス・タッカーと、寡黙で生真面目なジャッキーというややステレオタイプな部分も無きにしもあらずですが、シンプルに面白い映画です。

あまり難しいことを考えず、最初から最後まで笑って観られます。

ハリウッド映画ですが、ちゃんとNGシーン集が入っているのも好印象です。

 

ポリス・ストーリー/香港国際警察

f:id:c089818:20200104002603p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

監督、脚本:ジャッキー・チェン
出演者 ジャッキー・チェン/ブリジット・リン/マギー・チャン/トン・ピョウ
音楽 マイケル・ライ
香港/日本 同時公開:1985年

みどころ

「プロジェクトA」と並んで、ジャッキーの代表作で、続編や多くのスピンオフも製作されています。

警察官を主人公とした現代劇であり、やや真面目なストーリー展開です。

それだけに真剣なアクションシーンが多く、ハラハラ度は高いです。

カンフーアクションが中心ですが、警察らしくガンアクションが多いのも特徴です。

女優さんたちにも、かなりのアクションを科されていて、痛そうなシーンも多いです。

本作では、ジャッキーのデパートの高層階からのアクションがクライマックスです。

ベストキッド

f:id:c089818:20200104004029p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

監督 :ハラルド・ズワルト
脚本 :クリストファー・マーフィー
原作 オリジナル脚本:ロバート・マーク・ケイメン
出演者 :ジェイデン・スミス/ジャッキー・チェン
音楽 ジェームズ・ホーナー
アメリカ公開: 2010年
日本公開: 2010年

みどころ

1984年の「ベスト・キッド(原題:The Karate Kid)」のリメイク作品です。

ただ、原作映画のことは、すっかり忘れて観る方が良いと思います。

当然、現代に合わせたアレンジを加えていますが、それだけでなく、根底に流れているものは全然別のものです。

ウィル・スミスが製作に携わり、息子のジェイデン・スミスが主演です。

ジャッキーは、主人公にカンフーを教える老子役です。

ジャッキーが次の世代を指導する、というのがとても良い設定です。

「ロッキー」が、アポロの息子をトレーナーとして育てる「グリード」のような感じです。

リメイクとは言え、「Karate(空手)」はどこにも出てこないのに、原題は、そのままのタイトルなのは謎です。

 

カンフーヨガ

f:id:c089818:20200104005635p:plain

引用元:Amazonプライムビデオ

監督、脚本: スタンリー・トン
製作総指揮 :ジャッキー・チェン 他
出演者 :ジャッキー・チェン/アーリフ・リー/レイ(EXO)/ソーヌー・スード
中国公開: 2017年
日本公開: 2017年

みどころ

ジャッキー版のインドを舞台にした「インディージョーンズ」みたいな冒険活劇映画です。

多くのシーンは若い俳優のアクションですが、ちゃんとジャッキー本人によるカンフーアクションもしっかり魅せます。

ジャッキーは歳をとり、若干の動きの緩慢さはありますが、60歳代には絶対に思えないレベルです。

陽気で楽しい映画で、個人的には、意外な掘り出し物でした。

最後は「ボリウッド映画(インド映画)」ではお約束の、大人数によるダンスシーンです。

ジャッキーが、楽しそうで何よりです。

 

まとめ

今回は、ジャッキー・チェンおすすめ映画BEST5をご紹介しました。

  1. プロジェクトA:未視聴の方は是非!できれば2も。
  2. ラッシュアワー:単純に、楽しく観られます。
  3. ポリス・ストーリー/香港国際警察:キレキレのアクションを観たいなら
  4. ベストキッド:少し枯れたジャッキーです。「グリード」が気に入った方には。
  5. カンフーヨガ:最近のジャッキー・チェンの元気な姿が観られます。

現在(1月4日)、Amazonプライムビデオでご視聴になれます。

(「ラッシュアワー」のみ字幕版)

 

DVDレンタル等も可能です。

未視聴の作品がありましたら、是非!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また次回。