あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【もうすぐXmas】「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」って曲、覚えてます?

f:id:c089818:20191215205532p:plain

こんにちは、あとかです♪

12月に入って、いよいよクリスマス、続いて大晦日、お正月となりますね。

クリスマスの時期になると、街には様々なクリスマスソングが流れてきます。 

定番のジングルベルなんかはもちろん、竹内まりやさんや、山下達郎さん(よく考えたら夫婦でクリスマスに稼ぎすぎですね。。。)、松任谷由美さん、稲垣潤一さん、マライア・キャリーもよく流れますね。

 

数え上げたらキリがないのですが、そういった「クリスマスソングと言えば?」というと、私は忘れられない曲があります。

それは「Do They know it's Christmas(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)」という曲です。

また、同じ様な趣旨の曲で、「We are the World(ウィ・アー・ザ・ワールド)」という曲もあります。

 

ご存知の方も多いと思いますが、今回は、改めて聞きたい「Do They know it's Christmas(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)」と、「We are the World(ウィ・アー・ザ・ワールド)」について、ご紹介します。

 

「Do They know it's Christmas?」
(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)

「Band Aid(バンド・エイド)」プロジェクト

音声が出せる方は、まずはお聞きください。


Band Aid - Do they know it's christmas 1984 | HD - Widescreen 16:9

 

恐らく、お聞きになったことがあると思います。

演奏、歌唱しているの、イギリスとアイルランドのロック・ポップス界のスーパースターが集まって結成されたバンド・エイド (Band Aid) という、チャリティー・プロジェクトです。

(ジョンソンアンドジョンソンの絆創膏とは無関係です。)

1984年、エチオピアで起こった飢餓を受け、発起人のボブ・ゲルドフさんとミッジ・ユーロさんにより、「Do They Know It's Christmas?」(ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス)と言うチャリティーのための曲が作られました。

この趣旨に賛同したアーティストたちが、この曲に多く参加しました。

 

リリース直後、イギリスだけでも250万枚売れ、最終的に370万枚だそうです。

また、全世界では、1170万枚ということで、大きな成功を収めました。

 

ポール・マッカートニーや、カルチャークラブ、ワム、U2、デヴィッド・ボウイなど、まだ小学生だった私でもそれなりに知っている、すごいメンバーが一緒にチャリティーで歌っているんだなぁと、感動しました。

 

後には、1989年にはバンド・エイドⅡ、2004年にはバンド・エイド20によって「ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス?」がリメイクされています。

また、2014年にはエボラ出血熱の支援目的でバンド・エイド 30として再結成されました。

もちろん、メンバーは毎回変わっています。

 

歌詞の意味

大きな意味としては、こんな感じです。

「エチオピアで起きている飢餓に見舞われている人々に、雪が降ったりすることもなければ、今がクリスマスかどうかすら知らないだろう。
そんな彼らに食料を送って、クリスマスをまた味ってもらおう。
世界の誰にもクリスマスが訪れて良いはずだから」

 

また、歌詞の一部には、このような辛辣な表現もあります。

Well tonight thank God it’s them instead of you

「私たちの代わりに彼らがその境遇にいることを神に感謝しよう」

結構衝撃ではありますが、自分の幸せな環境を自覚し、困っている人を救う行動が取れるような気がします。

敢えて、入れている歌詞だそうです。

1984年(初回)参加アーティスト

  • フィル・コリンズ(ジェネシス)
  • ボブ・ゲルドフ、サイモン・クロウ、ピート・ブリケット、ジョニー・フィンガーズ(ブームタウン・ラッツ)
  • スティーブ・ノーマン、マーティン・ケンプ、ゲイリー・ケンプ、ジョン・キーブル、トニー・ハドリー(スパンダー・バレエ)
  • ミッジ・ユーロ、クリス・クロス(ウルトラヴォックス)
  • ジョン・テイラー、サイモン・ル・ボン、ロジャー・テイラー、アンディ・テイラー、ニック・ローズ(デュラン・デュラン)
  • ポール・ヤング
  • グレン・グレゴリー、マーティン・ウェアー(ヘヴン17)
  • マリリン
  • カレン・ウッドワード、サラ・ダリン、シボーン・ファーイ(バナナラマ)
  • ジョディ・ワトリー(シャラマー)
  • ボノ、アダム・クレイトン(U2)
  • ポール・ウェラー(スタイル・カウンシル)
  • ジェームス・"JT"・テイラー、ロバート・クール・ベル、デニス・トーマス(クール&ザ・ギャング)
  • ジョージ・マイケル(ワム!)
  • フランシス・ロッシ、リック・パーフィット(ステイタス・クォー)
  • ボーイ・ジョージ、ジョン・モス(カルチャー・クラブ)
  • スティング(ポリス)
  • デヴィッド・ボウイ
  • ホリー・ジョンソン(フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド)
  • ポール・マッカートニー
  • スチュアート・アダムソン、ブルース・ワトソン、トニー・バトラー、マーク・ブレゼジッキー(ビッグ・カントリー)
  • トレヴァー・ホーン(プロデューサー)

「We Are The World」
(ウィ・アー・ザ・ワールド)

アメリカ版BandAidと言うと、誤解かもしれませんが、「Do They know it's Christmas?」発売翌年の1985年のプロジェクトです。

この曲の方がご存知の方が多いと思います。

アメリカだけで、すぐに400万枚売れ、世界で2000万枚も売れています。

しかも、シングルだけでなく、アルバムもリリースしていますので、世に出た数、金額が桁違いでした。

その理由は、やはり作詞作曲も務めたマイケル・ジャクソンを始めとした、超有名アーティストが45人も参加したことに他なりません。

「USAフォー・アフリカ」と言うプロジェクト名で、アフリカの飢餓救済のためのチャリティプロジェクトでした。

当時、この製作過程を撮影したドキュメンタリービデオもNHKで放映されました。

レコーディングに、続々と(その当時ですら知っている)超有名アーティストが集まってくる感じが、ワクワクしました。

よく考えると、今の「アベンジャーズ」ですね。

 

 
USA for Africa - We are the World

歌詞の意味

作詞マイケル・ジャクソンなだけあって、どこまでも優しい歌詞です。

「私たちは世界の一つ、世界の子供達。
みんなの輝く明日を作るために、まずは与えることから始めよう。
私たちの選択が、良い日々を作ることになる。
まず始めてみよう。あなたと私から」

拙い訳で申し訳ありませんが、大意としてはこういう歌です。

主な参加アーティスト

  • ライオネル・リッチー
  • スティーヴィー・ワンダー
  • ポール・サイモン
  • ケニー・ロジャース
  • ジェームス・イングラム
  • ティナ・ターナー
  • ビリー・ジョエル
  • マイケル・ジャクソン
  • ダイアナ・ロス
  • ディオンヌ・ワーウィック
  • ウィリー・ネルソン
  • アル・ジャロウ
  • ブルース・スプリングスティーン
  • ケニー・ロギンス
  • スティーヴ・ペリー
  • ダリル・ホール
  • ヒューイ・ルイス
  • シンディ・ローパー
  • キム・カーンズ
  • ボブ・ディラン
  • レイ・チャールズ
  • スティーヴィー・ワンダー
  • ブルース・スプリングスティーン
  • ジェームス・イングラム

「ウィ・アー・ザ・ワールド:25 フォー・ハイチ」

 25年後、2010年にハイチ大地震のチャリティーとして、再度レコーディングされました。

(10年ほど前ですが、)現代風アレンジになっていて、ラップが組み込まれています。

個人的には、ラップ曲は苦手なのですが、この曲に乗せたラップは、かなり格好いいです。

「本場」と言ってしまえばそれまでですが、ちゃんと聞けば、良いものは良いのかもしれません。

 食わず嫌いはいけませんね。。。


We Are The World 25 For Haiti - Official Video「「

 

まとめ

今回は、クリスマスソングとして、「Do They Know it's Christas?」と、合わせて同じ趣旨の「We are the World」についてご紹介しました。

 

私と同世代以上は、懐かしいと思われる方もいらっしゃると思います。

昔って、世界的なアーティストってたくさんいましたね。。。

今は、私が知らないだけかもしれませんが。。。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。