あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【Amazonプライムオリジナル】「クセがすごい」オススメ海外ドラマ3選【2019年版】

f:id:c089818:20191126225736p:plain

こんにちは、あとかです♪

私は、Amazonプライムの会員で、プライムビデオで海外ドラマや映画、お笑いなど、会費分くらいは楽しめています。

 

以前DVDやスカパー!で視聴したドラマを改めて観直したり、見逃していた作品(映画が多いです)を観たりしています。

最近は、Amazonオリジナルの作品を観ることも増えました。

Amazonプライムビデオのオリジナル作品は、地上波に比べると規制が緩いせいか、「クセがすごい」ものが多いです。

残酷描写やグロテスクな要素も含まれますが、本編のストーリーが面白く、強烈な印象が残る作品が結構あります。

 

今回は、せっかく会員なら是非観てほしい、Amazonプライムオリジナルの「クセがすごい」オススメ海外ドラマをご紹介します。

(ご紹介するのは、吹き替え版です。)

ザ・ボーイズ

f:id:c089818:20191126204440p:plain

シーズン数:1(8話)

ジャンル:ヒーロー物ブラックコメディ

最初に言いますが、「ザ・ボーイズ」は、R18+です。

残酷描写もありますし、性的な表現も少しですがありますので、苦手な方はおやめいただいた方が良いと思います。

あらすじ

舞台は、アベンジャーズのようなスーパーヒーロー達が、普通に存在する世界です。

週刊少年ジャンプの「僕のヒーローアカデミア」みたいな感じですが、大人向けですので一筋縄ではいきません。

そのスーパーヒーロー達はヴォート社という会社に登録し、「セブン」と呼ばれる7人は世界中から尊敬され、注目されています

彼らは表向きは正義のために活躍する、聖人のような存在です。

裏の素顔は、金に汚く、堕落し、自分たちの栄光のためにかなり悪どいこともしています。

そんな彼らの真の顔を知り、戦いを挑む人間達が集い、「ザ・ボーイズ」と名乗ります。

 

内容 

ブラックコメディとは言え、それほど笑えるわけではありません。

ヒーローらしいマントやコスチュームを着用しているキャストがウロウロしている割には、展開はシリアスです。

シーズン1は8話ですが、放送前に既にシーズン2が決定していたそうです。

確かに面白い!

 

「セブン」の1人に恋人を殺され、「ザ・ボーイズ」に参加する主人公のヒューイ役は、俳優のデニス・クエイドとメグ・ライアンの息子さんです。

吹き替えは、平野 潤也さんです。

 

「ザ・ボーイズ」のリーダーのビリーの吹き替えは、宮内敦士さんです。

低く、渋く、ちょっと軽薄な感じも入っていて、良い声です。

「SUITS/スーツ」で弁護士のトラヴィス役でした。

 

グッドオーメンズ

f:id:c089818:20191126204747p:plain

シーズン数:1(6話)

ジャンル:天使と悪魔のブラックコメディ

このドラマは、私が大ファンのブログで取り上げられていて、興味を持ったのがきっかけで視聴しました。

fukikae-drama.com

 

あらすじ

天地創造の頃、天使のアジラフェルと、悪魔のクロウリーは地上に降り立ちます。

天使と悪魔の最終戦争ハルマゲドンの準備をするために、それぞれ地上で調査を開始します。

6000年前の楽園追放から、ノアの箱舟、キリストの処刑、アーサー王の時代、フランス革命、ロンドン空襲などの歴史上の出来事を通じて、アジラフェルとクロウリーの友情が育まれます。

そして2人は地上の生活にすっかり馴染み、天使と悪魔という立場でありながら結託して、密かに世界の破滅を避ける努力をするのです。

現代のイギリス、いよいよハルマゲドンの引き金となる子供が誕生します。

ついに、世界は破滅してしまうのでしょうか?

 

内容

面白いドラマでした!

それに、イギリスドラマは新鮮でした。

これまで、英国産ドラマは「シャーロックホームズの冒険」や「ポワロ」くらいしか観ていなかったのですが、面白く観られました。

日本のように、映像に「湿気がある」感じがします。

 

悪魔のクロウリーがカッコ良いです。

吹き替えの関俊彦さんの声がバッチリあっています。

すごく昔の話ですが、「F」というF1漫画が原作のテレビアニメで、主人公役をされていました。

すごくやんちゃで若い声のイメージでしたが、良い感じのオヤジ声になっていました。

調べると現在57歳なので、当たり前ですね。。。

 

悪魔ならではの、ニヒルでちょい悪オヤジルックスですが、天使のアジラフェルと本当に仲が良いと伝わります。

関係性やビジュアルのイメージは、「コサキン」です。

(異論は完全に認めます。。。)

※コサキンとは、小堺一機さんと関根勤さんのことですが、相変わらず昭和生まれ以外は置いて行かれる例えです。

 

 天使と悪魔が実は仲良く、ハルマゲドンを阻止しようとしている設定が素晴らしいです。

原作小説を読みたくなりました。

 

6話なのでとても観やすいのですが、もう少し長くして、「ヨハネの黙示録の四騎士」の活躍をもっと掘り下げて欲しいとも思いました。

 

 ホームカミング

f:id:c089818:20191126220657p:plain

シーズン数:1(10話)

ジャンル:サイコスリラー

スリラーと書きましたが、怖い話という訳ではありません。

主演は、あのジュリア・ロバーツです。

1話あたり30分で、シーズン2までの予定です。 

あらすじ

ハイディ・バーグマンは、「ホームカミング移行支援センター」の元ケースワーカーです。

2022年現在、ハイディは、ウェイトレスをしながら母親と暮らしています。

そんな彼女のもとに、国防省の審査官が「ホームカミング」に関して提出された苦情を調査しに訪れます。

センターを辞職した理由を聞かれた彼女は、4年前のその施設での記憶がすっかり消えていることに気づきます。

2018年当時、「ホームカミング」では、帰還兵を一般市民の生活に順応させることを目的として、運営されていました。

しかし、その実態は、ある秘密が隠されていました。

 

内容

2018年と2022年の両方を頻繁に行ったり来たりしながらストーリーが進みますが、画面サイズが全く異なるので、わかりやすくなっています。

2022年はスマホの縦画面で撮影したようなサイズで、2018年はフルサイズです。

1話30分なので、あっさり観られます。

 

後半はいろいろな謎が解けていき、あっという間です。

正直言って、前半は少しダルいです。

ジュリア・ロバーツが主演でないと、最後まで引っ張れなかったと思います。

一方で、ジュリア・ロバーツでは、ミスキャストだなぁと思う展開もあります。

彼女はもう50歳を超えているのですが、ストーリーの中で30歳代くらいなら納得いくような行動があったりして。。。

 

ジュリア・ロバーツ演じるハイディの吹き替えは、山像かおりさん。

「クローザー」のブレンダを始めとして、「LOST」のリビーなど、しっとりとしていて、それでいて芯の強い女性の声が特徴です。

 

ストーリーの性質上、あまり詳しくは書けませんが、最終話まで観る価値はあります。

それから、エンドロールの後を観逃さないように!!

 

まとめ

今回は、せっかく会員なら是非観てほしい、Amazonプライムオリジナルの「クセがすごい」オススメ海外ドラマをご紹介しました。

<こんな方にオススメ>

  1. ザ・ボーイズ:「アベンジャーズ」「マーベルコミックス」「僕のヒーローアカデミア」などを楽しめる方。
  2. グッドオーメンズ :「天使と悪魔」「黙示録」「ハルマゲドン」にピクッと反応してしまう方。
  3. ホームカミング:サイコスリラー、サスペンスが好きな方

 

せっかく、Amazonプライム会員なので、最近は手広く色々観ています。

今回はクセが強いものばかりですが、普通で面白いドラマも沢山あります。

 

また、Amazonオリジナルは規制も緩いので、バラエティなどもすごいですね!

先日「戦闘車」を観ましたが、地上波では苦情が殺到しそうな番組でした。

普通では、できないことをしている、またそれを観ている興奮がありました。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた次回!