あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【今週観ておきたい】海外ドラマの「感謝祭」エピソードBEST3【サンクスギビングデイ】

f:id:c089818:20191125235554p:plain

こんにちは、あとかです♪

今月末、11月28日は、アメリカでは感謝祭( Thanksgiving Day)という祝日です。

日本では馴染みの薄い祝日ですが、アメリカではとても大事にされているイベントのようです。

 その証拠に、海外ドラマでも「感謝祭エピソード」が放送されることがあります。 

結構良い話も多く、長いシーズンの中ではちょうど良いアクセントになっています。

 

今回は、海外ドラマの「感謝祭エピソード」個人的BEST3をご紹介します。

選考は私の、独断と偏見ですので、ご容赦ください。 

 

感謝祭のエピソードのオチの部分まで若干入っています。

未視聴の方は慎重にお読みください。 

「感謝祭」って何?

そもそも「感謝祭」についてご存知ですか?

 アメリカでは、毎年11月の第4木曜日がその日にあたり、祝日となります。

(カナダでは10月の第2月曜日だそうです)

 

歴史的には、イギリスのその年の最初の収穫を祝う祭りが起源と言われているそうですが、ハロウィーンの時もそうでしたが、今となっては何だかわからないみたいです。

宗教的な物だったはずですが、現在はそういった感じではなく、「家族と過ごす大事な日」という位置付けになるそうです。

そのため、当日は、家族、親族、友人が集まる「大規模な食事会」があちこちで行われます。

感謝祭前後は陸路や空路は大混雑し、感謝祭当日はむしろ移動する人が少なく静かになるということが起こります。

 

感謝祭の食べ物といえば、「七面鳥(ターキー)」です。

 

それから、この感謝祭は木曜日なので、例年翌日の金曜日から「ブラックフライデー(Black Friday)」という大事なセールが入ります。

ここから、小売業では、1年間で最も稼ぎ時となる「クリスマス商戦」に突入するのです。 

 

「感謝祭」エピソードBEST3!

BONES シーズン11 8話「感謝祭の秘密」

あらすじ
セレブ専用のゴルフ場の池で女性の遺体が見つかります。
遺体は腐敗して浮き上がらないように処理されていて、プロの犯行と考えられました。
その遺体は、国家安全保障局(NSA)の機密を暴露した新聞記者のヴィヴィアンと判明します。
国家の秘密を握っていた遺体の調査を請け負ったブレナン達は、NSAの盗聴を警戒しながら、手がかりを探り始めます。
果たして彼女は誰によって、何のために殺害されたのでしょうか?

サプライズ!

事件とは全く関係なく、「感謝祭」ネタは進行します。

ブレナンが、キッチンで誰かに電話で「ブーズには秘密にしたい」と話しているところを、ブースは聞いてしまいます。

慌てて電話を切ったブレナンを、ブースが問い詰めます。

けれども、ブレナンは感謝祭の七面鳥の話でごまかします。(ごまかせてませんが)
ブレナンはヴィーガンのため、「七面鳥はブースしか食べないからいらないでしょう?」と言う主張でした。
そこで、ブースは感謝祭にFBIの同僚のオーブリーや、ラボのメンバーを招待することを提案します。

 

感謝祭当日、オーブリーやラボの面々が集まる中、特別ゲストが訪問します。

それは、離婚した妻と暮らす、ブースの息子のパーカーでした。

久しぶりの再会に、ブースは息子の成長に驚き、そしてとても喜びます。


ブレナンが電話をしていた相手は彼でした。

ブースへのサプライズだったのです。

 

事件の話は、陰謀論的な話でホッジンズがノリノリなのですが、感謝祭ネタとしては、「家族と過ごす大事な日」と言うことがよくわかるエピソードでした!

 

 

感謝祭の秘密

引用元:https://video.foxjapan.com/sp/tv/bones/s11/

  

NCIS シーズン7 9話「隠されたSOS」

あらすじ
郊外のトウモロコシ畑で、海兵隊ロザーダ兵長の死体が見つかります。
早速ギブスのチームが捜査に乗り出します。
案山子の中に詰め込まれた遺体は、何者かに射殺された後、片手を切断して持ち去られていました。
遺体に刻まれた文字から、ロザーダがかつて所属していたギャング団「PC」の仕業とみられました。

 ダッキーの感謝祭計画

 ダッキーは、感謝祭にたくさんの料理を準備していると言いながら、仲間に招待状を配ります。

「感謝祭のディナーに招待します。空きっ腹でどうぞ。」

けれども、それぞれから、参加できないと言われてしまいます。

マクギーは妹と、ジヴァはお隣さんからの招待、トニーもポーカーの大会に出る予定があると言うのです。

親友のギブスにも、「事件が先だ」と、つれない返事をされてしまいます。

ちょっと落ち込むダッキーです。

 

事件は無事解決しますが、かなり遅くなってしまい、それぞれの予定がみんな潰れてしまいます。

深夜にダッキーの家に仲間が全員集まって、特製の七面鳥料理を食べることになります。

ダッキーもご機嫌です。 

最初は仲間に振られてしまう前振りをしっかり利かせてからの、全員集合のラストです。
いかにも「感謝祭」なエピソードですね。

 

引用元:https://www.superdramatv.com/lineup/SN0000000264.html

Dr.HOUSE シーズン6 9話「平凡な天才」

あらすじ
日雇いのアルバイトで生計を立てているサイダスが手の麻痺で運ばれてきます。
ハウスのチームは、診断から脾臓を摘出するが症状はさらに悪化します。
チームは毒物の摂取を疑い、様々な診断を検討する中、タウブは彼の生き方に疑問を抱きます。
サイダスは実は、IQ187で、かつては天才と言われていましたが、一般的な知能の女性と結婚し、彼女と共に過ごすために、普通であろうとします。
平凡な幸せをを掴むために、彼は天才であることをやめる努力をしていたせいで、手に麻痺の症状が出ていました。
その原因とは。。。

感謝祭自体の話ではありませんが。。。

 このエピソードは、感謝祭の時期の話ではありますが、別に「良い話」ではありません。

ハウスはやけに真面目に、普段はしない外来診療に勤しんで、カディにアピールします。

院長のカディに彼女の感謝祭ディナーに招待されようとしているのです。

ハウスは、そこで、カディと恋人のルーカスとの仲を引き裂こうと画策しているのです。

カディも、なんらかの目論見があることは察知していますので、ハウスには嘘の予定を教えたりします。

全然良い話になりません。

 

ハウスの部下の1人、タウブも仕事で感謝祭ディナーを過ごせず、妻から責め立てられます。

上司のハウスに頭が上がらないことも、その原因の一つです。

最後にちょっとうまく行きますが、全然良い話ではありません。

 

ただ、個人的に私が、このエピソードが好きなのです。

サイダスが本当は天才すぎるので、愛する女性のために自分のIQをわざと下げるという行動と、最後の選択についても、ちょっと悲しいけれど「良い話だなぁ」と思いました。

天才に戻るとちょっと傲慢になるのは、「アルジャーノンに花束を」の感じに似ているかも知れません。

IQが違いすぎて、「彼女は、自分よりも猿のほうに近い」とまで言い放って傷つけてしまうのです。

 それだけに、天才に戻りたくないのでしょうね。

感謝祭だからって、ほっこりする良い話ばかしではありません。
大事にしているからこそ、ゴタゴタもします。

 

第8話「平凡な天才」IGNORANCE IS BLISS

引用元:http://www.drhouse-tv.jp/season6/episode.html

まとめ

今回は、海外ドラマの「感謝祭エピソード」についてご紹介しました。 

 <こんな「感謝祭」が楽しめます>

  1. BONES シーズン11 8話「感謝祭の秘密」:家族、友人と過ごす感謝祭!
  2. NCIS シーズン7 9話「隠されたSOS」:仲間と過ごす感謝祭!
  3. Dr.HOUSE シーズン6 9話「平凡な天才」:感謝祭を大事にしているからこそ起こるイザコザ。

 

ちなみに、去年の「感謝祭ツイート」です。

 番組のファンサービスで特別な写真をアップしたりしています。

 「クリミナルマインド」のかなりおめかしした3人娘が映っています。

エミリーとJJと、ガルシアですね。

 

ここまでお読みいただいて、ありがとうございました!

 

それでは、また次回。