あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

【ご本人は実はこんな顔】実在の人物がモデルの海外ドラマ5選【2019年】

この記事をシェアする

こんにちは、あとかです♪

NHK大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜が放送されています。

視聴率的には結構苦戦しているようですが、ちゃんと観れば、私は結構面白いと思っているのですが、どうでしょうか?

東京オリンピックあたりまでの話ですので、当然実在の人物が多数登場しています。

 

実在の人物がモデルのドラマって、最近では大河ドラマくらいかもしれません。

では、海外ドラマではどうでしょうか?

これは結構ありますし、しかも面白いドラマが多いと思います。

 

今回は、実在の人物がモデルとなっている海外ドラマについて、ご本人の画像と共に、ご紹介します。 

BONES

【ドラマ版】テンペランス・ブレナン

ジェファソニアン法医学研究所に所属する法人類学者で、骨のスペシャリストです。

BONES」はあだ名で、FBIに協力し、骨だけになった身元不明の死体から、様々なことを割り出します。

実体験を元にした著書を持つ、ベストセラー作家の顔も持っています。

学者としては超一流ですが、対人スキルに問題があります。

無遠慮な発言で相手を不愉快にさせたり、空気を読めないことも行動を取ってしまうことも。

f:id:c089818:20191024220747p:plain

引用元:https://video.foxjapan.com/tv/bones/s9/#cast

 

www.atoka.xyz

 

【実在のモデル】キャシー・ライクス

ブレナン同様、法人類学者であり、作家です。大学教授でもあります。

骨の鑑定の専門家で、「骨と歌う女」という「BONES」の元になった小説を書いています。

 

f:id:c089818:20191024221101p:plain

引用元:https://video.foxjapan.com/tv/bones/s2/intro/

右がキャシー・ライクスさんです。

シーズン2に、ちょっとだけ出演し、共演しています。  

 

「BULL/ブル 法廷を操る男」

【ドラマ版】ジェイソン・ブル

f:id:c089818:20191024222947p:plain

引用元:https://www.wowow.co.jp/detail/113193

3つの博士号を持ち、“裁判科学”を専門とする心理学者です。

TAC(トライアル・アナリシス社)の創始者です。

人の心を読み、操ることを研究し、実践しています。

その技術で、裁判の陪審員の心を動かし、自分のクライアントに有利な評決を得られるように活動します。

 

www.atoka.xyz

 

【実在のモデル】フィル・マッグロウ博士

f:id:c089818:20191024223420p:plain

引用元:https://www.biography.com/media-figure/dr-phil-mcgraw

なんと、ご本人司会の「ドクターフィル」という昼のトーク番組を帯で持っています

ブル同様、心理学者です。

裁判のコンサルタントをしていた時期があり、その時の経験を元に「BULL」のプロデュースをしています。

めちゃめちゃ稼いでいるみたいで、「フォーブス」誌の「世界で最も稼ぐテレビ司会者」ランキングでは上位の常連です。

 

ライ・トゥ・ミー嘘の瞬間」

【ドラマ版】 カル・ライトマン

f:id:c089818:20191024224748p:plain

引用元:https://video.foxjapan.com/tv/lietome/cast.html

イトマン・グループの設立者で心理学者です。

人間の微妙な表情の変化や無意識の動作の研究を専門し、その知識、技術で、犯罪捜査のサポートもしています。
嘘を見抜くためには手段を選ばないため、挑発や脅し、時には嘘もついて真実を引き出していきます。

普通の人から見れば、かなりの変人と受け取られるでしょう。

 

【実在のモデル】ポール・エクマン

f:id:c089818:20191024225517p:plain

引用元:https://www.paulekman.com/

 

感情と表情に関する先駆的な研究を行った心理学者です。

アメリカの西ケンタッキー大学およびアーカンソー州立大学教授・大学研究者たちが選定した、「20世紀最も著名な心理学者トップ100」に選ばれています。

怒り/嫌悪/恐れ/幸福感/悲しみ/驚きという感情が、顔に現れるとして、写真でもどの人種でも読み取ることができると主張しています。

カル・ライトマンのように変人かは、わかりませんでした。

「Scorpion/スコーピオン」

【ドラマ版】ウォルター・オブライエン

f:id:c089818:20191024231220p:plain

引用元:https://www.superdramatv.com/lineup/SN0000000601.html

 

11歳の時、NASAのコンピュータにハッキングし、国土安全保障省の部隊に乗り込まれるほどの天才です

「部屋の壁にスペースシャトルの設計図を貼りたかった」という子供らしい動機でした。

大人になったウォルターは、合計IQが700を超える天才たちと、「スコーピオン」という会社を設立しました。

頭脳は素晴らしいものの、コミュニケーションや社会に馴染めていない問題を抱えていて、経営はなかなかうまくいきません。

ある事件をきっかけに、子供の頃から因縁のある、国土安全保障省の仕事を手伝うことになります。

 

【実在のモデル】ウォルター・オブライエン

f:id:c089818:20191024232837p:plain

引用元:https://www.scorpioncomputerservices.com/about

ご本人は、アイルランドのビジネスマンで、情報技術者です。

スコーピオンコンピュータサービス」という会社を経営しています。

彼はまた、製作総指揮のプロデューサーであり、「Scorpion/スコーピオン」の原案を提供しています。

彼は、ドラマで描かれている、子供時代のIQが197だったことや、NASAをハッキングし国土安全保障省に乗り込まれたことなど、様々な自己申告の主張で知られています。

主人公と同姓同名ですし、本人の実際の経験を基に、ドラマの主人公は作られている、と主張しています。

「Scorpion」は、ハッカー時代のハンドルネームだったとのこと。

ちょっと微妙な書き方ですが、どうも信憑性に問題があるみたいです。

ドラマのストーリーや、主人公のキャラクター自体は、とても面白いのですが、彼自身が本当にそのような天才なのかは、はっきりしていないようです。

 

「スキャンダル」

【ドラマ版】オリヴィア・ポープ

f:id:c089818:20191024233355p:plain

引用元:https://dlife.disney.co.jp/program/drama/scandal_s3.html

ホワイトハウスで優秀な広報部長として働いていました。

現在は、「オリヴィア・ポープ&アソシエイツ」という会社を経営し、国家のエリートたちのスキャンダルをあらゆる手段で解決に導いていきます。

危機管理(フィクサー)のプロフェッショナルです。

 

【実在のモデル】ジュディ・スミス

The real-life inspiration behind ABC's hit show "Scandal" has helped celebrities, politicians and major companies deal with a variety of crises. Judy Smith, here in 2002, acted as a spokeswoman for the family of Washington intern <a href="http://www.cnn.com/2013/02/07/justice/chandra-levy-hearings" target="_blank">Chandra Levy</a>, who disappeared in 2001 and was revealed to have had an affair with Gary Condit, then a U.S. congressman from California.

引用元:https://edition.cnn.com/2016/09/30/entertainment/judy-smith-angelina-jolie-scandal/index.html

アメリカの危機管理のプロフェッショナルで、危機管理会社「Smith&Company」を設立しています。

かつては、実際にブッシュアメリカ大統領の補佐官を務めていました。

弁護士、作家、テレビプロデューサーでもあります。

 

 まとめ

今回は実在の人物がモデルとなった海外ドラマを、ご本人のお顔と共に、見ていただきました。

俳優さんは、ご本人からそれほど大きくイメージは外れていないという感想を持ちましたが、いかがでしょうか?

<実在の人物がモデルの海外ドラマ>
BONESテンペランス・ブレナン
「BULL/ブル 法廷を操る男」ジェイソン・ブル
ライ・トゥ・ミー嘘の瞬間」カル・ライトマン
「Scorpion/スコーピオン」ウォルター・オブライエン
「スキャンダル」オリヴィア・ポープ 

他にも、まだまだ実在の人物か登場する海外ドラマは沢山あると思います。

私自身が観て、面白かったものを、独断でご紹介しました。

未視聴のドラマがあれば、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

それでは、また次回。