あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

私の海外ドラマ遍歴まとめ③【2010年〜2015年まで】

この記事をシェアする

f:id:c089818:20190915002547p:plain

こんにちは、あとかです♪

自ら始めた事で何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、次回でやっと、自分語りは終われそうです。

 

①1990年くらいから2000年まで、②2001年から2009年まで、を書いてきました。

そして、今回は私が2010年から2014年くらいまでに観た海外ドラマと、「その当時のこと」ついてご紹介させていただきます。

 

 

www.atoka.xyz

www.atoka.xyz

 

私自身、他の方のブログを拝見するとき、自分の好きな海外ドラマを掘り下げて書いていらっしゃる方には、一方的な仲間意識を持ってしまいます。

このブログをたまたま見ていただいた方が、同じように共感してくれる方が1人でもいてくれたら良いなぁ、と勝手に思って書いています。

 

また、逆に自分の未視聴の海外ドラマを観て、熱い感想を書かれている方のブログを見ると、本当にありがたく思います。

「次に観てみよう」と、とても参考になるのです。

このブログも、そんな風に、読んでいただいた誰かの役に立てたら良いなぁとも、力不足を痛感しながらも、思っています。

 

私の海外ドラマ遍歴(2010〜2019年現在)

2010年〜

「FRINGE/フリンジ」

f:id:c089818:20190916110131p:plain

引用元:http://www.superdramatv.com/line/fringe/


その当時のこと:

スカパー!で初視聴でした。

確か「LOST」が完結したあたりで、当時、ちょっとSFっぽいドラマに飢えていたところでしたので、かっちりハマりました。

 「LOST」の製作総指揮である、J.J.エイブラムスさんが仕掛け人なので、期待通りでした。

シリーズが長期になると、複雑化して、なんだかよくわからなくなるところまで一緒です。(それでも、ちゃんと面白いままなのがすごいのですが)

 エイブラムスさんが自ら作曲したオープニングの曲も良かったです。

 

 こんな記事も書いています。

www.atoka.xyz

 

2011年〜

ライ・トゥ・ミー 嘘の瞬間 原題:Lie to Me」

f:id:c089818:20190916110342p:plain

引用元:https://video.foxjapan.com/tv/lietome/dvd.html

その当時のこと:

タイトルに一目惚れしてDVDをレンタルしたのを覚えています。

あまり大ヒットしなかったのか、プロモーションも控えめだったような気がします。

予備知識がなかったのですが、「つまらなくても、いいや」と思うくらいの「タイトル惚れ」だったのですが、いい意味で裏切られました。 

微表情で、嘘を見抜くというプロットと、その表現の仕方も良かったです。

何より、主役のティムロスさんの演技と、CVの平田広明さんの声の演技、その両方にやられました。

残念ながら、アメリカでは視聴率が下がりわずか3シーズンで終わっていますが、私には強烈なインパクトが残っています。

未視聴の方にはオススメです。(シーズン1だけでも。)

  

フラッシュフォワード

 

f:id:c089818:20190916230521p:plain

引用元:http://hollywood-ch.heteml.jp/orders/2011/flashforward_iphone/index.html#_home

 

その当時のこと:

フラッシュフォワード」は、「フラッシュバック」からの造語なんですよね。

何度か書いたのですが、大金をかけて華々しく登場し、結構面白かったにも関わらず、シーズン1で打ち切られるという憂き目に逢います。

しかも、全ての謎を放ったらかして終わると言う、少年ジャンプの10週エンドばりの「俺たちの戦いはこれからだ!」パターンでした。

なぜ終わったんでしょうね?

大型企画ですし、シーズン1が始まった時点で、世界各国にすでに売れていて、日本でも地上波で放映されました。

竹内結子さんが出ていたと言うこともあると思います。)

22話もあり、「尻切れとんぼ」は承知で、ぜひ観ていただきたいドラマです。

 

詳しくはこちらにも書いてます。

www.atoka.xyz

 

「メンタリスト 原題:THE MENTALIST」

f:id:c089818:20190916230715p:plain

引用元:http://www.superdramatv.com/line/mentalist/

その当時のこと:

フラッシュフォワード」 と、同時進行で観始めたと思います。

引っ張ってきたストーリーにちゃんとケリをつけつつ、うまく大団円を迎えたドラマだと思います。

 

 詳しくは、こちらに書きました。

www.atoka.xyz

 

ボストンリーガル〜お騒がせグレート弁護士〜」

 

その当時のこと:

ご存知ですか?このドラマ。

これはレンタルDVDで観て、はまりました。

主演のジェームズ・スペイダーさんは、のちに「ブラックリスト」というドラマでこの当時と全然違う強面の容貌で出演しています。

スタートレックのカーク船長役だったウィリアムシャトナーさんが、デニー・クレインという伝説の弁護士役で出ています。

無茶苦茶な弁護を繰り返すし、自分の名前を連呼するネタ(?)に誇りを持っているし、ちょっと「困った人」でもあります。

でも、なんとなく憎めないし、思いの外、弁護はうまくいったりします。

デビッド・E・ケリーさんのプロデュースでした。

そう言えば、「アリーmyLove」と似た雰囲気はありますね。

 

2012年〜

「ロイヤルペインズ 救命医ハンク」

f:id:c089818:20190916231913p:plain

引用元:http://www.royalpains.jp/index.html

その当時のこと:

DVDとスカパー!FOXチャンネルで観ました。

 放送媒体によって、タイトルが微妙に違っていました。

WOWOW放送時「救命医ハンク セレブ診療ファイル」、FOXチャンネル放送時「ロイヤル・ペインズ ~セレブ専門救命医」など)

セレブのコンシェルジュドクターとして、活動するハンク・ローソン医師が主人公です。

ハンク役のCVは「NUMBERS」の主人公のチャーリー役も担当されていた咲野俊介さんです。

押しかけ助手となったディヴィヤ・カダイ役のレシュマ・シェティさんが綺麗でした。インド系の女性は美しいですね。

 

「ホワイトカラー」

f:id:c089818:20190916234224p:plain

引用元:https://www.axn.co.jp/programs/white_collar

その当時のこと:

ガンダム世代なもので、池田秀一さんがメインキャストの声を担当されていると聞いて、観始めました。

最初は、渋い「シャア・アズナブル」にしか聞こえませんでしたが、だんだんおじさんの感じが出てきました。

天才詐欺師のニール・キャフリーが、唯一自分を捕らえたFBI特別捜査官のピーター・バーグに協力し、知的犯罪事件を解決に導くストーリーです。

ピーター・バーグのCVが池田秀一さんです。

このドラマを観たと言う方が周りにあまりいないのですが、何故でしょうね?

結構レンタルも稼働していたと思うのですが。。。

  

2013年〜

「メジャークライムス」

f:id:c089818:20190916235906p:plain

引用元:https://warnerbros.co.jp/kaidora/detail.php?title_id=53437

その当時のこと:

ずっと観ていた「クローザー」が終了して、その直系の続きとして始まったので、当然のように追っかけました。

「クローザー」が取り調べで、犯人に自白させ「事件を終わらせる」ことが主題でしたが、この続編ドラマは様子が違います。

コストのかかる起訴、裁判を出来るだけしないで、犯人と「取引」することで、事件を終わらせるのです。

「クローザー」のキャストがほとんど続投しているので、楽しく観られました。

ファイナルシーズンを吹き替え版を待ちきれずに、スカパー!の字幕版で観ました。

ネタバレはしませんが、ちょっとびっくりする展開でした。

 

「CHUCK/チャック」

f:id:c089818:20190917003943p:plain

引用元:http://www.superdramatv.com/line/chuck/

その当時のこと:

家電販売店「BUY MORE」の店員のチャックが凄腕スパイになってしまうというストーリですが、映画やドラマでは、よくある話と言えます。

それでも、このドラマはよくできてます。 

基本コメディベースなのですが、シリアス部分との繋ぎが良くて、ずっと楽しめました。

最後の方はちょっと御都合主義的な展開にも見えましたが、これも良くあることです。 

 主人公のチャック役のCVは草尾毅さん。

アニメでは有名だと思いますが、海外ドラマでは、私はあまり声を聞いたことはありませんでした。当然ながら、吹き替えもお上手ですね。

 

まとめ

2010年以降、DVDとスカパー!で、海外ドラマを観られるようになりました。

大ヒットドラマが一通り完結して、「さあ、次は何を観ようかな」と探していた時期もありました。

その時に、1〜2話だけ視聴して、そのままになっているものも結構あります。

 

最近はAmazonプライムビデオにも加入しているので、そんな風に観逃していたドラマも、改めて観られるようになってきました。

時間は無限ではないので、また取捨選択はしないといけませんが。。。

 

ここまで、お読みいただきありがとうございます!

自分語りは、次回こそ、終わります。

 

それでは、また次回!