あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

最近の鞆の浦の話〜その③〜

 

f:id:c089818:20190822152738j:plain

こんにちは、あとかです♪

 

今回は、崖の上のポニョの舞台のイメージとなった福山市鞆の浦(とものうら)のご紹介です。

私が拙い腕で、スマホで撮影したものですが、写真も貼っています。

  

 

鞆の浦の歴史はかなり古いもの

 古くは、万葉集にも歌を詠まれている鞆の浦は、瀬戸内海でも特別な港でした。

 

瀬戸内海のちょうど真ん中に位置するため、西からと東からの潮の流れがぶつかる場所でした。

潮の流れが変わるのを待つために、「潮待ちの港」として栄えたのだそうです。

 

ただ、江戸後半から、その役割は次第に「尾道」に移っていましたが、明治に入って、有名な事件が起こります。

それは、坂本龍馬が関わる「いろは丸事件」です。

 

1867年、海援隊が借り受けていた伊予国大の「いろは丸」が、紀州藩の軍艦と衝突するという事件が起こります。

坂本龍馬紀州藩は、現在の鞆の浦で、賠償交渉を行なっています。

 

要するところ、一介の浪人だった坂本龍馬らの海援隊が、紀州藩と、船舶事故の賠償について、対等に渡り合ったということですね。

これは画期的な出来事だったようです。

この交渉場所として最寄りの鞆の浦が使われたのです。

 

現在の鞆の浦の風景

先日、久し振りに鞆の浦に行きました。

 

平日だったので閑散としていましたが、土日はそれなりに混み合っています。

  • JR福山駅から車で約30分。路線バスも出ています。
  • 山陽自動車道 福山東ICからも30分程です。

 

時期によっては、尾道からフェリーも出ていますので、他県からの観光なら、こちらからもオススメです。

 

今回は車で向かいました。

f:id:c089818:20190822142217j:plain

 

f:id:c089818:20190822142356j:plain

 

沼隈(ぬまくま)半島の東南端が「鞆の浦」です。 

 

瀬戸内海には、崖のある特徴的な島々が見えます。

宮崎駿監督がスケッチし、映画制作前のイメージボードに描いているような風景です。 

 

f:id:c089818:20190822144927j:plain

 

仙酔島のパワースポット 

特に仙酔島は、文字通り、

「仙人も酔ってしまうほど、美しい島」ということで、国立公園にも指定されています。

船で5分ほどで渡れる島ですが、 海水浴場やキャンプ場もあります。

今回は行けませんでしたが、以前見た「五色岩」は不思議な美しさでした。 

今もこの言葉が流行っているのかはわかりませんが、「パワースポット」と言える場所だそうです。

鞆の浦のシンボル 常夜橙

港町だった名残を残す、鞆の浦のシンボル「常夜燈」です。

今でも、暗くなると明かりが灯ります。

すぐそばには、カフェなどもあり、暑い日はかき氷がおいしいお店です。

 

f:id:c089818:20190822145159j:plain

f:id:c089818:20190822151602j:plain
 

細い小道の散策

車で移動してきた場合、全体的に車道は狭く、駐車場に入るまでは結構慎重に運転しないと厳しいです。

歩行者も結構います。

 

ただ、車を降りてしまえば、趣のある細道を、散策して廻る回るのが、とても楽しい場所です。

f:id:c089818:20190822162849j:plain

すれ違うために「離合箇所」の看板も、何ケ所かあります。

 

今回はあまり見かけませんでしたが、あちこちで猫がうろちょろしていた印象があります。

こういう風景には猫って、合いますよねー。

 

f:id:c089818:20190822143954j:plain

f:id:c089818:20190822143745j:plain

f:id:c089818:20190822143503j:plain

 平日で店がほとんど閉まっていましたが、週末はもっと活気があります。

 

結構ある「鞆の浦」がロケ地(舞台)となった作品

映画:崖の上のポニョ

前回もご紹介しましたが、鞆の浦観光情報センターに、 ジブリ非公式」ポニョマップがあります。

f:id:c089818:20190821161615p:plain

 

冒頭に書いた「いろは丸事件」で、坂本龍馬が賠償の交渉をしたという町家を再現した「御舟宿いろは」です。

 

f:id:c089818:20190822152721j:plain

   この建物自体は、直接「ポニョ」には関係ないのですが、宮崎 駿監督のデザインをもとに再現した建物だそうです。

f:id:c089818:20190822160500j:plain

テレビドラマ: 流星ワゴン

f:id:c089818:20190822163332j:plain

TBS「流星ワゴン」公式サイトより

 

重松清が原作の『流星ワゴン』は、人気俳優の西島秀俊さん、香川照之さん出演のテレビドラマです。

広島県福山市鞆の浦を舞台に、過去と現在が交錯する中で、親子の葛藤や確執と、その結末を描いた物語です。

原作には瀬戸内海のとある町としか書いていなかったそうですが、監督が「福山」「鞆の浦」と決めたと聞きました。

 

上の西島秀俊さんらが座っている場所も鞆の浦ですが、現在改修工事中です。

f:id:c089818:20190822154613j:plain

 

映画:探偵ミタライの事件簿 星籠の海

f:id:c089818:20190822164027j:plain

 福山市出身の本格ミステリー作家・島田荘司さんが原作の御手洗潔シリーズの「星籠の海」の映画化。

瀬戸内海の特徴が効果的に使われており、福山が舞台で、鞆の浦を主要ロケ地として撮影されました。

主演の探偵役は玉木宏さん

他、広瀬アリスさん、石田ひかりさんなども出演しています。

この写真は渡船場ですが、他にも何箇所か等身大(?) 玉木宏ボードが設置されていました。

 

映画:銀魂 


 週刊少年ジャンプの大人気コミック「銀魂」を、小栗旬さん、菅田将暉さん、橋本環奈さん等、豪華キャストで映画化されました。

この映画自体は観ていましたが、完全に気を抜いていました。

鞆の浦も、ロケ地だったんですね!

今度、しっかり観直してみます。 

 

映画:ウルヴァリン/SAMURAI

 

 ヒュー・ジャックマン主演の映画『ウルヴァリン・SAMURAI』のロケも、鞆の浦で行われました。

直接関係はないのですが、最近は珍しくなった、「欧米の間違った日本観」をしっかり観ることができます。

それも合わせて楽しむ映画ですね。

 

本作は現代劇ですが、江戸時代など、古い町並みにロケに使われることが多いです。

鞆の浦というのは、海外から見た、「いかにも日本」の風景なのかもしれません。

まとめ

今回は本当に久しぶりに鞆の浦を歩きました。

どこでもそうかと思いますが、地元にいると、観光地ってそんなに行きませんね。。。

 

 

鞆の浦も、ロケ地に選ばれることが多いのですが、福山には他にも、「みろくの里」という、ロケ御用達の遊園地もあります。

鞆の浦以上に、様々な映画、ドラマで使用されていますので、またの機会に、ご紹介したいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログを読んで、福山市鞆の浦に、少しでもご興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

それでは、また次回!