あとかのブログ

海外ドラマを中心に、日々のことや、不意に思い出した思い出等を書き綴ってます。昔、販売の仕事をしていたので、時々家電ことを書いてみたりします。

「BULL(吹替版)」#1-21「被告人ベニー」 降板する理由も様々

こんにちは、あとかです♪ 

今回は、「BULL/心を操る天才(吹替版)」エピソード21「被告人ベニー」について、ご紹介します。

(「BULL/ブル 法廷を操る男」)

 

何話も、引っ張ってきたネタだけあります!

今回は、前エピソードと、打って変わってゲストも最小限かつインパクトがあり、裁判に集中できます。

もちろん、メインキャストのTAC社弁護士のベニー(The古谷徹)が9年前の冤罪がかっていますので、法廷における緊張感も高まっています。

シーズンラスト直前に山場を持ってくるのは常套手段ですね。 

 

さて、突然、怪しげに現れ、自ら「フィクサー」と名乗る、弁護士JP・ナネリーが登場します。

演じているのは、エリザ・ドゥシュクさん。

「トゥルーコーリング」に出ていましたね。

演技自体は良いと思いますが、この役にしては、少し若すぎる印象でした。

シンゴジラでいう、石原さとみさんのような感じです。(わかります?)

 

その若さが、ナネリーが法廷に出始めてから、フィクサー感がさっぱり消え去ってしまう原因でしょう。

 

このエリザ・ドゥシュクさん。

いかにも後々まで出演が続きそうな存在感を示しています。

実際には事件があり、降板されているのは、ドラマを観始める前に、すでにセルフネタバレしていました。

主演であるマイケル・ウェザリーが、彼女に対してのセクハラ訴訟を起こされ、がっつり賠償しています。

賠償額は950万ドル!だそうです。

それだけ払っても、ドラマの製作は続けられるんですね。

 

個人的に残念だった海外ドラマ 降板俳優とその理由

BONES」ランス・スイーツ博士役 ジョン・フランシス・デイリー

人の気持ちを理解できない主人公のテンぺランス・ブレナン博士の対比として、心理学者が登場したのだと思います。

大人なのに中学生男子感で人気となり、ゲストキャストからレギュラーに。

あまりに唐突な死による降板だったため、何らかのスキャンダルも疑われました。

降板理由
シナリオライターや演出もしており、そちらに本腰を入れていくために、円満降板だったそうです。

「クリミナルマインド」アーロン・ホッチナー役トーマス・ギブソン

主役で、頼れるリーダーを10年以上演じ続けました。

シーズンが続くにつれて、演出やシナリオに口を挟むこともあったそうです。

理由:脚本家への暴行でクビになりました。すでに、それまでに長い確執があったんでしょうね。。。

人気のあったデレク・モーガン(シェマー・ムーア)が(円満に)ドラマを去った直後でもあり、戦力ダウンは計り知れず、番組自体も完結が決定してしまいました。

降板理由
脚本家への暴行でクビになりました。それまで確執があったんでしょうね。。。

人気のあったデレク・モーガン(シェマー・ムーア)が(円満に)ドラマを去った直後でもあり、戦力ダウンは計り知れず、番組自体も完結が決まってしまいました。

「NCIS」アビー・シュート役 ポーリー・ベネット

超人気キャラクターだったアビーが降板したことは、結構エンタメ系のニュースでも流れました。

アビーは、かなり感情豊かなキャラクターだったのですが、彼女自身の性格もそうだったそうです。ちなみに彼女のタトゥーは自前でした。

降板理由:主役であり、プロデューサーも兼ねていたボスの中のボスこと、マーク・ハーモンにいじめられた、らしいです。。。

降板理由
主役であり、プロデューサーも兼ねていたボスの中のボスこと、マーク・ハーモンにいじめられた、らしいです。。。

 

「NCIS」DVD公式サイトより

 残された謎

登場人物が少ない分、いつも以上に真犯人はすぐにわかってしまうのですが、その分、ストーリーはテンポ良く進んでいきます。

このドラマにおいてはとても良い傾向です。

あまり考えさせたり、嫌な気持ちになるような場面がほとんど無いのが良いところです。

 

ところで、あまりに古谷徹さんの声が強すぎたことから、ここまで何度も、ベニー(the古谷徹と揶揄っぽく(?)愛を込めて書いてきましたが、だいぶ落ち着いてきました。

古谷徹さんがベニー役を掴んできたということもあるでしょうし、20話以上も観てくると聞いている方も慣れてきます。

シーズン2以降も楽しみです。

 

今回は、本当にシナリオが良いです!

終盤に入る前の、真相が明かされる、どんでん返しは流石に読めませんでした。

よくあることですが、シナリオライターや演出によって、エピソード毎の面白さが大きく異なっています。

 

序盤から、陪審員に対する前に、連邦検事局のジャンソン検事の鋭い追求があり、法廷ドラマらしい展開となっています。 

 今回はアタリ回ですね。

 

ただ、ベニーを含む検事局全体を罠に嵌めた『ソーシャルライト殺人鬼』ヘイデン・ワトキンスは、名前だけの登場なんですよね。

次シーズン以降、良いところで登場しそうですね。

期待です!

 

さて、「BULL/ブル」シーズン1も残り、あと1話!

と言っても、前後編なので、2話分ですが。。。

 

今回も拙い文章と内容のブログを最後までお読みいただき、本当にありがとうございます。

 

今後とも、よろしくお願いします!

 

それでは、また次回!